2009年06月16日

手塚治虫展

両国の 「江戸東京博物館」 から、コンニチハです。
両国の江戸東京博物館
家から近い場所ですが、今まで特別に用事も無かったので、今回が初の下車です。
さすがは両国ということで、普通に力士の方をチラホラ見かけました。
チョンマゲの人が、BOOK OFFで立ち読みしてたり、慣れないと異様な光景です。
手塚治虫展
目的は、そろそろ終わりそうな 「手塚治虫展」 です。
館内は、外国からの観光客で賑わってましたが、比較的空いていて観やすかったです。
うわさの 「手描き原稿の修正箇所」 をチェックしてみたり、
幻となった 『火の鳥』 の現代編 (大地編) の草稿を読んだり、

病床の朦朧とする意識の中、うわ言の様に言った、
「たのむから仕事をさせてくれ」 ...が最後の言葉だったとか。
手塚治虫の創作姿勢に尊敬の念と思いを馳せて、会場を後にしました。

期間は、21日(日) までですので、ぜひお出掛けください。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/


jetlink_roki at 16:26│Comments(0)TrackBack(0)│カテゴリ_01:ほのぼのライフ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔