2016年01月29日

変身。蒼白き月に咆哮、荒野を彷徨するケダモノの類。THE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKET(4)最終回シルエット編

蒼白き月に咆哮する狼男こと、THE WOLF MAN TYPE MA-1製作エピソードも今回で最終回を迎えました。残りの在庫数が少なくなりましたが、第4回目は、「シルエットの解説編」です。どうぞ最後までお付き合いをお願いいたします。
02_goods04b
line_sil
満月の夜に変身。モデルの身長177cm、体重60kg、Mサイズを着用しています。
MA-1内部には、「狼毛フェイクファー」&「3M社シンサレート高機能中綿素材」を採用。まだまだ肌寒い春先も、写真のように、”CITIZEN KANE” T-SHIRTS(別売り)の上からサラっと羽織っていただくだけで防寒機能バッチリな一枚です。現在、市川市のJETLINK Show Roomにて、現物をご試着いただけます。(東京駅より総武快速で約19分)ぜひご来店ください。
15_ma2d
ma1_1a
今作の原型となったウェアは、1954年に米国で開発された「B-15Dモディファイ」通称ファーストモデルのMA-1ジャケットです。当時のオリジナルMA-1、もしくはそれらを忠実に再現した復刻品は、ウエストレングスで着丈が非常に短く、身幅と袖(そで)幅も極端に広く作られており、軍物マニアの方ならともかく、コーディネートに合わせて日々着用するには少々難易度の高い形状をしていました。素材およびパーツ類は伝統的なオリジナルのディテールを忠実に残しつつ、着丈を延長して、身幅・袖幅・肩幅をシェイプ、軍物特有の”土臭さ”を残しながらも、現代のスタイルにも違和感なく融け込むことのできるスタイリッシュなオリジナルパターンとしてアップデートしました。
15_ma2b

ma1_img2
15_ma2e
ma1_1b0
15_ma2a
ma1_1e
この裏地のために、人気アニメ『かよえ!チュー学』(かよチュー)などで活躍中のイラストレーターJUN OSONさんに新規描き下ろしイラストを担当いただいた豪華で贅沢な仕様となっております。変身ギミック=裏地についての詳細は、THE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKET(2)変身編をどうぞ。

ma1_1k
15_ma1g
表地のナイロン素材には、従来のエアフォース・ナイロンよりも光沢が少なく、堅牢度と軽量化に特化した「ナイロンヘビーツイル素材」を使用しました。1940年代前後に主流とされたエアフォース・ブルーと、その後に定番カラーとなるセージ・グリーンを掛け合わせ、長年着古したことによってグリーンが退色してグレー味が強まったビンテージ古着をイメージした色合いを表現しています。現行のMA-1特有のテカテカした光沢感は低く、しっとりしたナイロンの素材感と弱めの光沢感が合わさった独特の風合いを持つ特殊素材です。長く着込んでいただく程に、生地の光沢が取れて雰囲気のあるマット感(つや消し感)が増していき、独自の経年変化をお楽しみいただけます。
15_ma2h

ma1_img4
line_crafts
2015年の初旬に、当初のデザインコンセプトを元にして、HEADGOONIE大八木未来氏が描き起したMA-1のラフ画です。実際の完成品と比較しても大きな変更点が見受けられないことから、初期段階の時点で確固たるデザイン構想が練られていたことが伺える一枚です。今回の製作にあたり参考とした文献は、阿部謹也著『中世の窓から』(朝日新聞社 昭和56年刊)、同著『中世賤民の宇宙』(筑摩書房 昭和63刊)。
日本製の証「MADE IN JAPAN タグ」、「狼男イラストレーションタグ」、「シンサレート仕様の証明タグ」、以上の証明タグを商品に付けてお届けします。このMA-1をお買い上げの皆様には、補修を繰り返してボロボロになるまで末永くご愛用いただけましたら、作り手としてはこれ以上の喜びはありません。
15_ma2g

sta_img2b
line_art2
渡辺 純/JETLINKディレクター。好きな狼男作品は、ジョン・ランディス監督の映画『狼男アメリカン』(1981年公開、原題:An American Werewolf in London)。大八木未来/HEADGOONIEディレクター。好きな狼男作品は、映画『狼男』(1941年公開、原題:The Wolfman)。

top_ma1
2016年最新版のアウターTHE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKET/狼男MA-1が完成。「都市生活におけるフォークロア」(民間伝承、民俗風習、都市伝説)をテーマに掲げて、開発に一年の歳月を費やして製作しました。中世ヨーロッパにおける民間伝承に内在する伝統的怪物をデザインコンセプトとして、斬新でありながら実用性に富んだデザイン、伝統的意匠を取り入れながらもアウターとしての機能性を特化、現代の都市生活に対応なし得る”現在進行形のMA-1ジャケット”としてアップデートしました。メイド・イン・ジャパンが誇る巧みの技術を凝縮した逸品をお楽しみください。 THE WOLFMAN TYPE MA-1 JACKET/狼男MA-1詳細−NEW!


jetlink_roki at 21:50│カテゴリ_01:物々/goods | カテゴリ_02:製作エピソード