2014年11月25日

「THE FUTURE 2015 STADIUM JACKET」 (1)国内で最も厚手のウール素材を求めて〜メルトン生地の解説編

いよいよ、来年は西暦2015年。
私たちの現実世界でも映画 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』 が描いた未来の世界と同じ年代に達しようとしています。そんなターニングポイントとなる2015年にHEADGOONIEとJETLINKの共同制作による特別版スタジアムジャケット、その名も 「THE FUTURE 2015 STADIUM JACKET」 が数量限定で完成しました。
top_sta

スタジャン製作においては妥協を許さず徹底的にこだわった結果、完成に至るまでの製作期間は約1年間にも及びましたが、日本の職人技術を駆使した世界水準の第一級品として仕上がりました。時間と手間を惜しまずに製作された手仕事ならではの逸品をお楽しみください。 http://www.jetl.com/hg14_sta.html

今回から何度かに分けて、スタジャンのこだわりの素材や仕様などを紹介させていただきます。
11_sta02
スタジャンの表地には、英国製のブリティッシュウールを採用した「メルトン生地」を使用しています。編目が荒く無骨な印象を持ちつつも、貴賓漂う英国特有の由緒正しき上品なメルトン生地です。袖(そで)部分の革の厚みが1.4mmほどあるため、革の厚さに合わせてボディの 「メルトン生地」 も通常は厚手のピーコートなどに採用される1.2mm厚を選びました。現在、国内で流通している中でも最も厚手のメルトン生地です。生地が厚く保温性に優れながらも、長時間着用しても重さを感じさせない機能性を兼ね備えた素材となっております。
sta_1b
そして、今作では未来世界に因んだ ”ある秘密のギミック” を仕込みました。
TO BE CONTINUED...(次回に続く)


jetlink_roki at 19:05│カテゴリ_01:製作エピソード | カテゴリ_02:物々/goods