2016年11月30日

サイボーグ002(ジェット・リンク)×JETLINK〜意匠に込めた想いと構想(1)

最新映像『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の公開記念に、石ノ森章太郎先生が描いた不朽の名作漫画『サイボーグ009』より、サイボーグ002(ジェット・リンク)×JETLINKによる夢の共演が実現しました...かつては少年だった僕たち世代にお送りする、贅沢な大人の逸品をお楽しみください。
009_top1b
line_desigh1
時は、西暦1979年。漫画『サイボーグ009』作者の石ノ森章太郎先生が色紙に描いた原画を今作のデザインに起用しました。最初の製作工程では、石ノ森先生がクレヨンや色鉛筆で描いたサイボーグ002(ジェット・リンク)の原画を高解像度の画像データに変換します。その後、石ノ森先生による独自の筆致(鉛筆タッチ)や、全ての色数(服の赤色、マフラーの黄色、瞳のブルー、髪の山吹色、肌色、影の茶色、輪郭の黒)をそれぞれ色分解して、再び個別に画像データ化します。
009o1b
個別に分けた色データを総数8枚にも及ぶ「特大シルクスクリーン製版」に起こして、熟練職人が旧式と呼ばれる昔ながらの手仕事(リトグラフと同じ製法の手刷り印刷)で一枚一枚を丁寧にプリントします。
009o1c
プリントする際の注意点は、各カラーを原画に近い色に合わせた場合でも、色同士を重ね刷りした際に、全体としての統一感に欠けるケースがあるため、JETLINKと職人の間で仕上りに納得がいくまで何度も「試し刷り」を繰り返して、完成品のレベルに近づけていきます。
009o1d
...以上の時間と手間を惜しまぬ作業工程を経て、石ノ森章太郎先生の原画に極力近づけた筆致と色彩を再現することに成功しました。Tシャツ生地の上から実際に色鉛筆で描いた様な仕上がりは、リトグラフ製法で生み出されたアート作品を想わせます。
009o1e
16_009o1d

009_top1a
2016年11月25日より、石ノ森章太郎先生が描いた不朽の名作漫画『サイボーグ009』を原作とした最新映像『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』(総監督:神山健治、監督:柿本広大)が公開されます。そして、サイボーグ002こと、ジェット・リンク×JETLINKによる夢の共演が実現しました。今作では、総数8枚にも及ぶ「特大シルクスクリーン製版」を重ね刷りして、当時の石ノ森章太郎先生が描いた色彩と筆致を忠実に再現しました。熟練職人の手仕事によって一色一色を丁寧に刷り上げた一枚は、リトグラフ製法で生み出されたアート作品を想わせます。かつては少年だった僕たち世代にお送りする、贅沢な大人の逸品をお楽しみください。 CYBORG009 The ”TWO” T-SHIRTS ver.1979/Tシャツ詳細−NEW!

11_goods04b
人気商品の発売日には、約600人もの行列が...現在、渋谷西武・そごうで開催中の「サイボーグ009 POP UP SHOP」にて、サイボーグ009×JETLINK Tシャツを展開中です。イベント期間内に間に合えば、第二弾&第三弾Tシャツも展示・販売予定です。この機会にぜひお出掛けください。

11_goods04a
ファンの間でも人気の高いエピソード『サイボーグ009 地下帝国”ヨミ”編』(1964年)をモチーフに、サイボーグ009×JETLINKのオリジナルアートカードが完成しました。009の文字部分はキラキラと輝く豪華な金箔仕様で仕上げました。現在、渋谷西武・そごう、枚方T-SITE|枚方蔦屋書店、JETLINKの各店舗にてお買い上げの皆様に、数量限定で無料配布させていただいてます。Tシャツと合わせてチェックください。

※最後までお読みいただいた方は、
上記の 「いいね」 ボタンをポチっとお願いしますm(_ _)m

jetlink_roki at 20:11│カテゴリ_01:製作エピソード | カテゴリ_02:物々/goods