2013年01月20日

下北沢スズナリ横丁、鉄割アルバトロスケット、漫画朗読詩人

昨晩は、数年ぶりに下北沢を訪れました。
01_life12a
昔ながらのいわゆる ”下北っぽいお店” が減ってきている中で、現在も頑張って営業している 「鈴なり横丁」 の風景です。
01_life12b
その中にある劇場ザ・スズナリにて、友人の中島兄弟が所属している劇団 「鉄割アルバトロスケット」 の舞台公演を観に行きました。 こちらの劇団は、毎回立ち見のお客さんが出るほどの盛況ぶりで、下北沢に良く似合う思いっきりシュールでインテリジェンス且つ体を張った体育会系の笑いに癒されました。
01_life12c
同じく下北沢南口商店街の路上にて。 マンガ朗読詩人の方に遭遇。 自由料金で、『へうげもの』 から 『ちびまる子ちゃん』 まで、感情を込めて漫画を朗読してくれます。 (防寒用の毛布まで貸してもらえます)

01_life14
所変わって、東京スカイツリーのお膝元 「キラキラ橘商店街」 です。 こちらの商店街でも昭和の香り漂う素敵なお店を目にすることができます。 その中の一件が、コッペパンのお店 「ハト屋」 さんです。 裸電球の照明の元、店頭ショーウインドウに柔らかで美味しいパンが整然と並びます。 郷里は変われど、子供の頃の懐かしくも切ない郷愁を感じさせてくれる現在では貴重なお店のひとつです。

12_goods09
そして、こちらの玩具も少年時代のノスタルジックな気持ちを思い出してデザインさせていただきました。 宮城県・作並温泉のこけし工人、平賀輝幸さん×JETLINKオリジナル木地玩具です。 立ちます(笑) 現在、福島県の西田記念館で開催中の 「秋保・作並と仙台で生まれたこけし展」 にも同玩具が展示されてますので、機会がありましたらぜひご観覧ください。 http://www.jetl.com/index3.html


jetlink_roki at 20:08│カテゴリ_01:ほのぼのライフ | カテゴリ_02:玩具/kokeshi&toys