2016年07月13日

新作アレックスTシャツは、強反射シルバーラメ仕様の特別版!?

夏の新作第一弾として、先日のハリコンで先行販売させていただいた”ALEXANDER” T-SHIRTSの特別版ことver.Exclusiveを紹介させていただきます。
alex_l1a
写真ではラメの輝きが表現できないため、ぜひ現物をご覧いただきたいです。また今作では、女性用に最小0サイズ(XS)もご用意しましたので、合わせてチェックください。
05_goods1b
line_desigh1
写真ではラメの輝き具合が表現できないことが残念ですが、ギラギラと強烈に輝く「強反射シルバーラメプリント」仕様で仕上げています。今作でもイラストは、NHKアニメなどで活躍中のイラストレーターJUN OSON(ジュン・オソン)氏が担当。Tシャツいっぱいに入る大きなシルバーラメプリントはJETLINK特注の「特大シルクスクリーン製版」を用いて、熟練職人が一枚一枚を手仕事(手刷りプリント)で仕上げました。
05_goods1c
line_print
Tシャツにラメプリントを施す際は、通常では透明インクにシルバーラメを混ぜたものを使用しますが、その方法では下生地の色が干渉してどうしてもラメの輝きが薄くなります。今作では「ラメ刷り専用のシルクスクリーン製版」を2版用意して、(1)最初に下地用のシルバープリントを刷った後に、(2)上地に強反射する特殊シルバーラメを重ね、(3)仕上げにシルバーラメプリントの上から透明コーティングを施しています。残念ながら、ラメの輝き具合が写真では表現できませんが、眩しいほどにギラギラと強く反射して輝く特殊シルバーラメ仕様です。以上の手間とコストのかかる豪華な仕様で仕上げましたので、アイテム名称に特別版ことver.Exclusiveと冠しました。
alex_l1f
line_t2
Tシャツの素材では最も太い16番手の糸でガッチリと綿密に編みこまれた丈夫なヘビーウェイト素材は、長く着込んで洗濯を繰り返すほどに、ビンテージ古着Tシャツを髣髴させる色落ちをしていき独自の経年変化をお楽しみいただけます。
alex_l1g
バックプリントでは、アレックスにメラメラと復讐心を燃やす、富豪作家アレクサンダー氏&用心棒ジュリアンも描かれます。
alex_l1d2
line_wappen
左袖にキラリと輝くものは、『A CLOCK WORK〜』の頭文字 ”Aマーク” のワッペンです。「刺繍(ししゅう)の町」と呼ばれる群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か25mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げました。

top_alexex
人気の”ALEXANDER”シリーズより、ギラギラと眩しく輝く「強反射シルバーラメプリント」を施したスペシャル仕様のTシャツが登場しました。最も太い16番手の糸でガッチリと綿密に編みこまれた丈夫なヘビーウェイト素材は、長く着込んで洗濯を繰り返すほどに、ビンテージ古着Tシャツを髣髴させる色落ちをしていき独自の経年変化をお楽しみいただけます。シルバーラメプリントは、JETLINK特注の「特大シルクスクリーン製版」を用いて、熟練職人が一枚一枚を手仕事(手刷りプリント)で仕上げました。特別版の名に相応しい贅沢な一枚をお楽しみください。 ”ALEXANDER” Stand T-SHIRTS ver.Exclusive/Tシャツ詳細−NEW!


ここ最近の映画や海外ドラマなど。
06_movie03b
マシュー・マコノヒー&ウディ・ハレルソン共演の海外ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』。海外ドラマ史上、最高にクールなOP映像はこちら。作品自体も、この先これ以上のクオリティの刑事ドラマには出会えないかも?と思わせるほどの完成度でした。キャストが総入れ替えとなるシーズン2のOP映像もさらに素晴しいです。

06_movie04a
待ちに待った話題の映画『10クローバーフィールド・レーン』を劇場で鑑賞。主演に抜擢された女優はメアリー・エリザベス・ウィンステッド。この人何処かで見覚えが...と思ったら、タランティーノ監督の映画『デス・プルーフ』に出てた黄色いチアガールの人でした。『ダイ・ハード4.0』ではジョン・マクレーンの娘役も。前作『クローバフィールド』の物語とどのように繋がるのか?最初の製作発表が何よりも一番の驚きでしたが。ドキワクと期待させられる一本。

06_movie05d
「コンビニ店員がCIAのスーパーエージェントに超覚醒!?」...そんな宣伝文句に煽られて、売れっ子俳優ジェシー・アイゼンバーグ主演の映画『エージェント・ウルトラ』をレンタル鑑賞。作品の内容はさておいて、『ジョン・ウィック』に引き続き、大好きな俳優ジョン・レグイザモが出演しており、しかもバカな役(笑)だったのでテンション上昇。同氏がルイージ役を演じたカルト映画『スーパーマリオ』も久々に観たくなりました。ちなみに同作ではクッパ大王役をデニス・ホッパーが演じてます。(...と書いた後で、TSUTAYA発掘良品の新作に『スーパーマリオ』が並んでました。さすが!)

06_movie06a
劇場で見逃した話題のホラー映画『イット・フォローズ』をレンタル鑑賞。斬新でいて古典的。観客に委ねる系ジャンルの不条理ホラーとでも表現したらよいのか、例えるなら現代版『ハロウィン』。美しい映像表現に音楽、雰囲気を楽しみたい人向けの一本。昨年から今年にかけては、『インシディアス序章』(4作目の公開も決定!)、M・ナイト・シャマラン監督の『ヴィジット』、イーライ・ロス監督の『グリーン・インフェルノ』と、秀逸なホラー作品が続いて嬉しい限りです。

※最後までお読みいただいた方は、
上記の 「いいね」 ボタンをポチっとお願いしますm(_ _)m

jetlink_roki at 18:24│カテゴリ_01:物々/goods | カテゴリ_02:映画/movie