2009年07月22日

HEADGOONIE Tシャツ学校 in 中目黒

先週末、中目黒にて 「HEADGOONIE Tシャツスクール」 が開催されました。
私は、今回のトークショーのゲストとして呼んでいただき、
下北沢での第一回目以来、久々の参加になりました。
暑い中、来てくれた生徒の皆さん、スタッフ皆さん、ご苦労様でした。
中目黒EVERY TOKYO
オオヤギさんの友達ユウさんのお店&カフェ 「EVERY TOKYO」 が会場。
HEADGOONIE Tシャツスクール1
当日は、暑いわ道に迷うわで、会場に着いた頃には既に皆さん揃ってました。
2部のトークに間に合えば大丈夫ですが、せっかくなので授業も受けたいですよね。

【第一部】 シルクスクリーンを使って、Tシャツにプリント実践編
HEADGOONIE Tシャツスクール2
今回は、ちょっとトリッキーな赤&青のグラデーションプリントです。
最初に講師のオオヤギさんが、プリント実践&専用ツールの解説。
ここのスキージーはダメ、ここのは良い...という風にダイレクトで参考になります。
まずは、インクがシルク版に馴染むように、新聞紙の上で試し刷りをします。
試し刷りをすることにより、Tシャツに乗るインクの量が安定します。
HEADGOONIE Tシャツスクール3
その後、版の裏側をインクが付かなくなるまで拭いてから、実際にTシャツにプリント。
この時のスキージーの使い方にも独自のコツがあって、こちらも参考になりました。
学生時代に本を読んでも上手く行かなかった、数々の疑問点がほぼ解決しました。
HEADGOONIE Tシャツスクール4
刷り終ったら、ドライヤー&アイロンで乾燥させて完成です。
赤と青のバランスが絶妙なセッズモチーフの ”DANCE” Tシャツです。
HEADGOONIE Tシャツスクール5
この後は、生徒の皆さんが一人ずつ手刷りのTシャツプリントに挑戦。
乾きの早い水性インクを使用してますので、3人終わるごとにシルク版を一度洗います。
それぞれ、背中や好きな場所にプリント。 カスレや、ズレが出たりするのも
手刷りならでは一点物の証です。 完成した自分だけのTシャツは、お持ち帰り。

【第二部】 Tシャツについてのトークショー編
HEADGOONIE Tシャツスクール6
休憩を挟んで、Tシャツの製作&販売についてのトークショー
(左) 講師のHEADGOONIE オオヤギみきさん、 (右) JETLINKの渡辺純
JETLINKを立ち上げた経緯から、HPを使っての販売方法などのトーク。
HEADGOONIE Tシャツスクール7
「Tシャツを長渕剛の曲で例えると?」 など、無茶なフリもありましたが、
オオヤギさんのスムーズな進行のおかげで、なかなか上手くいったとおもいます。
HEADGOONIE Tシャツスクール8
イベント終了後は、皆で飲んだり食べたり。
いつものメンバーや、今回初めての方など、沢山の人とお話できて楽しかったです。
中には、はるばる岡山から泊りがけで来られた方も。ご苦労様でした。

こちらのイベント、参加費はTシャツ代くらいなんです。 儲かってるのかどうか謎ですが。
これ見て気になった方は、次回はぜひ参加してみてください。
http://www.tokyo10-45.com/


jetlink_roki at 16:04│Comments(0)TrackBack(0)│カテゴリ_01:製作エピソード 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔