2008年02月02日

人生の交差

*
ハンソロといえば、ハリソン・フォード主演の 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 。
製作発表からずいぶんと待たされましたが、いよいよ今年公開です。
前作 「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」 から19年後の1957年が舞台。
「最後の聖戦」 が1989年製作で、実際にも19年が経過してるそうです。(Wikipediaより)

*
それを聞いて思い出したのが、ジョン・カーペンターの映画 「ニューヨーク1997」 。
その続編 「エスケープ・フロム・LA」も、設定でも実際にも16年が経過してるんです。

スネーク・プリスケン役のカート・ラッセルしかり、ロッキー・バルボア役のスタローンもしかり、
映画と人生のクロスオーバーを感じさせられます。 夜の夢こそまこと。


jetlink_roki at 16:30│Comments(0)TrackBack(0)│カテゴリ_01:映画/movie 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔