2011年10月25日

”GRIZZLY” MOUNTAIN JACKET

HEADGOONIE 初となるマウンテンジャケットが完成しました!
その名も ”GRIZZLY” MOUNTAIN JACKET” (グリズリー・マウンテンジャケット) です。
bear_1a
※こちらの商品は、 「完全・受注生産品」 の限定商品ということで、
 受注受付の締め切りが、本日10月25日(水) までなんです。
 締め切り後は、在庫対応で10月31日(月) までオーダーを取らせていただきます。
 確実にご購入いただきたい方は、お早めのご注文をお願いします。
bear_1d
”グリズリー” と呼ばれる由来は、こちら。
長過ぎず短過ぎずバランスの良いダークブラウンの毛足が、本物のグリズリーのような風合いを醸し
出しています。 外側から見ただけでは、内側に ”獰猛なクマ” を隠してることなんて一見分からない!
見えない部分に一番チカラを入れる江戸っ子的発想! これが ”粋” ってやつです。
bear_1i
メインの表地には、古くからマウンテンJKTの定番として使われている 「60/40クロス」
(60%綿、40%ナイロン) の混合素材を採用しました。
ナイロンより摩擦に強く、且つ、コットンより通気性に優れるという優れものの素材です。
bear_1f
全てのファスナーに 「WALDES 社の別注品ファスナー」 を採用しています。
(※) WALDES社とは、1930年代のアメリカに実在した古き良きファスナーメーカーです。
時の流れとともに風化してしまった由緒正しき Zipper を HEADGOONIE が別注で復刻させました。
キラキラ光るというよりも、ギラっと、ズシっと重量感のある光を放つ感じの渋いジップです。
bear_1h
ジャケット内側には、 ”極悪海賊・黒ひげ” と ”グリズリー” をイメージしたブランドネーム。
このJKTのために、マツオカヒロミさんが水彩画で仕上げた絵画をネームに落とし込みました。
bear_1n
モデルは、久々の JETLINK ワタナベです。
身長177cmで、Mサイズを着用しています。 Tシャツの上から羽織っても暖かいです。
bear_1m
内側フェイクファーの ”着込み” 分もあり、通常のJKTよりも若干大きめのつくりとなっています。
いつも通りのサイジングを選んでも、中にパーカーやスウェットを着る余裕もあると思います。
ライダースJKTと同じ位置にファスナーが配置されてる部分も、ブランドのこだわりをかんじます。

今回も購入いただいた皆さんに、10年20年と末永く着てもらえるよう、妥協を許さず製作しました。
今年のアウターに迷ってる方は、ぜひこちらのこだわりの一枚をお選びください。
http://www.jetl.com/hg11_bear.html


jetlink_roki at 16:09│カテゴリ_01:物々/goods