2012年11月10日

巣鴨 「第2回東北復興支援 伝統こけし製作実演」 (1)

本日は、巣鴨で開催中の 「第2回東北復興支援 伝統こけし製作実演」 に出掛けました。 とげぬき地蔵尊の高岩信徒会館が会場です。 前回6月の第一回目に引き続き、二度目の参加になります。
11_life16a
入り口にドーンと聳え立つ巨大な津軽こけしのモニュメント。 こちらのイベント恒例となった 「津軽のこけし灯篭」 と一緒に一枚。 自宅用に1個ほしかったので問い合わせてみたところ、専用の木枠を組んで梱包するため青森からの送料だけで数万円かかるとのことでした。
11_life16b
会場に入ると、数々の魅惑的な津軽系こけしたちがお出迎えしてくれます。 阿保六知秀&阿保正文さんのリンゴ型こけしに、幸兵衛型、伊太郎型、ハワイアン型、本人型などなど。
11_life16c
現在の津軽を代表するこけし工人・阿保六知秀 (あぼ・むちひで) さんによる、こけし絵付けの風景です。 今回のイベント前に六知秀工人に ”とあるこけし” を特注でお願いしましたので、後ほど紹介します。
11_life16d
(左) さくらももこさんもお気に入り、津軽系こけし工人・阿保金光さんのこけし。 (右) 山形県在住の津軽系こけし工人・五十嵐嘉之さん作、間宮明太郎型こけし。
11_life16e
同じく、津軽のこけし工人・ 阿保正文さん。 轆轤 (ロクロ) を前に、こけしの木地挽き風景です。 正文さんには、この後 ”こけしの絵付け体験” でもお世話になりました。
11_life16f
(左) 津軽系こけし工人・島津誠一さんの嶋津彦三郎型こけし、えじこ、達磨、コマなど。 (右) 津軽系こけし工人・山谷レイさんの林檎、椿、紅葉などを描いた山谷権三郎&きよ型こけしなど。 以前、山谷レイさんに特注で製作いただいた ”山谷多兵衛(藤兵)型こけし” も、新作として並んでました。
11_life16g
前回に引き続き、全11系統のビンテージこけしが展示されています。 こちらは津軽系こけし。 今では人気の津軽こけしですが、他の系統に比べて発生時期が比較的新しい理由から ”伝統こけし” として認められない不遇な時代もあったそうです。
11_life16h
同じく、津軽系こけし好き垂涎の ”盛秀こけし” こと、盛秀太郎 (もり・ひでたろう) 型こけし。 製作の際に胡坐をかいた姿勢でロクロを廻す温湯こけしです。 現在、後継者問題が危ぶまれている津軽伝統こけしの意匠のひとつです。
11_life16i
ゆっくりとしてたら、JETLINKの開店時間ギリギリになったため、慌ててこけしを吟味しました。 そして、どのこけしを選んだかといいますと... >巣鴨 「第2回東北復興支援 伝統こけし製作実演」 (2) に続く

MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸 (http://www.jetl.com/


jetlink_roki at 19:23│カテゴリ_01:玩具/kokeshi&toys