2013年04月20日

第38回 「土湯温泉こけし祭り」 (お祭り編)

本日は、年に一度の... 土湯こけしのお祭りです!
04_tutiyu00
いきなりですが、現在JETLINK一行は、福島県の土湯温泉まで遠征中です。
04_tutiyu03
今年で第38回目となる 「土湯温泉こけし祭り」 に初参加しました。 想像してた以上に気温が寒い中、会場には全国100万人のこけしファンが集まりました。 (うそです)
04_tutiyu02
会場に入ると...以前から憧れだったこけし工人の今泉源治さんにお会いすることができました。
04_tutiyu11
同じく、以前からお会いしたかったこけし工人の斉藤弘道さんです。斉藤さんお得意の ”えじこ” (極小こま入り) を持って一枚。
04_tutiyu07
関東でも若い女性を中心に人気を集めている西山敏彦さんのブース。販売前の陳列している段階から、西山さんのこけしを求める多くのファンで人だかりが出来てました。
04_tutiyu08
西山敏彦工人の新作 ”モモとスイカのえじこ” の写真を撮らせていただきました。後から背中を押されて若干写真がブレてしまいました。 西山さんの作品は季節を感じさせられるものが多いですね。 「ジェットリンクの民芸」 からも西山敏彦さんの新作えじこをリリース予定です。お楽しみに。
04_tutiyu05
引き続き、今泉源治工人による ”独楽” (コマ) の製作実演風景。
04_tutiyu06
得意の駄洒落と軽快に歌を口ずさみながらも緻密な作業をこなす今泉工人。目の前で小さな独楽が何個も出来上がっていく様はいつ見てもワンダフルな光景です。
04_tutiyu09
お祭り恒例の ”抽選券付き6寸こけし” 1個1000円。 箱の中に当たり券が入っていたら、最大2尺の景品こけしが貰えます。(当選確立は1/10くらいとのこと) 写真は、2尺こけしが当たったラッキーな方。
04_tutiyu10
景品の中でも特に人気が集中していた西山敏彦さんの特大シルクハットこけし。
04_tutiyu17
いつもお世話になっている 「津軽こけし館」 の山田さんと、津軽系こけし工人・阿保六知秀さんも発見。先着30名に、各こけし工人の直筆こけし絵が無料で配られました。
04_tutiyu12
流れる川に満開の桜、太子堂のしだれ桜も満開、情緒溢れる温泉街の風景を楽しめました。
04_tutiyu13
そして、夕方...向瀧旅館にて、こけし工人と関係者が集まり懇親会が開催されました。土湯温泉協会会長の挨拶スピーチ中ですが、ステージにズラーっと並んでいる土湯系こけしが気になって仕方がありません。
04_tutiyu14
懇親会の参加者は、総勢97名。昼間のお祭りの際にお世話になった今泉源治工人の隣席になりました。
04_tutiyu15
最初に会場入りすると、豪華なお土産こけし(8寸)が参加者全員に配られました。 僕が引いたものは偶然にも隣に座る今泉源治さん製作のこけし! その後、抽選が行われて参加者全員に再びこけしが配られました 。これらの無料で配布されたこけしは、土湯のこけし工人皆さんが自腹を切って作られたそうです。 「当たったこけし工人にはお礼の挨拶が必要だし、開会のスピーチでもそのアナウンスが欲しいところだね」 と今泉工人。 うむむ...と考えさせられました。 その後、今泉さんとお話が盛り上がり、今泉さんの親戚筋にあたる佐久間由吉さんの思い出や、修行時代の話、”弟子にも教えなかったこけし作りの秘伝” まで教えていただきました。 「あなたはこけし工人じゃないから教えてあげるよ」 とのこと(笑) また今泉さんに会いたい! また土湯に行きたい! と思いました。
04_tutiyu16
(オマケ) 夜は、鳴子こけし祭りの時と同様に、軸原ヨウスケさん、パウロ野中さん、浅生ハルミンさん達と飲み会。 途中で津軽こけし館の山田さん、鳴子こけし工人の大沼秀顯さん、弥次郎こけし工人の新山真由美さんなどが加わり、夜晩くまで皆で盛り上がりました。 明日のトークイベントのメンバーがほぼ揃ったので、ある意味トークイベントでした。 そして、土湯温泉の夜は更けていきます...

第38回 「土湯温泉こけし祭り」 (雪雪霧編) に続く


jetlink_roki at 18:01│カテゴリ_01:食&旅 | カテゴリ_02:玩具/kokeshi&toys