2018年02月02日

「THE WOLF MAN MITTEN GLOVE/狼男手袋」〜素材編

本格的な寒さは年が明けてから到来ということで、本日の関東は雪景色です。
02movie08a
今年の寒さは記録的なもの 凍えてしまうよ
wolf1f
15_ma1b
そんな折に、HEADGOONIEブランドにJETLINKが別注をかけた特製ミトングローブが完成しました。その名も、「THE WOLF MAN MITTEN GLOVE」(狼男手袋)です。本格アウトドアブランド製品をも凌駕するこだわりの機能性を紹介します。
wolf1b
17_wolf2a
ミトングローブの表地には、狼をイメージしたシルバーウルフカラーの高品質な「レーヨンシール・フェイクファー生地」を採用しました。防寒機能に優れたファー生地の裏側にもう一枚「パイル生地のグラインド素材」を重ねることで、真冬でも冷たい風を通しにくい高保温性能を特化させています。大胆なディテールでありながら、実用性に富んだJETLINK独自の斬新なデザインを取り入れることにより、伝統的なミトングローブを現代型にアップデートさせています。
wolf1d
17_wolf2b
ミトングローブのインナー素材には、3M社製「Thinsulate/シンサレート高機能中綿素材」を内蔵しました。「より薄く、より軽く、より暖かく」をコンセプトに掲げて、3M社が化学分析に基づいて開発した世界水準のグローバル防寒素材です。全世界のウィンタースポーツウェアにも多用されており、真冬の寒さにも耐えうる優れた機能性を誇ります。シンサレート仕様の証明として「3M社の公式認定タグ」が手袋の内側に縫製されます。
wolf1e
17_wolf2c
直接肌に触れるインナー部分の素材には、肌触りが心地良く、高密度で保温性にも優れた「マイクロ・フリース」を使用しました。(1)表地フェイクファー、(2)中綿シンサレート、(3)裏地マイクロ・フリース...以上の三重構造の高機能素材が織成す高保温性と防寒性は、タウンユースはもちろん、スノーボードやスキー等のウィンタースポーツ用としても適しています。
wolftop3
HEADGOONIEブランドの人気アイテム熊手袋が、JETLINK特注品の狼男手袋「THE WOLF MAN MITTEN GLOVE」として復刻しました。 中世ヨーロッパにおける伝統的怪物の意匠を取り入れながらも、3M社「シンサレート高機能中綿素材」などを採用して、スノーボード等のウィンタースポーツにも使用可能なレベルにまで機能性を特化しています。最新作もメイド・イン・ジャパンの技術にこだわり、デザインから素材選び、全国各地の老舗工場の熟練職人の手仕事による縫製作業に至るまで、全てを国内生産で仕上げています。 THE WOLF MAN MITTEN GLOVE/狼男手袋詳細−SOLD!


jetlink_roki at 19:11│カテゴリ_01:物々/goods