2011年11月02日

映画 『ミッション:8ミニッツ』 (2011)

1日 「映画の日」 は、ダンカン・ジョーンズ監督の映画 『ミッション:8ミニッツ』 を鑑賞。



ドキドキと手に汗を握るスリル感、思わず 「うーん」 と唸らせられる巧妙なプロット&ストーリー、
そして、全てのドラマが収束するラストには・・・!?
この面白さは、ぜひ劇場で体験してみてください。

・・・と、極力ネタバレにならないように、映画の宣伝チックな感想になってしまいましたが、
今年一番に楽ませてもらった素晴らしい作品でした。
監督デビュー二作目にして 「大物ミュージシャンの息子」 という肩書きは完全に不用になりましたね。



こちらのホラー映画 『ラスト・エクソシズム』 も鑑賞予定でしたが、
うちの近所の映画館では、早々に打ち切りというか、上映が終了してしまいました。
ジャンルがジャンルなだけに、あんまり人気がなかったのかな・・・
今回、イーライ・ロスは、監督ではなくて製作のほうなんですね。

そういえば、映画 『プレデターズ』 の時も、ロバート・ロドリゲスが監督だと勘違いして、
手痛い目に遭った記憶が・・・

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!


jetlink_roki at 14:45│カテゴリ_01:映画/movie