2018年09月05日

連載再現版『バイオレンスジャック』永井豪とダイナミックプロ

連載再現版『バイオレンスジャック』が講談社より発売されました。
09book1c
『週刊少年マガジン』、『月刊少年マガジン』連載分を単行本化。当時の雑誌サイズ、インクや紙質までも近いものに再現するという徹底したこだわり仕様。沢田研二コンサートの広告まで、そのまま掲載された決定版です。
09book2a
同様の企画で小学館から(マンガ連載は講談社なのに大人の事情でしょうか?)、『デビルマン-THE FIRST-』、『魔王ダンテ-THE FIRST-』が出てますが、敢えて前掲の連載再現版『バイオレンスジャック』と比較すればですが、完全再現とまではいかなかったので、さすが本家版元の講談社ですね。
09book3a
NETFLIXで配信中の『Devilman Crybaby』も全話鑑賞。作画は現代的でスタイリッシュな作風にガラリとアレンジされており、時代も現代に置き換えられたものの、ストーリーは概ね原作に沿ってました。過去作品をリメイクすることの宿命として原作ファンからの批評は避けられませんが、永井豪の初期作品における流れるような疾走感とバイオレンス描写が独自にアニメ表現されており、ドキドキしながら一気に最後まで観れました。
09movie03a
NETFLIXの海外ドラマ『ストレンジャー・シングス』、映画『レディ・プレイヤー1』のヒットにおける80年代復興ブーム然り、こけしや郷土玩具ブームも然り、ノスタルジック商法と自称するJETLINKもその例外ではなく、新たな作品が生まれずらい昨今では、古き良き時代が残したノスタルジックな遺産に浸るしかなさそうな現状が続いています。


jetlink_roki at 17:08│カテゴリ_01:書籍/books