2015年12月

2015年12月20日

変身。蒼白き月に咆哮、荒野を彷徨するケダモノの類。THE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKET(3)パーツ編

12_movie01
年末はバタバタしており、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』なかなか観に行けません。SW今昔がこちら。レイア姫ことキャリー・フィッシャー衣装のシワに至るまで再現度が高いです。 Star Wars Then And Now http://www.demilked.com/now-then-star-wars-cast-actors/

年に一度のJETLINK最新版アウター 「THE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKET」 が完成しました。チューバッカをイメージ...ではなくて、西洋の怪物狼男をモチーフにしたMA-1です。製作エピソード第三回目は、こだわりの「パーツ」について解説させていただきます。
ma1_1h
15_ma2a
15_ma1h
THE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKETの左右ポケットには、「狼男への変身過程」をイメージして、ポケットの中から狼の毛をイメージしたファーが少しだけはみ出す(5mm〜10mm程度)デザインとなっています。防寒機能の高いファー素材をポケット内部に採用したことで、前回の秘密の裏地に引き続き、ポケット部分にも大胆でありながら実用性に富んだJETLINK独自の意匠を取り入れています。
ma1_1g
15_ma1i
ニット製のリブは既成品ではなく、このMA-1用オリジナルとして国内老舗のニット工場で編み立てた高品質なリブを採用しています。リブが二段構成になっているオリジナルの伝統的ディテールは残しつつ、長く着込んだヴィンテージ古着MA-1の様なゆったりした絶妙なシルエットで仕立てました。ニット素材は、ウールの混率を高め、ナイロンとポリウレタンでゴムの力を補強することにより、長く愛用いただいても破れや伸びが出にくい耐久性に優れた作りとなっています。
ma1_1i1
15_ma1j
全てのファスナーには、「WALDES社製の別注品ヴィンテージ型ファスナー」を採用しました。 「鷹の爪が喰い込むが如く噛み合う」のフレーズで古着ファンにも親しまれ、ヴィンテージレトロの一級品と定評が高いデザインと耐久性ともに優れた製品です。このファスナーに、長く使い込むほどにアンティークのような風合いの出るオーバーダイ加工、バイオウォッシュ加工など、各種ヴィンテージ加工を施しています。ファスナー引き手部分は、日本製の牛革を加工して作成したオリジナルの引き手を使用しました。末永くご愛用いただいてご自分だけの経年変化をお楽しみください。
ma1_1j2
15_ma1k
太平洋戦争が勃発した一方で、アメリカ映画の製作本数はピークとなり、ハリウッドが黄金時代を迎えようとしていたのが1940年代の前半。40年代後半頃から各家庭にテレビが普及することによって映画産業は衰退することになりました。種々多様なモンスター映画が生まれた1940年代における時代背景や社会情勢をイメージしつつ、今作MA-1のメインビジュアルとなるオリジナルイラストレーションを描き下ろしました。レトロな雰囲気で仕上げた「狼男イラストレーションタグ」が内ポケット下部分に付きます。
15_ma2h

top_ma1
2016年最新版のアウターTHE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKETが完成。「都市生活におけるフォークロア」(民間伝承、民俗風習、都市伝説)をテーマに掲げて、開発に一年の歳月を費やして製作しました。中世ヨーロッパにおける民間伝承に内在する伝統的怪物をデザインコンセプトとして、斬新でありながら実用性に富んだデザイン、伝統的意匠を取り入れながらもアウターとしての機能性を特化、現代の都市生活に対応なし得る”現在進行形のMA-1ジャケット”としてアップデートしました。メイド・イン・ジャパンが誇る巧みの技術を凝縮した逸品をお楽しみください。 THE WOLFMAN TYPE MA-1 JACKET詳細−NEW!

jetlink_roki at 20:28|Permalinkclip!物々/goods | 製作エピソード

2015年12月17日

映画『市民ケーン』(1941)”CITIZEN KANE” T-SHIRTS

大好評をいただいている『市民ケーン』こと ”CITIZEN KANE” Tシャツが復刻しました!最新作では、A. 初回限定色ディープパープルと、B. 新色ヘザーグレーの2色が加わり、そで部分には映画に登場する重要なキーワード「ROSE BUD/ばらのつぼみ」ワッペンが輝きます。
kane1a
A. 初回限定色ディープパープル。
写真で実際のカラーを再現するには限度がありますが、嫌味の無い深く秀逸な紫色です。Tシャツ用としては最も太い「16番手の糸」でガッチリと密に編みこまれた堅牢な生地は、長く着込んで洗濯を繰り返すうちに、緩やかに色落ちしていき、ヴィンテージの古着Tシャツを髣髴させる雰囲気の経年変化が楽しめます。
kane2a
B. 今回の新色ヘザーグレー。
リクエストを多くいただいた、スウェットとお揃いのヘザーグレーは、カレッジ調をイメージしました。こちらもガンガン着込むことで、本物の古着の様な風合いをお楽しみいただけます。
kane3a
C. そして、定番カラーのスミブラック。
普通の真っ黒ではなく、少し着古したような雰囲気のある墨色です。このカラーも長く着込む程に、雰囲気のある経年変化をお楽しみいただけます。
kane1b
映画の冒頭部分に登場する 『CITIZEN KANE』 のタイトルロゴを、1940年代の技術で製作された当時の手描き題字ならではの「黄ばんだ風合」や「文字体の歪みや崩れ」をほぼ忠実に再現しました。こちらのプリントには作品に因んで、Tシャツを長く着込んで洗濯を繰り返す程に、生地目に合わせて古着プリントのようなヒビ割れが生じる 「特殊ビンテージ古着加工プリント」 を施しました。本物のビンテージ古着Tシャツのような風合いと経年変化をお楽しみいただけます。
kane2b
プリントの素材には、人体や環境にも優しいこだわりの 「水性顔料」 を使用しました。1970〜80年代に生産されたNIKE社を始めとするスポーツウェアやTシャツに採用されたプリントを分析研究して、古きよき当時の本物により近い製法のプリントとして仕上げることに成功しました。製造はメイド・イン・ジャパン国内生産にこだわり、東京下町を始めとする国内の老舗工場で行われます。熟練したプロ職人がJETLINK特注の 「特大シルクスクリーン製版」 を使用して一枚一枚を丁寧に手仕事(手刷り)で仕上げています。
15_kane1d

kane3d
Tシャツ袖(そで)部分にはワンポイントで、映画『市民ケーン』作中に登場する重要なキーワード ”ROSEBUD”(バラのつぼみ) をモチーフにしたワッペンが付きます。土台となるフェルト生地も40sのオールド調な雰囲気を出すために別注のグレー生地(通常は白地)で製作しました。刺繍(ししゅう)の町こと群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か25mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げました。メイド・イン・ジャパンの純国産です。小さいパーツながらもこだわりの逸品にご注目ください。
15_kane1b

kane3ckane2c
15_kane1c

top_kane1a
1941年に公開されたオーソン・ウェルズ監督による不朽の名作映画 『市民ケーン』をテーマにした ”CITIZEN KANE” Tシャツが完成。袖(そで)部分にはワンポイントで、作中に登場する重要なキーワード”ROSEBUD”(バラのつぼみ)ワッペンが付きます。こだわりのプリントには、長く着込む程に古着のようなヒビ割れが生じる「特殊ビンテージ古着加工プリント」仕様で仕上げました。 ”CITIZEN KANE” T-SHIRTS/『市民ケーン』Tシャツ詳細−NEW!

jetlink_roki at 22:10|Permalinkclip!物々/goods 

2015年12月13日

変身。蒼白き月に咆哮、荒野を彷徨するケダモノの類。THE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKET(2)変身編

2016年の最新版アウターTHE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKETが完成しました。
第二回目は、秘密のギミック「変身」について解説させていただきます。
ma1_img2
ma1_1b1
15_ma2c
ma1_1c
15_ma1d
【裏地の秘密1】 MA-1前身の裏地には、狼をイメージしたシルバーウルフカラーの高品質な「レーヨンシール・フェイクファー生地」を採用しました。防寒機能に優れたファー生地の裏側にもう一枚「パイル生地のグラインド素材」を重ねることで、真冬でも冷たい風を通しにくい高保温性能を特化させています。大胆なディテールでありながら、実用性に富んだJETLINK独自の斬新なデザインを取り入れることにより、伝統的アーミージャケットのスタイルを現代型にアップデートさせています。
15_ma2e
ma1_1d
15_ma1e
【裏地の秘密2】 MA-1のインナー素材には、「3Mシンサレート高機能中綿素材」を内蔵しました。3M社が化学分析に基づいて開発した、真冬の寒さにも耐えうる世界水準のグローバル防寒素材です。優れた機能性を誇るシンサレート仕様の証明として「3M社のオフィシャルタグ」が内ポケットの下部分に付属します。
ma1_1e
15_ma1f
【裏地の秘密3】 MA-1の後身頃の裏地は、豪華な「オリジナル狼男ファブリック」仕様となっております。1941年に公開された映画「狼男」に登場した”あの森で起きた狼男事件の情景”をモチーフに、人気アニメ『かよえ!チュー学』(かよチュー)などで活躍中のイラストレーターJUN OSON(ジュン・オソン)氏にイラストを担当いただきました。シンプルで実用的な表地の軍物生地とは相反するように、鮮やかなシャイニング・グリーンのカラーリングに、大胆なデザインが目を惹くオリジナルテキスタイルとして仕上がりました。中世の情景を連想させる幻想的かつ詩的な作品のイメージとPOPな印象を同在させることによって、JETLINK独自の美学を追求した世界観を表現しています。
15_ma2f

top_ma1
2016年最新版のアウターTHE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKETが完成。「都市生活におけるフォークロア」(民間伝承、民俗風習、都市伝説)をテーマに掲げて、開発に一年の歳月を費やして製作しました。中世ヨーロッパにおける民間伝承に内在する伝統的怪物をデザインコンセプトとして、斬新でありながら実用性に富んだデザイン、伝統的意匠を取り入れながらもアウターとしての機能性を特化、現代の都市生活に対応なし得る”現在進行形のMA-1ジャケット”としてアップデートしました。メイド・イン・ジャパンが誇る巧みの技術を凝縮した逸品をお楽しみください。 THE WOLFMAN TYPE MA-1 JACKET詳細−NEW!

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!物々/goods | 製作エピソード

2015年12月11日

変身。蒼白き月に咆哮、荒野を彷徨するケダモノの類。THE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKET(1)コンセプト解説編

15_ma1a
昨年末の未来型スタジャンに引き続き、2016年の最新版アウターが完成しました。
最新作もメイド・イン・ジャパンの技術にこだわり、デザインから素材選び、全国各地の老舗工場の熟練職人の手仕事による縫製作業に至るまで、全てを国内生産で仕上げています。現段階でなしうる限りのデザインコンセプト、徹底した素材選び、匠の技術を凝縮した逸品をお楽しみください。
ma1_1a
15_ma1b
「都市生活におけるフォークロア」(英:folklore、民間伝承、民俗風習、都市伝説)をテーマに、JETLINK×HEADGOONIEが開発に一年の歳月を費やして製作した最新作は、中世の伝統的怪物 ”狼男” をモチーフにしたTHE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKETです。 中世ヨーロッパにおける気候風土・人々の生活・文化・風習・宗教などに根付いた民間伝承に内在する伝統的怪物、および怪物伝説が生み出された時代背景をデザインコンセプトの主軸として、 伝統的意匠を取り入れながらもアウターとしての機能性を特化、現代の都市生活に対応なし得る”現在進行形のMA-1ジャケット”としてアップデートしました。
15_ma2d
まず始めに、中世ヨーロッパで狼男伝説が生まれた背景とは...
ma1_img1
15_ma1c
古くからヨーロッパの農村地帯では自然に強いライ麦の栽培が行われおり、農村地帯の人々はこのライ麦から作られたパンを主食にしていた。ライ麦などイネ科の植物がかかる病気の中に子房内に黒紫色の菌核を形成させる「麦角病」という植物病がある。その麦角病の菌核には「麦角アルカロイド」という毒素が多量に含まれており、視覚や聴覚などの異常感覚、さらには不安や恐怖などの精神的な錯乱などを引き起こす事が知られており、このような精神錯乱に陥った姿が農民達に狼男として見られた可能性が考えられる。実際にライ麦の栽培地域と「狼男伝説」の存在した地域は一致する。その後、広大な地域の基本食品として、ライ麦に取って代わりジャガイモが普及してくると、この狼男伝説は減衰の意図を辿っていくのである。
15_ma2b
ma1_img2
2015年12月11日(新月の夜)20:00より、予約受付開始。
2015年12月25日(満月の日)より、順次配送予定。


top_ma1
2016年最新版のアウターTHE WOLF MAN TYPE MA-1 JACKETが完成。「都市生活におけるフォークロア」(民間伝承、民俗風習、都市伝説)をテーマに掲げて、開発に一年の歳月を費やして製作しました。中世ヨーロッパにおける民間伝承に内在する伝統的怪物をデザインコンセプトとして、斬新でありながら実用性に富んだデザイン、伝統的意匠を取り入れながらもアウターとしての機能性を特化、現代の都市生活に対応なし得る”現在進行形のMA-1ジャケット”としてアップデートしました。メイド・イン・ジャパンが誇る巧みの技術を凝縮した逸品をお楽しみください。 THE WOLFMAN TYPE MA-1 JACKET詳細−NEW!

jetlink_roki at 19:14|Permalinkclip!物々/goods | 製作エピソード

2015年12月06日

映画『狼男アメリカン』(1981)、マイケル・ジャクソン『スリラー』PV(1983)、狼男のMA-1発売が決定!?

狼男を題材にした映画といえば...
小学生の頃に観たジョン・ランディス監督の『狼男アメリカン』(1981)が最も印象深い作品です。
12_movie01a
各家庭にビデオデッキが普及してなかった1980年代前半の話。ホラー映画好きの同級生たちでビデオデッキのある友人の家に集まり、人間から狼への変身シーンを何度も繰り返し鑑賞しました。特殊メイク担当のリック・ベイカーによるギシギシと骨が軋む痛々しい変身場面は当時の特撮では画期的だったそうです。
12_movie01d
映画の公開から30年以上経過した現在、数年ぶりに鮮明なブルーレイの映像で鑑賞しましたが、あの頃の魅力は全く色褪せてませんでした。ブルーレイ版の特典として、当時を振り返るドキュメンタリー映像が収録されており、こちらも本編と合わせて楽しめました。
12_movie01b
この映画を観て感動したマイケル・ジャクソンがジョン・ランディス監督に依頼したのが有名な「スリラー」(1983)のPVでした。結果、完成した映像は後世に残る名作となりました。こちらのPVも友人の家のビデオデッキで何度も繰り返し観た思い出深い作品です。
11_life04
JETLINKの狼男ことチーバくんです。

...そして本題。
ma1_img2
年に一度のお楽しみ!
JETLINK×HEADGOONIEがお送りする2016年の特別版アウターは、なんと狼男をモチーフにしたMA-1です。昨年末の未来型スタジャンから、一年もの開発期間をかけてビックリするようなアウターを製作しました。今月の「新月の日」に予約受付を開始、今月の「満月の日」にお届け予定です。お楽しみにどうぞ。 THE WOLFMAN TYPE MA-1 JACKET詳細−NEW!

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!映画/movie | 製作エピソード

2015年12月03日

”STANLEY” SWEAT SHIRTS 2016年最新版解禁!

時は1980年代。映画『フルメタル・ジャケット』撮影時、その映画人生も晩年にさしかかる頃のスタンリー・キューブリック監督をモデルにした、”STANLEY” HOODIE SWEAT SHIRTS 2016年の最新版が解禁となりました。
stanley_1b
最新版では、HAL9000ワッペンの位置を左袖(そで)部分に変更。古着チャンピオンスウェットのCマークと同位置に付きます。スウェット素材もチャンピオン社などで採用された高品質なリバースウィーブ仕様です。
stanley_1d
名作SF映画に登場した”暴走コンピューター”がモチーフです。 コンピューターのレンズ部分には、「4色の光沢刺繍糸」 (シルバー、赤、オレンジ、黄) を使用。円を描くように回転させながら刺繍 (ししゅう) することによって、レンズ独自の ”奥行き感” と ”質感” を表現しました。刺繍糸の選別から、土台となる灰色のフェルト素材に至るまで、全てJETLINK特注で製作しています。僅か25mmのワッペンを ”刺繍の町” 桐生市の老舗工場で緻密に縫い上げたメイド・イン・ジャパンの技術にご注目ください。
stanley_1e
最新版のもう一つの変更点は、染込みプリント。
古着調の薄いブラックの染込みプリントを生地の中に強めに染込ませることで、さらにヴィンテージ感を向上させました。1970〜80年代にかけて生産されたNIKE社を始めとするスポーツウェアやTシャツに採用された「染込プリント」を分析研究して、古き良き当時の本物により近い製法の染込プリントとして仕上げることに成功しました。製造はメイド・イン・ジャパンの国内生産にこだわり、東京下町を始めとする国内の老舗工場で行われます。熟練したプロ職人がJETLINK特注の「特大シルクスクリーン製版」を使用して一枚一枚を丁寧に手仕事(手刷りプリント)で仕上げています。
stanley_1g
最新版にも特典として、”STANLEY”バッジ5種(非売品)が付きます。
DRS=Dr. Strangelove、2SO=2001: A Space Odyssey、ACO=A Clock Work Orange...と、歴代の作品名を冠したバッジです。こちらも国産にこだわり、水濡れしても錆びにくいトップクラスの品質で作りました。

top_stanley1c
数々の名作を世界に送り出した映画界の巨匠監督をモチーフに ”STANLEY”スウェットシャツ(スウェットパーカー)最新版が完成しました。高品質なスウェット素材は、チャンピオン社のビンテージ古着などで採用された「リバースウィーブ製法」で仕立てました。古着調の薄いブラックを生地に染込ませて当時の風合いを再現したプリントには、こだわりの 「染込プリント」を使用、長く着込む程にプリントが生地に馴染みビンテージ古着の様な風合いをお楽しみいただけます。そで部分にキラリと輝くワッペンは、国内最高クラスの刺繍(ししゅう)技術で製作しました。現段階で可能な限りの素材と製法で製作された贅沢な逸品をお楽しみください。 ”STANLEY” SWEAT SHIRTS詳細−NEW!最新2016年版が完成!

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!物々/goods | 製作エピソード