2017年08月

2017年08月22日

津軽の旅再び(2)〜秋田県大館市こけし工人今晃さんを訪ねて

【速報_01】 近未来SFノワール映画の金字塔『ブレードランナー』のブルーレイ発売に合わせて、JETLINKから新作Tシャツ&スウェットシャツのリリ−スが決定しました!
08_goods02c
最新情報はJETLINKのインスタにUPしますので、この機会にぜひフォローください!
https://www.instagram.com/jetlinkmovie/

【速報_02】 8月23日(水)〜9月5日(火)まで、新宿伊勢丹本館5階にて、『伝統こけしの本』出版記念イベント「Isetan こけし展」が開催されます。
08_book01f1
また、8月27日(日)18:00より、著者の萩原健太郎氏×JETLINK渡辺純によるトークショーが開催されます。※ご観覧は無料です。会場では伊勢丹限定「EAMES/イームズこけし」など販売予定です。この機会にぜひご来場ください。
イベント詳細は、伊勢丹リビングFacebook からどうぞ

(前回の続き)津軽旅行の二日目は、黒石市から車を走らせること約一時間...
07_life06a
秋田が誇る天然記念物、秋田犬(あきたいぬ)所縁の大館市に到着しました。
07_life06e
「秋田犬会館」(秋田犬博物室)にて、大きなワンちゃんたちとふれ合った後は、同大館市にお住まいの津軽系こけし工人、今晃さんのお宅に二年ぶりの訪問です。
青森県黒石市温湯温泉(1)〜大館市こけし工人今晃さんを訪ねて
07_life07a2
直前の連絡にも関わらず、今旅の思い出にと、可愛いこけしを作り置いていただいてました。小松五平型こけし、今さんの散歩コースで見かけた野苺を胴模様に描いた本人型こけし、修行二年目の石川さんの珍しい本人型こけしも分けていただきました。

今回はお弟子さんの石川さんも交えて、今晃さんと縁の深い斎藤幸兵衛、秋田時代の小松五平、長谷川清一、樋渡治一のラグビーこけし(※描彩は今さんが木地挽きを師事した大類連治)、岩手県一関の宮本永吉、雑系と呼ばれた喜多方の小椋千代五郎&小椋甚九郎親子のこけしなど、昭和一桁の時代に製作された古品こけしを何本か持参しました。これらが当時どのような環境において、どのような意図で作られたのか、使用された木材、筆や染料の種類についての考察など、今さんのご意見をお伺いしているうちに、気がつけばホテルのチェックインぎりぎりの時間でした。

りんごの生産量が日本一を誇る青森県の弘前市では、
07_life09a
「りんごのまち弘前」の名が示すとおり、郵便ポストや、道路のカーブミラー、マンホールの蓋など、街の至る場所でりんごのモチーフを発見しました。
07_life09d
りんご好きが集う聖地こと、「弘前りんご公園」にやって来ました。何処までも果てしなく広大な公園の背景には、津軽富士とも呼ばれる、日本百名山に選定された岩木山(いわきさん)の風景が広がります。
07_life09f
今の時期は、ふじ、王林、夏緑など、様々な朝採れリンゴの品種を試食してみたり、
07_life09c
写真のように津軽林檎ガールのコスプレをして、リンゴの収穫体験も楽しめます。売店ではりんご関連グッズの品揃えが多かったので、いろいろなお土産を購入しました。
07_life09b
以上、弘前りんご公園でした。りんごのファンタジーはもうちょっと続きます...

07_life08b
二日目の宿は、弘前市の「南田温泉ホテルアップルランド」です。またリンゴ(笑)
最初に驚かされるのは、建物の中央に聳え立ち、高々とリンゴを手にした全高16mもの巨大観音像です。林檎農園で財を成した人物が建設したなど、まことしやかに噂される秘宝館的な情緒に溢れたホテルです。
07_life08c
大量のリンゴが浮かんだ大浴場「苹果の湯」(※苹果は中国語で「りんご」という意味)と、「りんご露天風呂」もアップルランドの名物です。
07_life08e
リンゴの甘酸っぱい香りに、ぬるぬるした熱過ぎないお湯が心地良い、無色透明の弱アルカリ泉質の温泉です。ここまで大量のリンゴに囲まれると「そもそも林檎って何だっけ?」と、日常生活では考える機会の無かった哲学的な想いに駆られたりもします。
07_life08a
夕食は、林檎づくしのバイキング料理です。
ホタテのリンゴはさみ揚げに、林檎の冷製スープ、特製ローストビーフ&リンゴのコンフォート添え、林檎の玉子黄味和え、リンゴのフレンチトーストなど、大半の食材にリンゴが使われており、ある意味リンゴが苦手な人を一切寄せ付けないリンゴ界の聖域と巨大観音像に見守られながら、弘前の夜は静かに更けていくのでした...(続く)

jetlink_roki at 18:47|Permalinkclip!食&旅 | 玩具/kokeshi&toys

2017年08月04日

津軽の旅再び(1)〜青森県八甲田山の秘湯「酸ヶ湯温泉」

六本木ヒルズTSUTAYA TOKYO ROPPONGI、大阪枚方T-SITEにて、
06_goods05e
NINE Tシャツ ver.SINGIN' IN THE RAIN(雨に唄えば版カラー)が最終入荷しました。また、人気のCALL THE UFO Tシャツも全サイズ揃いました。TSUTAYAのお買物でTポイントも貯まります。この機会にぜひお出掛けください。 http://jetlinkmovie.com/

シベリア鉄道乗り換え、東北を目指します...
07_life04e
上野駅から新幹線に揺られること3時間〜新青森駅に到着。
二年ぶりに本州最南端にある夢の国へやってきました。
07_life04i
黒石市の「津軽こけし館」では、日本一のジャンボこけしにお出迎えされました。
07_life04h
津軽こけし館の名物ゆるキャラ「こけシケ子ちゃん」と、山田部長にご挨拶。ポケットこけしパークでいろいろと買い物をした後は...
07_life04b
浅瀬石川ダムに隣接する、道の駅「虹の湖公園」へ向かいます。この公園で一際目を惹くのが、津軽こけし(盛秀こけし)型の巨大な滑り台です。真っ青な空と緑の山とのコントラストが美しく、長旅で疲れた気持ちが癒されました。
07_life04a
二度目の来訪に既視感を感じながらも、その存在感に再び圧倒されました。また、危険な程のスピードが出るこの滑り台で過去に負傷者が何人か出たとか。
07_life04f2
黒石市の「民芸店おくせ」こと、こけし工人・奥瀬陽子さん宅に到着。今回は販売いただけるこけしが一本も無いとのことで、陽子さんご自身が保管されていた500番のナンバリングが入った貴重なこけしを頂いたり、初訪問にも関わらずとても親切にしていただきました。
07_life04c
道路の足元にも、津軽こけしを発見。
奥瀬陽子さん宅前にて、こけし柄のマンホール蓋です。
07_life04d
橋の上にも盛秀こと、盛秀太郎こけしのモチーフを発見。
本州の最先端にある夢の国では、至る場所がこけしのモチーフで溢れています。

八甲田山の山道をしばらく登ると、そこには...
07_life05b
一日目の宿は、八甲田山中にある名湯「酸ヶ湯温泉旅館」(すかゆ温泉)です。
07_life05g
日本有数または最大の豪雪地帯で(二年前に訪れた山形県の肘折温泉と一位二位を争うレベル)、標高925メートルの高地にたたずむ山の宿は、まさに秘湯と呼ばれるにふさわしい温泉でした。>肘折温泉(2)肘折温泉街〜下駄の音響く朝市編
07_life05c
東北情緒に溢れる館内の風景です。昭和29年に数ある全国温泉のモデルケースとして「国民保養温泉地第1号」の指定を受け、現在も長期の病気療養などで湯治客が訪れます。
07_life05e
また青森では、駅構内、旅館、お土産屋など、あらゆる場所にねぷたのオブジェを見かけました。世界的に有名な版画家の棟方志功も酸ヶ湯温泉を愛して何度も訪れ、館内に多数の作品が展示されています。
07_life05i
こちらが、酸ヶ湯温泉名物の「千人風呂」です。(HP写真より)総ヒバ造りの雰囲気ある巨大な建物には、「熱の湯」と「四分六分の湯」の大きな浴槽が二つあります。
07_life05d
お湯は緑がかった乳白色で、硫黄の臭いが強く、泉質は強い酸性です。酸ヶ湯のネーミングそのまま酸っぱい味で、誤って目に入ると痛みます。
07_life05a
館内には、有名なJRの「ヒバ千人風呂」ポスターが展示されてました。今年5月に訪れた秋田県の泥湯温泉と同様に男女混浴とのことで、女性は専用の浴衣を着用して入浴します。初の混浴にドキドキしながら入ったら...お爺ちゃんしか居なかったというオチで。
07_life05f
宿泊部屋にて、津軽ではパンもこけし型です。
青森市のパン屋さん「リトルプリンセス」名物のこけしパン。
07_life05h
津軽旅行の一日目が終わり、八甲田山の夜は静かに更けて行きます...
津軽の旅再び(2)〜秋田県大館市こけし工人今晃さんを訪ねてに続く

jetlink_roki at 17:13|Permalinkclip!食&旅 | 玩具/kokeshi&toys