2017年03月31日

「ALEXANDER Exhibition/アレクサンダー博覧会」vol.05〜終幕

「ALEXANDER Exhibition/アレクサンダー博覧会」にようこそ!

「ALEXANDER Exhibition/アレクサンダー博覧会」vol.04
「ALEXANDER Exhibition/アレクサンダー博覧会」vol.03
「ALEXANDER Exhibition/アレクサンダー博覧会」vol.02
「ALEXANDER Exhibition/アレクサンダー博覧会」vol.01

...と、始まったJETLINK初の個展も、沢山のお客様にご来場いただき、大盛況のうちに終幕〜エピローグと相成りました。
03_life02e
改めて、ご来場頂いた皆々様に心より感謝を、さらに重ねて感謝を申し上げます。
今回ご来場いただけなかった皆様にも、会場の写真を掲載しましたので、アレックス博覧会の雰囲気を感じ取っていただけましたら幸いです。
03_life06b
今回の展示では、ALEXANDERを共通のテーマに、会場の前半部分=JETLINKのデザイン原画作品を展示、会場の後半部分=実際に完成したプロダクトを連動させて展示しました。
03_life02d
映画監督と愛猫をテーマに、1970年代の緊張感が張り詰めた映画の撮影風景を描いた、THE COLD SHOOTING シリーズの新作となる Chapter_02 の原画を展示しました。右側は、ヒッチコックをモチーフにJUN OSONさんと共作した”EIGHT” シリーズ、Tシャツのプリントで実際に使用されたシルクスクリーン製版です。
03_life06e
一番奥の小さい絵がTHE COLD SHOOTING シリーズ第一弾/Chapter_01、第二弾/Chapter_02の背面デザインが並びます。今回のバックプリントには、ちょっとした秘密の仕掛けをほどこしてあります。Tシャツの発売までお楽しみにどうぞ。
03_life06d
新作の中でも特に注目を集めた、謎の宇宙人をモチーフにしたCALL THE UFO シリーズ第一弾BUSINESSMAN Tシャツ。今回は水彩で描かれた原画も展示されました。
03_life06c
左より、”1955-PAST”、”1985-NOW”、”KIZUNA”、”FRANKENSTIN”...知る人ぞ知るJETLINKの懐かしいデザイン原画の数々。ALEXANDER博覧会の会場では、JETLINKの過去〜現在に至る直筆のデザイン原画や、未公開デザインの原画、高精密刺繍ワッペン全種を展示しました。

03_life02b
また会場では、古着TシャツとJETLINK Tシャツを組み合わせたRe・メイクTシャツの製作実演ライブが開催されました。最初にお客さんに好みの組み合わせの生地を選んでいただいて、デザイナー渡辺純が会場に設置したミシンを使用して、ここだけの一点物のRe・メイクTシャツを製作しました。
03_life02a
THE THING Re・make T-SHIRTS 作業スペースです。
こちらのギャラリーは以前シャツの仕立て屋だったそうで、現在もその名残として作業用の裁断テーブルが常備されてます。
03_life05c
そんな中、JETLINKとは古くからのお付き合いのあの人が登場。
謎のロシア格闘術「システマ」のお笑いネタで話題のピーマンズスタンダード南川さんが遊びに来てくれました。
03_life05d
南川さんをイメージした組合わせで、THE THING Re・メイクTシャツが完成。
03_life03b
そして、松嶋初音ちゃんと、DJとしても大活躍されてるエレキコミックやついいちろうさんも遊びに来てくれました。初音ちゃんともかれこれ長い付き合いで、今では何の気兼ねもなく付き合える数少ない友達の一人です。
03_life03c
やついさんに新作アレックスシャツを二色お買い上げいただいて、やついいちろうさん公式TwitterInstagramにて着用されてますので、ぜひチェックください。

03_movie07a
かねてからJETLINKが提唱し続ける”ALEXANDER”とは、主人公のアレックスではなく、富豪作家のMr.アレクサンダー氏を示しており、片や「犯罪者=混沌(カオス)」と、片や「富豪=秩序(オーダー)」、同じ名前を持ちながらも相反する二人は、アレックスによる暴力行為を引き金に「暴力=人間の本質=均衡(バランス)」鏡写しの同一存在へと昇華します。
03_movie07b
その結果、キューブリック監督が自身の作品で一貫して主張した「人間の本質とは即ち、暴力」のテーマに繋がります。今回はそんなコンセプトも含めて”ALEXANDER”の名を冠した個展を開催いたしました。ご来場頂いた皆様に心より感謝申し上げます。
03_life06f
次回の予定は全く未定ですが、未来は白紙のままで良いのです。映画の中であの人が言ってたように、いつの時代も未来とは自分で描くものだから...またお会いできるその日まで、再び皆さんをドキワクさせるような作戦を今から考えてます。THE FUTURE IS RIGHT NOW!TO BE CONTINUED...

※最後までお読みいただいた方は、
上記の 「いいね」 ボタンをポチっとお願いしますm(_ _)m

jetlink_roki at 20:38│カテゴリ_01:製作エピソード | カテゴリ_02:ほのぼのライフ