2015年12月17日

映画『市民ケーン』(1941)”CITIZEN KANE” T-SHIRTS

大好評をいただいている『市民ケーン』こと ”CITIZEN KANE” Tシャツが復刻しました!最新作では、A. 初回限定色ディープパープルと、B. 新色ヘザーグレーの2色が加わり、そで部分には映画に登場する重要なキーワード「ROSE BUD/ばらのつぼみ」ワッペンが輝きます。
kane1a
A. 初回限定色ディープパープル。
写真で実際のカラーを再現するには限度がありますが、嫌味の無い深く秀逸な紫色です。Tシャツ用としては最も太い「16番手の糸」でガッチリと密に編みこまれた堅牢な生地は、長く着込んで洗濯を繰り返すうちに、緩やかに色落ちしていき、ヴィンテージの古着Tシャツを髣髴させる雰囲気の経年変化が楽しめます。
kane2a
B. 今回の新色ヘザーグレー。
リクエストを多くいただいた、スウェットとお揃いのヘザーグレーは、カレッジ調をイメージしました。こちらもガンガン着込むことで、本物の古着の様な風合いをお楽しみいただけます。
kane3a
C. そして、定番カラーのスミブラック。
普通の真っ黒ではなく、少し着古したような雰囲気のある墨色です。このカラーも長く着込む程に、雰囲気のある経年変化をお楽しみいただけます。
kane1b
映画の冒頭部分に登場する 『CITIZEN KANE』 のタイトルロゴを、1940年代の技術で製作された当時の手描き題字ならではの「黄ばんだ風合」や「文字体の歪みや崩れ」をほぼ忠実に再現しました。こちらのプリントには作品に因んで、Tシャツを長く着込んで洗濯を繰り返す程に、生地目に合わせて古着プリントのようなヒビ割れが生じる 「特殊ビンテージ古着加工プリント」 を施しました。本物のビンテージ古着Tシャツのような風合いと経年変化をお楽しみいただけます。
kane2b
プリントの素材には、人体や環境にも優しいこだわりの 「水性顔料」 を使用しました。1970〜80年代に生産されたNIKE社を始めとするスポーツウェアやTシャツに採用されたプリントを分析研究して、古きよき当時の本物により近い製法のプリントとして仕上げることに成功しました。製造はメイド・イン・ジャパン国内生産にこだわり、東京下町を始めとする国内の老舗工場で行われます。熟練したプロ職人がJETLINK特注の 「特大シルクスクリーン製版」 を使用して一枚一枚を丁寧に手仕事(手刷り)で仕上げています。
15_kane1d

kane3d
Tシャツ袖(そで)部分にはワンポイントで、映画『市民ケーン』作中に登場する重要なキーワード ”ROSEBUD”(バラのつぼみ) をモチーフにしたワッペンが付きます。土台となるフェルト生地も40sのオールド調な雰囲気を出すために別注のグレー生地(通常は白地)で製作しました。刺繍(ししゅう)の町こと群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か25mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げました。メイド・イン・ジャパンの純国産です。小さいパーツながらもこだわりの逸品にご注目ください。
15_kane1b

kane3ckane2c
15_kane1c

top_kane1a
1941年に公開されたオーソン・ウェルズ監督による不朽の名作映画 『市民ケーン』をテーマにした ”CITIZEN KANE” Tシャツが完成。袖(そで)部分にはワンポイントで、作中に登場する重要なキーワード”ROSEBUD”(バラのつぼみ)ワッペンが付きます。こだわりのプリントには、長く着込む程に古着のようなヒビ割れが生じる「特殊ビンテージ古着加工プリント」仕様で仕上げました。 ”CITIZEN KANE” T-SHIRTS/『市民ケーン』Tシャツ詳細−NEW!


jetlink_roki at 22:10│カテゴリ_01:物々/goods