2016年10月19日

宮城県鳴子温泉郷「第62回全国こけし祭り」旅行記

先月、宮城県の鳴子温泉「第62回全国こけし祭り」にて。
こけしの国へようこそ!...鳴子の温泉街では、こけし型の電話ボックス、郵便ポスト、マンホールの蓋など、あらゆる場所でこけしのモチーフを目にします。「美しいものから眼を離してはいけない」 深沢要
09_naruko1b
今旅の友は、映画『時計じかけのオレンジ』主人公アレックスの”奇妙なガウン”をモチーフにデザインされたトートバッグALEXANDER COLLEGE TOTE BAG。こだわりの素材には、国内最高峰と称される「富士金梅」の帆布生地を二枚重ねで仕立てました。ちょっと近くに出かける時も、遠方まで旅行の際にも、沢山の荷物が入る収納力&使い勝手の良さで重宝してます&デニムの格好に良く映えます。
10_life02c
鳴子名物の栗団子。
年に一度のお祭りとはいえ、余裕を見てるとすぐに売り切れになります。
10_life02b

10_life02a
こけし通りの「桜井こけし店」。
今回、同行した村野さんが、鳴子で不足していたこけし用の染料(青竹、スカーレットほか)を大量に調達して、桜井昭寛さん、高橋正吾さん、高橋武俊さんなど、鳴子の各こけし工人に配布。青竹特有の透明感あるグリーンは発色が美しく、次世代まで使っても余るほど充分な量とのことで、皆さん喜ばれてました。
10_life02i

10_life02d
玩具店の老舗「高亀」にて。
柳宗理がデザインした木地玩具。石膏製のアーキタイプ(原型)が展示されてます。
10_life02h

10_life02e
「なるこりんの野菜ジェラート」。
岩出山のトウモロコシ(おすすめ)、インゲン&ピスタチオ(おすすめ)、鳴子ルバーブミルク、中山平のブルーベリーミルクなどなど、鳴子の温泉水を使用した日本初の野菜ジェラート専門店です。しっかりした野菜の味が楽しめます。
10_life02f
「高亀」出身のこけし工人 高橋正吾さん宅にて。
今年も父の同級生で、高亀親戚の藤田夫妻と同行。数日前に正吾さんに製作依頼した、昭和1桁代の佐藤乗太郎こけし(村野さん所有)の写しが完成してました。原の乗太郎こけしは、やや下膨れ気味の頭部に、肩から胴にかけての美しいラインが特徴。乗太郎本人の自挽きによる木地形態、描彩の特徴を見事に捉えた完成度の高い復元作が仕上がりました。
10_life02g2
皆が帰った後に、今年で86歳の正吾さんとビールで乾杯。ついつい長居したため、宿泊先「鳴子ホテル」の夕食ビュッフェに遅刻しました。
09_life12
そして、鳴子祭りの夜が更ける頃には...何処からともなく、ぞろぞろと「奇妙なハリボテこけし」が多数集まって、奇祭!?ハリボテこけしのパレードが始まります。詳細は、宮城県鳴子温泉郷「第61回全国こけし祭り」旅行記からどうぞ。
10_life02j
仙台のカメイ美術館にて、箕輪新一氏の展示「白塗りと対の系譜」より。
日本画家の下村作次郎、鶴岡の岡村豊太郎、山形の小林一家、青根の菊池孝太郎など、顔が真っ白に塗られた献上こけしの試作品など、文献上ほぼ記録が無い珍しい創作こけしをメインに鑑賞度を高める目的から「対」で展示される。背景には、佐藤松之進、佐藤直助のこけしや、小椋久四郎の轆轤(ロクロ)が配され、これらの名品こけしは、あくまでも屏風のような役割で脇役とのこと。「もしこれらの、物言わぬこけしと対話していただけたら時の流れと共に評価の変転するこけしが現れるかもしれない」 箕輪氏の解説より
10_goods1a
...帰宅後。秋田県の新人こけし工人 佐藤こずえさんから、幼少時代のワタナベ型こけしが届きました。先日の片岡愛之助さん&藤原紀香さんの結婚式で配られた美しいバラの花束と一緒に〜全ての皆さんに幸せのお裾分けを。

08_goods2a
幼少の頃に憧れた異形のヒーローたちは、心に闇を抱え、自身の出生に悩み葛藤しながら、時には人々に疎まれ、それでも生きている。そして、自分自身との戦いは終生続く...先日、市川の秘密基地ことJETLINK Show Roomにて、石森プロ担当者の方と打ち合わせでした。そして...
10_009c
【速報】 2016年11月25日(金)より公開される神山健治 総監督の最新映像『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の公開記念として、石ノ森章太郎先生の漫画『サイボーグ009』×JETLINKのコラボレーションが決定しました。詳細は近日中に発表します。お楽しみにどうぞ。

※最後までお読みいただいた方は、
上記の 「いいね」 ボタンをポチっとお願いしますm(_ _)m

jetlink_roki at 20:30│カテゴリ_01:食&旅 | カテゴリ_02:玩具/kokeshi&toys