2017年06月20日

70年代バイオレンス映画に愛を込めて...

【速報】70年代バイオレンス映画に愛を込めて...
06_goods04a
アレックスが着ていたあの白いシャツをモチーフに、ALEXANDER WORK SHIRTSが完成!6月23日(金)19:00より発売が決定しました。お見逃しなく。
ALEXANDER THE WORKING CLASS HERO SHIRTS/ワークシャツ詳細−NEW!

08_book01b
Amazon|伝統こけしの本
こけし本の新刊『伝統こけしの本』が、2017年8月18日(金)に出版されます。著者は、今話題の『民藝の教科書』を執筆された萩原健太郎さん。
06_life02a
「全11系統こけし工人紹介」の選考&監修や、「蒐集家の立場から観たこけし」についてのJETLINK渡辺純インタビュー記事など、「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」でもお手伝いさせていただきました。
06_life02b
全11系統のこけし工人紹介では、鳴子系の高橋正吾さん、遠刈田系の佐藤英太郎さんなど、各11系統を代表する名工でありながら、諸事情でメディアにほとんど登場する機会の無かった方々を中心にピックアップしました。
Webマガジン「コロカル」で『伝統こけしの本』が紹介されました。
06_life02f
『伝統こけしの本』出版記念こけしフェア
8月23日(水)〜9月5日(火)まで、新宿伊勢丹本館5階ウェストパークにて、刊行記念イベントが開催されます。また、同会場にて、8月27日(日)18:00より、萩原健太郎(『伝統こけしの本』著者)×渡辺純(JETLINKデザイナー)による、スペシャルトークイベントの開催が決定しました。入場無料ですので、この機会にぜひご来場ください。
イベント詳細は、伊勢丹リビングFacebook からどうぞ。

06_life02d
「量感のある6寸ものは夢となった」 〜鹿間時夫著『こけし鑑賞』より。
岩手県盛岡の南部系・松田徳太郎の初作とされるこけし。昭和16年作、17cm、米浪庄弌氏旧蔵品。いわゆるキナキナではない描彩が施された徳太郎こけしは、(1)鹿間時夫氏が桜井玩具店で入手した3寸(『こけし鑑賞』『こけし辞典』、現在は無為庵所蔵)、(2)鹿間氏が同店で買い逃した夢の6寸が当こけし、(3)同店で販売された尺もの(コレクターI氏所蔵)、その存在が確認されているものが僅か3本前後。かつての鹿間さんが夢見たこけしですが、現物を見たら案外こんなものか...となったかもしれません。夢は夢のままで。そして、蒐集家はいつ果てることなく夢を買い続けます。(単なる無駄遣いという意見もありますが)

※最後までお読みいただいた方は、
上記の 「いいね」 ボタンをポチっとお願いしますm(_ _)m

jetlink_roki at 19:35│カテゴリ_01:書籍/books | カテゴリ_02:玩具/kokeshi&toys