2013年03月30日

ビフォア・ミッドナイト予告編、トータル・リコール、物体Xの新作

『ビフォア・サンライズ』 、 『ビフォア・サンセット』 に続くシリーズ完結編 『ビフォア・ミッドナイト』 予告編。

一作目ウィーン、二作目パリに続き、前作からちょうど9年後となる三作目の舞台はギリシャとのこと。 思い入れの強いシリーズですので、今作で完結というのが残念な気もしますが、最終的に二人の関係はどうなるのでしょうか? 早く続きを観たいような、このまま知りたくないような...

少し遅れて 『トータル・リコール』(2012年版) をレンタル。

現代版 『ブレードランナー』 を髣髴させるオリエンタルな異国情緒が溢れる未来世界の意匠コンセプトに加え、現段階では最高峰のSFX技術を駆使したハイレベルなSF映画でした。 有名なシュワちゃん版のリメイク作品ということでちょっと侮ってましたが、素晴らしい映像美に始終圧倒されました。 ヒロイン役のジェシカ・ビールも良かったです。 ブルーレイを購入して背景の細部まで何度も繰り返し観たくなる一本でした。

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 も一足遅れて鑑賞。

1981年に公開されたジョン・カーペンター監督オリジナル版の思い入れが強すぎる理由でなかなか観れませんでした。 蓋を開けてみれば...非常に優秀なSF映画でした。 でしたが、前日譚というよりも、前作の ”まんまリメイク” 的なストーリーで、何かもの足りない感が否めず、もう少し現代ならではのオリジナル要素がほしかったです。 肝心のSF表現に関しては、最新技術のCGを駆使しても、当時のロブ・ボッテンが手掛けた特殊メイクに見劣りしてしまうのは何とも皮肉な話ですし、往年のファンが望んでいるであろう ”80年代独特の匂い” も感じることができませんでした。 カーペンターファンの心理であえて苦言を呈してしまいましたが、いちおうフォローをさせていただくと、前作との繋ぎ部分は違和感も無く絶妙に描かれており、新作のSF映画として鑑賞するのであれば完成度の高い作品でした。

ちょっと前にamazonで予約してた、S.H.フィギュアーツのライダーマンが届きました。
03_goods04
残すはXとゼクロスでしょうか? 昭和ライダーがあと少しで全員揃います。 ライダーマンの特徴であるオプションハンドが何個か付いてきました。 こちらは千葉県名物の 「ピーナッツハンド」 でございます。 (うそです)


jetlink_roki at 14:14│カテゴリ_01:映画/movie