2013年07月25日

宮崎駿監督 映画 『風立ちぬ』

昨日は錦糸町にて、宮崎駿監督の新作映画 『風立ちぬ』 を鑑賞。

物も情報も大量に溢れ物質的には豊かになったものの、様々な意味での価値観が崩壊したこの現代社会で若者は夢を見出すことなど出来るのだろうか? これが世の常と諦観するのが我々現代人の定めなのか?
この作品に関しては、既成の言葉や在り来りの感想で表現することが憚られます。特に売りが無いところが最大の売りの作品。静かな心で観る傑作。

07_life03
錦糸町ロッテホテル限定の 「コアラのマーチ焼き」 (ガーナチョコ入り) 。

07_life04
同じく錦糸町 「太陽のトマト麺」 にて、夏季限定の 「ぷるぷるトマト添え とろろチーズと夏野菜の豆乳冷麺」 。 最早ラーメンの粋を超えて何か別の料理に昇華。毎シーズン斬新なメニューに果敢に挑戦する姿勢にも感銘。

07_goods13
(左)千葉県長生郡長柄町の芝原(しばら)人形。
(右)東京都浅草今戸町の今戸人形。尾張屋春吉作の小判猫。
JETLINK近くの骨董品店にて ”猫の土人形” が大量に売りに出されており、猫人形を専門に蒐集されている方がまとめて手放したとのこと。 捨てる猫有らば拾う猫も有りで、とりあえず知ってる焼き物だけ幾つか購入。 浅草の今戸焼 (今戸人形) は招き猫の元祖といわれており、それを手本に作られたのが千葉県の芝原人形。 古い郷土玩具の意匠に、先刻鑑賞した映画 『風立ちぬ』 に通じる素朴で正直な日本の美を発見。


jetlink_roki at 18:30│カテゴリ_01:映画/movie | カテゴリ_02:食&旅