2016年07月26日

THE COLD SHOOTING T-SHIRTS chapter1

本日7月26日は、スタンリー・キューブリック監督の誕生日です。キューブリックが亡くなったのは1999年の監督作品『アイズ ワイド シャット』試写会から5日後のことでした。生涯で撮り上げた映画が僅か12本だった寡作&佳作の巨匠が、もし現在も存命だったら、どんなジャンルの作品を作ったのでしょうか?近年のゴダール監督のように最新の3D映像にも挑戦してたかも...と、想像が膨らみます。
cold1c
そして、時は遡ること1970年代。限界まで張り詰めた緊張感、峭刻たる極寒の撮影風景をモチーフにしたTHE COLD SHOOTINGシリーズ第一章より、新作Tシャツが誕生しました。※今回は初の試みで、デザインの一部を非公開にしています。全貌は後ほどお見せします。お楽しみにどうぞ。
cold1g1
line_desigh1
イラストレーションは、IzumikawaMacFLY/泉川マクフライ氏による新規描き下ろし作品です。今作をデザインするにあたり、1970年代の撮影当時の時代風景や文化、気候風土、社会情勢、登場人物が抱く心情など、作品では直接描かれることのなかった背景部分に焦点を当て設定資料を作成しました。ラフ画(下描き)に入る段階では、光源の位置、冷気と緊張感の表現、登場人物二人における物理的・心理的な距離感などに重点を置いて、時代背景や人物の心のあり様をその表情から窺い知れるよう表現に努めました。
05_goods7d2
line_wappen
国産の刺繍(ししゅう)技術の限界に挑戦。Tシャツの左袖(そで)部分には、監督が生涯愛用したArriflex社のカメラを再現したワッペンが付きます。「刺繍の町」と呼ばれる群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か25mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げました。刺繍糸からワッペンの土台となるフェルト生地に至るまで全てJETLINK特注品を使用しています。小さいパーツながらも日本の職人技術がキラリと輝くメイド・イン・ジャパンの逸品をお楽しみください。

top_cold1
時は1970年代。峭刻たる極寒の撮影風景をモチーフにしたTHE COLD SHOOTINGシリーズ第一章より。こだわりのプリントには、通常は写真印刷に用いられる網目の細かい「超高精密シルクスクリーン製版」を使用して、Tシャツ生地の上に直接描いたような、繊細な鉛筆描きによる原画の筆致をリアルに再現しています。最も太い16番手の糸でガッチリと綿密に編みこまれた丈夫なヘビーウェイト素材と、熟練職人の手仕事(手刷り)によって一枚一枚を丁寧に仕上げたこだわりの染込プリントは、長く着込んで洗濯を繰り返すほどにビンテージ古着Tシャツを髣髴させる色落ちをしていき、独自の経年変化をお楽しみいただけます。 THE COLD SHOOTING T-SHIRTS chapter1/Tシャツ詳細−NEW!

07_movie1a
市街地で流行のスマホゲームに興じる人々。その様相は過去にジョン・カーペンターが描いた映画の世界さながら。そして、ゼイリブ軍団を自転車で避けながら走行する行為はリアルゲームさながら。 #OBEY

07_goods3
ゲームよりもプラモな気分な中、amazonから到着。旬なうちに楽しみたいので、本日は早々に帰り支度です。ゼイリブ軍団をかわしつつ。 #サンダーボルト

cold1g3
THE COLD SHOOTING T-SHIRTS chapter2に続く。

※最後までお読みいただいた方は、
上記の 「いいね」 ボタンをポチっとお願いしますm(_ _)m

jetlink_roki at 17:09│カテゴリ_01:映画/movie | カテゴリ_02:物々/goods