書籍/books

2013年06月14日

田中誠監督 『HEADGOONIE T-SHIRTS MAGAZINE』

JETLINK特集の新刊ムック本 『HEADGOONIE T-SHIRTS MAGAZINE』 が、この度amazonからも販売開始されました。この本では、映画監督やイラストレーターなど様々な分野で活躍されている方にJETLINK新作ウェアのモデルをお願いしています。 本日紹介させていただく一人は、前田敦子ちゃん主演の映画 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 の田中誠監督です。
03_movie1a
この本では、普段表に出ることの少ない職種の方に焦点を絞ってモデルをお願いしてみました。良い仕事をされてる方々は、時にはモデルやタレントさんよりもカッコ良く決まったりするのです。 趣味の自転車をバックに映画 『市民ケーン』 こと ”CITIZEN KANE” Tシャツを着用いただいた田中監督には2ページに渡りJETLINKの魅力を語っていただきました。
05_book1a
『HEADGOONIE T-SHIRTS MAGAZINE』 は、amazon及び、公式サイトにて販売中です。
http://headgooniebookstore.jp/

06_movie08
ホラー映画好きタレントの松嶋初音ちゃんが The”G”oonies Tシャツを着用して、月亭邦生(山崎邦生)さんと秋田秘湯巡りドライブの旅へと出かけました。 この旅の様子は、6月16日(日)18:30〜テレビ東京 『ドラGO!』 にて放送されますので、ぜひチェックください。 (※温泉に入る時はTシャツを脱ぎます)
http://www.tv-tokyo.co.jp/drive/

jetlink_roki at 22:10|Permalinkclip!

2013年02月08日

HEADGOONIE本のスピンオフ漫画、JETLINKの愛読書

『インディーズブランドのつくり方完全ガイド』 (HEADGOONIE 大八木未来・著) がamazonでも販売開始となりました。 洋服ブランドの立ち上げ方が、漫画を交えて非常にわかりやすく解説されています。 JETLINK渡辺のインタビュー記事も掲載されています。 さらに漫画の中にもワタナベがストーリーの重要な役割を担うキャラクターとして登場します。 世のTシャツ界 (そんな界があるか不明ですが) に反旗を翻すセンセーショナルな内容の一冊です。ぜひお買い求めください。 http://headgooniebookstore.jp/
02_goods02
HEADGOONIE 本の特設サイトで連載中のスピンオフ漫画 にて、再び顔色の悪い僕ことワタナベが登場してます(無許可で)。 今後も更新されますので、本と合わせてチェックください。
02_life05a
本日は、新創刊となる雑誌の取材を受けてます。 創刊号は 「JETLINK特集」 とのことで、初期の作品〜最新アイテム、子供時代の写真から、愛読書や靴や服などの私物、お気に入りのお店の紹介と、けっこう大掛かりな撮影&取材となってます。 発売日などの詳細は後ほどお知らせします。お楽しみに。
02_life05c
本といえば...その雑誌で紹介いただく JETLINK 愛読書の一部です。 坂崎千春(suicaペンギン)、和田誠のイラスト本。 本多勝一、星野道夫、藤原新也の旅行エッセイ本。 深沢要のこけし本。 伊丹十三監督のエッセイ集。 カルロス・カスタネダ(ドンファン)のスピリチュアル本、夢野久作 『ドグラマグラ』 文庫版の初版本などなど。 チーバくんの坂崎千春さん、冒険家で写真家の星野道夫さんは、共に千葉県市川市の出身です。
02_goods03
アレックストートの新色はバニラアイスクリームです。 ニャンコを詰めて、春先のお出掛けぜひ。
http://www.jetl.com/roki_alex4.html

jetlink_roki at 12:26|Permalinkclip!

2011年10月10日

雑誌 『BRUTUS』 スター・ウォーズ特集号

雑誌 『BRUTUS』 スター・ウォーズ特集号。
10_goods02
買い逃してませんか? まだギリギリ本屋さんで売ってますよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!

jetlink_roki at 15:54|Permalinkclip!

2011年08月26日

ミナペルホネンの扇子と 『岸辺露伴グッチへ行く』

本日は、今までの人生で最大級と思われるような落雷があって、ニャンコたちも恐がってました。
秋の到来のサインでしょうか? これで少しは涼しくなるといいですね。
08_books02
雑誌 『SPUR』 のオマケに、大好きなブランド 「ミナペルホネンの扇子」 (私物のEggバックと同じ柄) と、
ジョジョ × GUCCI のコラボ漫画 『岸辺露伴グッチへ行く』 が付いてました。
マンガのほうはあまり興味が無かったので、ジョジョ好きの兄にあげたら喜んでました。
08_books03
オールカラーの短編漫画で、とても珍しい内容の作品だそうです。
ジョジョは、友達にもファンが多いので、今度読んでみようかな?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!

jetlink_roki at 18:03|Permalinkclip!

2011年08月22日

キューブリック&カーペンター特集

本屋さんにて、 『DVD&ブルーレイでーた』 の今月号 (9月号) に、
08_books01
スタンリー・キューブリック監督と、ジョン・カーペンター監督の特集記事が載ってました。
映画 『モールス』 主演のクロエ・グレース・モレッツちゃん ( 映画 『キック・アス』 のヒットガール役)
のインタビュー記事も要チェックです。
08_books02
それから、Twitter のフォロワーさん情報ですが、雑誌 『TVブロス』 の最新号に、
ジョン・カーペンター監督&ジェームズ・ワン監督 (映画 『インシディアス』 ) のインタビュー
記事が掲載されてます。 (激痩せした岡村靖幸さんの表紙が目印です)
合わせてチェックしてみてください。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!

jetlink_roki at 16:54|Permalinkclip!

2011年08月09日

小説 『はてしない物語』 ミヒャエル・エンデ(2)

(続き) そして、映画 『ネバーエンディング・ストーリー』 の原作が、ドイツ出身の児童文学作家
ミヒャエル・エンデの小説 『はてしない物語』 です。
fanta_a07
こちらは、1984年の映画公開当時の帯が付いた本です。 (兄こと JETLINK ワタナベの私物)
帯付きで状態の良いものは、ありそうでなかなか見つからないそうです。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!

jetlink_roki at 19:21|Permalinkclip!

2011年07月20日

『DVD&ブルーレイでーた』 2011年8月号

本日7月20日発売の 『DVD&ブルーレイでーた』 8月号、映画Tシャツコレクション特集ページにて、
07_goods05
JETLINK のTシャツもプレゼント企画に参加してますので、よかったら探してみてください。
雑誌を購入された方は、ぜひご応募くださいね。

そして、次号 (8月20日発売の9月号) は、ジョン・カーペンター監督の特集です。
9月17日公開、10年ぶりの新作映画 『ザ・ウォード/監禁病棟』 と合わせて楽しみです。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!

jetlink_roki at 17:17|Permalinkclip!

2010年09月17日

DELL×価格.com、江戸川乱歩 推理文庫

9_goods11
最初は iPhone を買う予定でしたが、予定を変更してノートPCをもう1台買いました。
DELL×価格.com モデル。 デザイン&価格&スペック、全てが気に入って衝動買い。
自宅が山の上にあるので、ワイマックス (無線ネット) の電波が無事に入るかちょっと心配です。
9_goods09
昔からちまちまと集めている 「江戸川乱歩・推理文庫」 。 天野喜孝が表紙絵を担当してます。
近所のスーパーに特設された古本コーナーで大量に発見しました。 もちろん全部買い。
こちらのシリーズ場所によっては、定価以上のプレミア価格で売ってたりします。
写真は、シリーズ後半の 『新宝島』 と 『幻影城』 。
9_goods05
近所の古本屋さんで、知人の渡辺一志監督( http://www.watanabekazushi.com/ ) の本を発見。
以前に本人からサイン入りのものを頂いたのですが、ついつい2冊目も買ってしまいました。
現在でも普通に販売してるかわかりませんが、面白いので機会があったら読んでみてください。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!

jetlink_roki at 15:23|Permalinkclip!

2010年04月25日

水木しげる大研究

以前に紹介した雑誌 『PEN』 の 「キリスト教とは何か。」 特集。
*
先日買ったばかりだというのに、もう別冊の 「増補版」 が出てました。
本屋さんでパラパラと見たら、前の本より倍近くの内容が追加されてる様子。
最初からこちらを出してほしかったですよ。 また買いますけど。
http://pen.hankyu-com.co.jp/christianity/
*
同じく雑誌 『Pen』 の最新号は 「水木しげる大研究」 です。
先日紹介した 「怪物くん」 が表紙の 『CUT』 もそうですが、
最近は表紙で ”ジャケ買い” させる雑誌が多いです。 内容はともかくとして。
70年代の眼帯したデビッド・ボウイの 『クロスビート』 3月号とか。
昨今の出版不況事情と、何か関係してるのでしょうか?
http://pen.hankyu-com.co.jp/

jetlink_roki at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月20日

ひとり3個まで狂想曲

amazon で予約していた、別冊宝島 『ビックリマン シールコレクション』 が到着。
*
今回は特別付録として、当時の第一弾シール全37枚がシートになって付いてきます。
第一弾は、スナック版やアイス版で復刻されたりして、今でもかなりの数が出回ってるので、
現在では入手困難なアイス版の後半弾など、レア所も付けて欲しかったです。
*
今までも似たような本がありましたが、それらと比べても、今回は内容が充実し過ぎてます。
当時の 「コロコロVSボンボン対決」 の顛末など、第三者の目から記事が書かれてます。
相次ぐ古き良き時代の復刻。 まさに 「ノスタルジー市場」 な一冊でした。
*
今日の JETLINK ニャンコ。
4月も下旬というのに、電気カーペット&ストーブ。 まだまだ手放せません。

jetlink_roki at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月19日

ノスタルジー市場

ちょっと遅れましたが、映画 『ヤッターマン』 のDVDを鑑賞。
公開当時、きわどいボンテージ衣装で話題になったドロンジョ様よりも
活躍の少ないヤッターマン2号の方が魅力を感じました。 (個人的な好みですけど)
原作アニメに対して、実写のアレンジ加減も、程良い塩梅の仕上がりでした。
*
その三池監督の最新作 『ゼブラーマン』 でも、似たような悪役キャラが登場する様子。
さすがに2度も続くと、監督の個人的趣味のような気もしなくもないです。
http://www.zeb2.jp
*
本屋さんにて、『怪物くん』 が表紙の雑誌 『CUT』 を発見 ⇒ ジャケ買いしました。
実写版といえば、先日スタートしたTVドラマの実写版 『怪物くん』 ですが、
現実感が希薄といいますか、どうしてもコスプレっぽい感じが否めません。
原作漫画のキャラに似せようとする製作サイドの努力は、理解出来ますけど...
一見、普通に見える子供の手が 「ニュ〜」 っと伸びたりしたほうが面白いのに。
http://www.ntv.co.jp/kaibutsukun/
...とは書きましたが、自分と同世代の方々が、映像の表舞台で活躍する時代になり、
先日のサモハン主演CMも然り、当時の映画や漫画が現代に甦るのは嬉しいことです。
JETLINK の商品も含めて、この様な状況を 「ノスタルジー市場」 と勝手に呼んでます。

jetlink_roki at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月23日

『ストレイト・ストーリー』 村上龍

ちなみに ”なんちゃってベジタリアン” とは、基本、野菜を中心に食べますが、
料理のダシに関しては気にしないのと、たまに魚も食べて、ごくたまには肉も...
それって普通の食生活じゃん!と、突っ込まれそうですけど。
*
『ストレイト・ストーリー』 村上龍
ずいぶん前にも紹介しましたが、鬼才デヴィッド・リンチ監督の手掛けた割りには、
珍しく普通の映画 (笑) ですが、心温まる物語りに現在でもファンが多い作品です。
こちらを村上龍さん著作の本として、10年位前に出版されてたのご存知でした?
*
映画のイメージと同様に、味わいのある挿絵は、はまのゆかさん作。
放っておくと 『インランド・エンパイア 』 などを撮ってしまうリンチ監督が、
なぜこの作品を作ったのかは謎ですが、とにかく大好きなロードムービーの一本です。
古本屋さんで見かける度についつい買ってしまい、同じ本を何冊か所有してます。

jetlink_roki at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月11日

『一個人』 黒澤明特集

いつも JETLINK の猫の世話などをしてくれる、近所の猫おじさんこと
荒井さんが、黒澤明監督と何度か一緒に仕事をしたことがあるそうで
当時のここでは書けないような貴重な話を聞かせてもらいました。
雑誌『一個人』生誕100年黒澤明全30作品を完全鑑賞
雑誌 『一個人』 生誕100年 黒澤明 全30作品を完全鑑賞
黒澤監督本人が描いた素晴らしい絵コンテが多数掲載されており、
保存版特集の名に偽りのない内容となってます。 ぜひ買ってください。
用心棒、七人の侍DVD
黒澤映画の中でも、特に何度も観返している2本がこちら。
他に 『どですかでん』 など、カルトっぽい作品も好きです。

jetlink_roki at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月06日

キン肉マン第37巻

『キン肉マン第37巻』ゆでたまご
『キン肉マン 第37巻』 ゆでたまご

「大事件!22年ぶりの最新刊!!」

...とのことで、本屋さんで帯の文字に踊らされて、買ってはみましたが、
実際は、以前に発表された 「マッスル・リターンズ」 などの短編を集めただけ
の本なんですよ。 ちょっとガッカリ。 (内容は、面白いですよ)
当時よりも、絵が格段と上手くなってますけど、ストーリーに矛盾点が多かったり、
詰めが甘い部分は相変わらずですね。 そこが作品の魅力でもありますけど。

そういえば、小学生の頃にも、週刊ジャンプの 「マスク剥しポスター!?」
で、まんまとダマされたことがありましたっけ。
当時クラスの皆で、集英社に暴動を起こしかけたという、懐かしい記憶が甦りました。
結局、住んでる場所が新潟だったので止めておきましたけど (笑)

新潟県三条市カネギフルーツ村のお雛様苺超スペシャルケーキ
こちらは、年に3回だけ (正月、ひな祭り、クリスマス) 限定販売される
新潟県三条市、カネギフルーツ村の 「お雛様苺超スペシャルケーキ」 でございます。
あまおうスーパーDX(福岡産) 〜 越後姫(新潟産) と、6種もの苺が鎮座しております。
クリームには 「堂島ロール」 の様なとろける生クリームを使用で、胃にもたれません。
運良く今年の正月は実家の新潟で食べれましたが、今回は写真だけでガマンです。
詳しくは、妹のブログ 「のんびりニイガタにっき」 からどーぞ。

jetlink_roki at 20:31|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2010年03月05日

雑誌 『マンスリーよしもとPLUS』 4月号

いつもお世話になっている、ヨシモトブックスさん (吉本興業) から、
雑誌 『マンスリーよしもとPLUS』 の最新号が届きました。
雑誌『マンスリーよしもとPLUS』
今回は、誰が着てるのかな? と、ページを捲っていくと...
「ジャングルポケット」の太田博久さん』
「ジャングルポケット」 の太田博久さんが、双子Tシャツを着てくれてます。
よしもとさんには、いつも雑誌やDVDを送っていただいて感謝してます。
雑誌『マンスリーよしもとPLUS』新春特大号で渡辺直美さん
雑誌 『マンスリーよしもとPLUS』 新春特大号 (渡辺直美さん)
雑誌『マンスリーよしもとPLUS』新春特大号で渡辺直美さん
DVD 『LIVE STAND 09 〜男前祭り〜』 (渡辺直美さん)
映画シャイニング”TWINS”Tシャツ
D[di:] さんとコラボの ”TWINS” Tシャツは、今の在庫でラストと
なりますので、お早めのご注文をどーぞ。
http://www.jetl.com/d_twins1.html
ガリガリガリクソン1
この人、大好きです。
ガリガリガリクソン2
下の人も気になりますね。
詳しくは、本屋さんでチェックしてみてください。

jetlink_roki at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月01日

変身忍者 嵐

「変身忍者 嵐」石ノ森章太郎
『変身忍者 嵐』 石ノ森章太郎
小学生の頃に、サンワイドコミックス版で読んだのがたしか最初。
数年ぶりにまた読み返したくなり、文庫版を買いました。
いやー、素晴らしい。 表現方法やストーリーは、もはや漫画の域を超えてます。
作者の石森章太郎氏が、漫画の新しい呼び名 「萬画」 を提唱して、
「萬画宣言」 を発表したのが、今更ながら頷ける作品です。
今読んでも全然古くない、むしろ今の時代に読むべき漫画です。
そして、驚愕の最終話。 このマンガって少年誌の連載ですよね?
当時の子供達は、この衝撃的な内容をどう受け止めたんでしょう (笑)
『ゲッターロボ』 の石川賢版 『嵐』 も存在するのをご存知でした?
雑誌『PEN』キリスト教とは何か。
雑誌 『PEN』 キリスト教とは何か。
『PEN』 の最新号 (と思ってたら、一つ前の号でした) キリスト教の特集です。
洋画や海外ドラマを観る上で避けて通れないのが、日本人が最も苦手とする分野の宗教です。
こちらの雑誌で、キリスト教の歴史や文化を面白く学べます。
イマイチ不明だった カトリック と プロテスタント の違いも理解できました。
これで 『LOST』 の後半戦もバッチリ楽しめそうです。
メディコムトイ時計じかけのオレンジキリスト像
キリストといえば、今朝 JETLINK に来たら、キリスト像 (時計じかけのオレンジ)
が、新入り猫チーバくんの攻撃で無残な姿に...

jetlink_roki at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月10日

大久保の古本屋

(前回の続き) 千葉の大久保に行ったついでに、駅前の商店街を覗いて
みたところ、映画関連の書籍を多く扱っている古本屋さんを発見。
ツボを突いた品揃えだったので、その道の人には有名なお店なのかも。
*
(左) TASCHEN 社のマーロン・ブランド写真集
(右) ヒッチコック 『めまい』 の愛と死
映画 『めまい』 の魅力に取り憑かれ、劇場に30回以上も通った著者の解説本。
劇場で30回以上のエピソードは、手塚治虫とディズニー映画を連想しますね。
美しすぎるキム・ノヴァクと、ジェームズ・スチュアートの江戸川乱歩作品を髣髴
させるような、幻想的で狂気的な恋愛劇は、当時ビデオで何度も観返しました。
大好きなヒッチコック関連の本は、持ってないものを見つける度に買ってます。
*
映画 『ゴッド・ファーザー』 のドン・コルレオーネ役で有名なマーロン・ブランドですが、
若い時は、ショットのワンスターJKT、リーバイス501XXで、ばっちり決めてます。
ジーンズの折り返し部分にXXの 「赤ミミ」 が覗いてます。
あまり知られてない、晩年の作品ショットも掲載されてます。

今回は、ちょっと急ぎだったので、とりあえずこちらの2冊だけ購入。
また時間がある時にでも、ゆっくりと行ってみたいお店でした。

jetlink_roki at 14:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2010年01月14日

雑誌 『マンスリーよしもと』

ヨシモトブックスさんから、雑誌 『マンスリーヨシモト』 の最新号が届きました。
雑誌マンスリーヨシモト
『笑っていいとも!』 でお馴染みの渡辺直美さんが、大好きな洋服ショップ特集で
JETLINK を紹介してくれてます。 本屋さんでチェックしてみてください。
吉本ライブスタンドDVD
同じく、 『LIVE STAND 09 〜男前祭り〜』 のDVDでも JETLINK を紹介
してますので、雑誌と合わせてチェックしてみてください。
渡辺直美
年末年始のTV番組でも、JETLINK のTシャツを着用いただきました。
渡辺直美
HEADGOONIE オオヤギさんがTVを観てたようで、写真を送ってもらいました。
渡辺直美さん JETLINK に来店の記事

また 近所のジャスコに来たとき は、応援に行きます! (それだけかい!)

jetlink_roki at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月15日

1Q84

(前回の続き) それでも眠れないという、インソムニアな貴方、というか私。
2、3日くらい寝なくても、命に係わるってこともないですので、
秋の夜長は、ゆっくりと読書を楽しみましょう。
ここ最近読んで、面白かった本は...
『帝都衛星軌道』島田荘司『東京地下迷宮の謎』秋庭俊
『帝都衛星軌道』 島田荘司 / 『東京地下迷宮の謎』 秋庭俊
『帝都〜』 は、御手洗潔シリーズで、詳しい内容は書きませんが、
作中の核心にある 「とあるテーマ」 がとても興味深いです。 オススメの一冊。

こちらの本の参考文献で紹介されてるのが、 『東京地下迷宮の謎』 。
私たちの足元、東京の地下には、政府から公式に発表されてない、
秘密の地下施設が無数に存在するという内容。 これ聞いただけでドキドキしませんか?
有事の際、政府の重要人物だけが使用できる地下通路や、シェルター的な非難施設、
それらのほぼ全てが、戦前に作られたものを改修して使ってるそう。
ちょっと前に御徒町の道路が陥没した事故も、その秘密の地下施設の老朽化から
起こった事件だそうです。 ちょっと都市伝説っぽい話ですが、
詳細な地図や、地下鉄の線路図などを使用して解説されており、
ドキドキワクワクするような、探究心を揺さぶられる内容となってます。
『1Q84』 上・下 村上春樹
『1Q84』 上巻・下巻 村上春樹
最近は、ノンフィクション以外あまり興味なくなりましたが、この人の小説は読んでます。
上・下巻を初版で揃えましたが、他にもイロイロと読む本が多かったり、
この話のテーマになってる、ジョージ・オーウェルの小説 『1984年』 を、
もう一度読み返してみたりして、最近やっと2冊を読み終わりました。

村上作品といえば、 『ノルウェイの森』 が映画化するそうです。
たしか主演は、松山ケンイチ&菊地リンコ。
(↑最近、おねーちゃんのいるお店に行くと、約6割の確立で似てると言われます)
この本の映画化は難しいでしょうね。 特に主役の青豆さん役が大変そう。

jetlink_roki at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年08月13日

味覚人飛行物体

『地球を怪食する』小泉武夫1
『地球を怪食する』 小泉武夫
某・古本屋さんで100円で購入したところ...
『地球を怪食する』小泉武夫2
小泉先生の直筆サイン入り本でした。
味覚人飛行物体 (笑) ちょっと得した気分です〜本を売るならBOOKOFF。
でも、この本を売った人って...


jetlink_roki at 02:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!