2010年11月15日

HEADGOONIE 10周年スタジャン Ver.JETLINK 【素材編】

(前回の続き) HEADGOONIE 10周年スタジャン Ver.JETLINK が完成しました。
ブランド10年を迎えたボクらが、自信を持ってお勧め出来る逸品です。

こちらのスタジャン、見た目はクラシカルなデザインですが、素材には様々な工夫が
凝らされています。 今回は、その 「素材&機能性」 を紹介させていただきます。
sta_a5
最初に紹介するのは、スタジャンのインナー素材。 普通は通常の綿 (ワタ) が入るのですが、
こちらには、 「保温性の高い化学繊維シンサレート」 を入れました。
ビックリするくらい軽量で、暖かいハイテク素材です。 昔のスタジャンのようにズッシリ重くなりません。
スタジャン内ポケットには、「極悪海賊ブラックベアード」 (海賊黒ヒゲ) をモチーフにデザインされたタグが付きます。 その下に、「シンサレートの証」 ともいえる 「シンサレート・ネーム」 が付きます。
スタジャン本体の素材には、「高圧縮ウールのメルトン地」 を使用しました。
インナーの 「シンサレート素材」 と合わせて、寒い冬の季節も軽く暖かく着用いただけます。
sta_a6
スタジャンの要ともいえる 「リブ部分」 には、有もののリブを使わず、糸の段階から厳選しました。
栃木県にあるニット工場で、ニット職人さんの手によってしっかりと丁寧に編まれます。
リブ一つを取っても、日本の職人の繊細な技術を垣間見ることができます。
sta_a7
袖、ポケット部分には、 、「高品質のカウレザー」 を使用しました。
「軽くて若い牛革」 を採用しているため 「え?レザー?」 と驚くくらい軽く、目の細かい上質な革です。
今回紹介の 「高圧縮メルトン地」「シンサレート素材」「高品質のカウレザー」
3素材によって、昔ながらのスタジャンの欠点ともいえる 「重さの問題」 を解消しました。
革の目が荒く、あのズシっとして着てると肩がこる感じはほとんどありません。

※現在、受注オーダー受付中。 http://www.jetl.com/hg10_sta.html
 市川市の JETLINK Show Room で、実際のMサイズをご試着出来ます。
 この先10年20年、それこそ一生モノとして、長い間愛用できる最高のスタジャンです。


jetlink_roki at 16:18│カテゴリ_01:製作エピソード