2013年08月04日

夏の夜の夢〜江戸川花火大会

江戸川花火の日。JETLINKで一人仕事をしていたら、同じく近所で一人暮らしをしている ”ネコおじさん” こと荒井さん(79歳)に 「うちのマンションの屋上に花火を見に来ない?」 と誘われました。
08_life06
自分にとって大切な誰かを失った時、
「あの時、もっと早く病院に連れて行けば、大好きなおばあちゃんはもう少し生きられたかも...」
「あの時、どうしてもっと彼女に優しくしてあげることが出来なかったのだろう...」
人は誰でも過去の自分の過ちを後悔した経験があり、今現在も後悔と共に生きている人がいる。
08_life07
しかしながら、過去の私は自分なりにベストを尽くしてきたのではなかろうか?ベストを尽くしてきた結果が現在の私自身ではないのだろうか? そして、今この瞬間もカッコ悪いながら私は精一杯に生きている。 もうそろそろ全部許してあげよう、過去の私もあなたのことも。 このまま後悔を持っていては先に進めないから。
08_life08
ぱっと夜空に咲いた刹那に潔く消えていく花火を眺めていたら、一瞬だけ優しい気持ちになれました。 瞬く間に流れていく繰り返しの毎日の中で、夏の夜の花火は季節の移り変わりを感じさせてくれます。


jetlink_roki at 00:17│カテゴリ_01:ほのぼのライフ