2010年11月07日

ゴダールのSF映画 『アルファヴィル』

ジャン=リュック・ゴダール監督のSF映画 『アルファヴィル』 のDVDを鑑賞。
11_movie01
映画公開は、同ゴダール監督の名作映画 『気狂いピエロ』 と同じ1965年。
セットは一切使用せず、当時のパリの風景をそのまま未来都市に仕立てたそうです。
当時の旧式車も、ブラウン管TVも、ゴダールの手にかかれば不思議と未来調に見えてしまいます。
ハードボイルドSFの世界を舞台に、文明社会を痛烈に批判した実験的な作品でした。
11_movie02
主演のフランス人俳優エディ・ コンスタンティーヌが演じた諜報員役レミー・コーションは、
当時のフランス映画 『左利きのレミー』 などを代表とするハードボイルド探偵レミー・コーション
の役柄そのままの設定だそうです。
同ゴダール作品の 『気狂いピエロ』 にも主演の大好きなフランス人女優、アンナ・カリーナが
演じるナターシャのセリフ 「わたしはあなたを愛している」 を聞いて、楳図かずおの名作漫画
『わたしは真吾』 を連想してしまいました。 楳図先生もこの作品に影響を受けたのかも。

近未来の世界を通して現代文明を批判したSF作品の代表格といえば、ジョージ・オーウェルの
小説 『1984年』 (1948) 。 それに続くようにキューブリックの 『博士の異常な愛情』 (1964)、
ゴダールの 『アルファヴィル』 (1965) 、トリュフォーの 『華氏451』 (1966) 、 『猿の惑星』 (1968)、
『2001年宇宙の旅』 (1968) 、テリー・ギリアムの 『未来世紀ブラジル』 (1985) ...
80年代に公開の 『ブレードランナー』 で現時点での到達点に達した感がありますけど。
こうやって挙げてみると、SFの名作は60年代に作られたものに多いですね。
精神世界を描いたタルコフスキー監督のSF映画 『惑星ソラリス』 (1972) も名作です。
1984_a1
”1984” Big Brother ジップパーカー (http://www.jetl.com/roki_1984a.html

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング登録中です。 一日ワンクリックお願いします!


jetlink_roki at 19:28│カテゴリ_01:映画/movie