2013年07月13日

アローン・アゲイン、バイバイ!

曲の名前は知らずとも、きっと誰もが何処かで耳にした経験があろうこの曲、

ギルバート・オサリヴァンの 『アローン・アゲイン』 。 僕は幼少期にこの曲を何処かで何度も繰り返して聴いており、大人になった現在も耳にするとキュンと切なくて懐かしい気分になるのです。不思議と眠くもなります。ルーツは不明ですけど。 20年以上前の 『ゴールデン洋画劇場』 のコマーシャルでJCBカードのタイアップ曲だったそうですが、それよりも以前の記憶なんですよね...


草刈正雄さんバージョンの 『アローン・アゲイン』 。日本語役の歌詞がトンデモないことになってますが、若き日の草刈氏が素晴らしい歌声と歌唱力で歌い上げてます。


布施明さんの 『アローン・アゲイン』。 英語の発音も素晴らしい一曲。 本来は歌詞が歌詞なだけに、TVCM等でオシャレっぽく使われる曲でもないんですけどね。


九重佑三子さんの 『また一人』 と...タイトルまで日本語に。 タモリ倶楽部でも紹介されたそうで、なかにし礼先生作曲の歌詞が凄いことになってます。

他にも、浅丘めぐみさん17歳の頃のカバーや、ケラリーノ・サンドロビッチさんのバンド有頂天のカバーは、こちらで紹介するまでもなく有名ですし、アニメ 『めぞん一刻』 のOP主題歌にも原曲が使われましたし、町田直隆さんのカバーも切なくて良い感じです。 まだまだ未開のバージョンもあるかもしれませんので、ぜひ探してみてください。

おいらはひとり〜♪ またまたひとり〜♪
誰に何が起ろうとも、また明日も変わらず同じ朝が始まるのだ。


jetlink_roki at 13:31│カテゴリ_01:ほのぼのライフ