2015年09月04日

アレックス捕囚!?”ALEXANDER”シリーズ新作完成(後編)

先日放送された『タモリ倶楽部』のザリガニ特集にて、
08_movie03a
番組内でゲストの水道橋博士さんに、新作アレックスTシャツこと、”ALEXANDER” Stand TシャツType2をご着用いただきました。
08_movie03b
前々回のトンネル特集、前回の合板特集に引き続き、博士さんいつもありがとうございます。番組では珍しいゴーストカラーのザリガニなどが紹介され、ゲスト全員が挟まれるお約束シーンもあり、在りし日のザリガニ少年にとって心躍る特集でした。

前回の アレックス捕囚!?”ALEXANDER”シリーズ新作完成(前編) に引き続き、今回は、後編”ALEXANDER”パターンについて解説させていただきます。
sample_01
映画『時計じかけのオレンジ』に登場する俳優パトリック・マギー演じる、富豪で作家のミスター・アレクサンダー氏が所有する「奇妙な柄のバスローブ」(後にアレックスが着用)の複雑かつ不規則な模様 ”ALEXANDER”パターン(と命名しておきます)の研究分析だけで、数ヶ月もの期間を費やしました。
alex1j
ドクの機関車柄アロハシャツ、チャンクの熱帯植物柄アロハシャツなどのパターン分析で定評のあるHEADGOONIEの協力を得て、登場人物の耳の大きさなどを基準にパターンの原寸を割り出して、ほぼ完全なテキスタイルとして再現することに成功しました。
alex1a
こちらの”ALEXANDER”パターンの原型をイラスト用に再構築した後に、”囚われのアレックス像”をモチーフにした”ALEXANDER” Stand TシャツType2のデザインにテキスタイルとして組み込みました。JETLINKでは今年末から来年にかけて、こちらのテキスタイルを採用した新作”ALEXANDER”シリーズ(仮)をリリース予定です。お楽しみにどうぞ。
04_movie07b
左袖にはワンポイントで”ALEX”ワッペンがキラリと光ります。刺繍(ししゅう)の町こと群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か25mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げた「メイド・イン・ジャパン」の純国産品です。
alex1e
バックプリントもこだわりました。
04_movie07c
”ALEXANDER”シリーズのネーミングの元となった悲劇の富豪Mr.アレクサンダー氏(俳優パトリック・マギー)と、用心棒ジュリアン(=ダースベイダーの中の人)のイラストがROKIUNIFORMSロゴの中に組み込まれます。イラストレーションは、アニメ『かよえ!チュー学』(かよチュー)のJUN OSONさんです。
alex1l
現在、代官山の蔦屋書店でも”ALEXANDER” Stand T-Shirt Type2を素敵なPOP展開で展示販売しております。お買物でTポイントも貯まりますので、ぜひ現物をお手に取ってご覧ください。

top_alex1
1970年代に公開された近未来バイオレンス映画をモチーフにした”ALEXANDER”シリーズに数年ぶりの新作が完成しました。前作の続編として新たに描き起したデザインは、富豪作家Mr.アレクサンダー氏の復讐により窮地に陥った”囚われのアレックス像”です。合計6版構成にも及ぶこだわりの「総天然色(フルカラー)特大プリント」は、昔ながらのシルクスクリーン製版を使用して、一色一色を熟練職人の手仕事によって丁寧に仕上げました。 ”ALEXANDER” Stand T-SHIRTS Type2−NEW!

※最後までお読みいただいた方は、
上記の 「いいね」 ボタンをポチっとお願いしますm(_ _)m

jetlink_roki at 21:50│カテゴリ_01:映画/movie | カテゴリ_02:製作エピソード