2015年12月13日

変身。蒼白き月に咆哮、荒野を彷徨するケダモノの類。THE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKET(2)変身編

2016年の最新版アウターTHE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKETが完成しました。
第二回目は、秘密のギミック「変身」について解説させていただきます。
ma1_img2
ma1_1b1
15_ma2c
ma1_1c
15_ma1d
【裏地の秘密1】 MA-1前身の裏地には、狼をイメージしたシルバーウルフカラーの高品質な「レーヨンシール・フェイクファー生地」を採用しました。防寒機能に優れたファー生地の裏側にもう一枚「パイル生地のグラインド素材」を重ねることで、真冬でも冷たい風を通しにくい高保温性能を特化させています。大胆なディテールでありながら、実用性に富んだJETLINK独自の斬新なデザインを取り入れることにより、伝統的アーミージャケットのスタイルを現代型にアップデートさせています。
15_ma2e
ma1_1d
15_ma1e
【裏地の秘密2】 MA-1のインナー素材には、「3Mシンサレート高機能中綿素材」を内蔵しました。3M社が化学分析に基づいて開発した、真冬の寒さにも耐えうる世界水準のグローバル防寒素材です。優れた機能性を誇るシンサレート仕様の証明として「3M社のオフィシャルタグ」が内ポケットの下部分に付属します。
ma1_1e
15_ma1f
【裏地の秘密3】 MA-1の後身頃の裏地は、豪華な「オリジナル狼男ファブリック」仕様となっております。1941年に公開された映画「狼男」に登場した”あの森で起きた狼男事件の情景”をモチーフに、人気アニメ『かよえ!チュー学』(かよチュー)などで活躍中のイラストレーターJUN OSON(ジュン・オソン)氏にイラストを担当いただきました。シンプルで実用的な表地の軍物生地とは相反するように、鮮やかなシャイニング・グリーンのカラーリングに、大胆なデザインが目を惹くオリジナルテキスタイルとして仕上がりました。中世の情景を連想させる幻想的かつ詩的な作品のイメージとPOPな印象を同在させることによって、JETLINK独自の美学を追求した世界観を表現しています。
15_ma2f

top_ma1
2016年最新版のアウターTHE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKETが完成。「都市生活におけるフォークロア」(民間伝承、民俗風習、都市伝説)をテーマに掲げて、開発に一年の歳月を費やして製作しました。中世ヨーロッパにおける民間伝承に内在する伝統的怪物をデザインコンセプトとして、斬新でありながら実用性に富んだデザイン、伝統的意匠を取り入れながらもアウターとしての機能性を特化、現代の都市生活に対応なし得る”現在進行形のMA-1ジャケット”としてアップデートしました。メイド・イン・ジャパンが誇る巧みの技術を凝縮した逸品をお楽しみください。 THE WOLFMAN TYPE MA-1 JACKET詳細−NEW!

※最後までお読みいただいた方は、
上記の 「いいね」 ボタンをポチっとお願いしますm(_ _)m

jetlink_roki at 21:50│カテゴリ_01:物々/goods | カテゴリ_02:製作エピソード