2012年03月26日

シチュエーション・スリラー今昔

ジョン・カーペンター監督の 『ザ・ウォード』 とか、イーライ・ロス製作の 『ラスト・エクソシズム』 とか、
新作ホラー映画コーナーがちょっと熱い雰囲気になってる近所の TSUTAYA さん。 ちょっとですけど。

ここ最近のホラー映画を鑑賞すると、ほとんど 『REC』 と 『SAW』 の劣化コピーのような作品ばかりです。
大抵は予算が少ない 「シチュエーション・スリラー」 というジャンルは、アイデア勝負だというのに、
大半の作品がその勝負すら放棄しており、心底ガッカリします。 最近の映画では 『スピーク』 とか。
シチュエーション・スリラーをさらに遡ると、 『キューブ』 と 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』 が元祖では
ないでしょうか? どちらも低予算にもかかわらず、世界中で大ヒットして話題になった映画です。
02_movie01
こちらは、アーティストで作家の D[di:] さんと親交の深い、映画 『CUBE』 のヴィンチェンゾ・ナタリ監督です。
ナタリ監督には、プライベートでも JETLINK のTシャツを愛用してもらってます。
『シャイニング』 のTシャツ ということで、ジャック・ニコルソンのポーズでサービスショットです (笑)
2009年の新作 『スプライス』 は、大きな話題とまではいきませんでしたが良い映画でした。
ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の次回の新作に期待してます。


jetlink_roki at 19:36│カテゴリ_01:映画/movie