2011年08月31日

映画 『エンゼル・ハート』 (1987)

先日の 「アレ・アレ・シネマトーク」 に話題が挙がってましたので、それに影響されて、
ミッキー・ローク主演の映画 『エンゼル・ハート』 (1987) を数年ぶりに鑑賞しました。

物語全ての謎が一気に収束&解明されるラストシーンが一番の見所で、
ミッキー・ロークが出演してる映画の中でも特に好きな作品です。
ロバート・デニーロが怪演するルイス・サイファー役も面白いんです。 (ゆで卵を食べるシーンとか)

先述した映画 『エンゼル・ハート』(1987) もそうですが、 『シックス・センス』(1999) 以前で
「ラストのネタバレ禁止な映画」 といえば 『ゾンゲリア』(1981) や 『ジェイコブス・ラダー』(1990) 、
謎の男カイザー・ソゼを巡るミステリー 『ユージュアル・サスペクツ』(1995) あたりが有名ですね。
それから、SF映画の金字塔 『猿の惑星』(1968) も。

【追記】 Twitter の皆さんからの情報ですが、 『テキサスの5人の仲間』 、 『ふくろうの河』 、
 ビリーワイルダーの 『情婦』 、 『永遠の子供たち』 、 『記憶の扉』 などもおすすめの作品だそうです。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!


jetlink_roki at 17:19│カテゴリ_01:映画/movie