2008年05月10日

「長鳴き鳥」の品評会 in 新潟

GWは、こっそりと実家の新潟に帰ってました。
近くの 「弥彦山」 まで数年ぶりの登山へ。 (結局、雨のため登山は中止に)

弥彦山といえば、島田荘司の著書 「占星術殺人事件」 にも登場した
日本列島のほぼ中心に位置する山です。
(日本列島を 「弓」 に例え、中心の 「矢を引く=弥彦」 位置にあることから銘々されたという説も)

その山の麓で開催された 「長鳴き鳥」 の品評会の様子です。
全て1等賞に選ばれた最強の鳥たちです。 ※注意) 鳥ばっかです。

*
ブラックサタン。 写真では伝わりませんが、かなりの大きさです。
中型犬くらい。 まともに闘ってもまず勝てません。

*
高級卵を産む 「鵜骨鶏」(うこっけい) 。
フワフワ真っ白の綿毛に、刺し色のブルーが素敵です。

*
ブラウンシュガー。 茶色のニクいやつ。

*
ブラックマンバ。 なぜか頬がブルー。

*
ホワイトシュガー。
一見、普通のニワトリっぽいですけど、良く見るとどこかがちょっと違います。
黄色い足がカワイイ小型種です。

*
マーブルちゃん。

*
ミックスちゃん。

*
さすが、「長鳴き」 だけあって、かなーり長く鳴きます。

*
ラズベリーちゃん。 これをマトモに見た子供が激しく泣いてました。

*
黒い鵜骨鶏。 どんな色の卵か?ちょっと気になります。

「弥彦のシカ編」 に続く⇒


jetlink_roki at 21:25│Comments(0)TrackBack(0)│カテゴリ_01:ほのぼのライフ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔