2009年02月03日

一生懸命作ってるのはわかりますが

先日、 『20世紀少年<第1章>』 (TV編集版?) を観ましたが、
途中の 「刑事チョーさん暗殺シーン」 で、耐えられずにギブアップ。
レンタルしてきた 『LOST』 の続きを観みることに。
ちょっと演出が過剰に感じました。 まるで安っぽいホラー映画のような。
キャストも、原作のキャラクターと似てる有名人を無理矢理に集めたかの
配役で、顔が漫画の絵と似てないとダメなんでしょうか?

製作費60億円といえば、海外だったら 『マトリックス』 クラスです。
きっとチョーさん暗殺シーンで、2億円くらい使ってるんでしょう。
現在わが国が誇る、日本最高クラスの映画といっても過言ではない
この作品を観て、今後の日本を背負っていく若い子たちは、

「今まで観た映画の中で一番!」

...と、テレビCMで感動の涙を流すのでしょうか?
<第2章>は、劇場で観てみようかな? と思ってましたが、TSUTAYAで
『マクロス劇場版』 でもレンタルしてきたほうが良さそうです。
※TV編集版は、劇場版とは違うらしいですし、感想は人それぞれですけど。

*
話は変わって、先日ブログで 『銭ゲバ』 の話題を書いたところ、
知り合いの出版社の方から、非売品のポスターが届きました。
とくに松山ケンイチファンではありませんので、嬉しいような...
数少ない銭ゲバグッズとして、大切にさせていただきます。
*
幻冬舎文庫から、ジョージ秋山 『銭ゲバ』 、 『アシュラ』 好評発売中です。
『アシュラ』 のほうは、さすがにドラマ化は無理だと思います^^

現代になって、このような過去の作品が見直されているのは、今の時代の風潮
(景気に対する国民の抱く不安感など) に、作風が反映してるからでしょうか?
この機会に昔に読んだ、水島新二の 『銭っ子』 も復刊してほしいです。
あと、 『銭ゲバの娘プーコ』 も。


jetlink_roki at 16:57│Comments(2)TrackBack(0)│カテゴリ_01:書籍/books 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by コザック荒井   2009年02月06日 11:16
水島新司の『銭っ子』(笑)

自分は最初、日テレで『銭ゲバ』をやるっていうのを友達に聞いて「ついに水島マンガドラマ化かぁ〜」とつい最近までまぢで勘違いしていました。
2. Posted by JETLINKワタナベ   2009年02月06日 14:06
◎コザック荒井さん
似てますよね〜。
他にも勘違いしてる人いますよ、きっと^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔