2015年10月

2015年10月29日

宮城県鳴子温泉郷「第61回全国こけし祭り」旅行記

「もしもーし、千葉のワタナベと申します...いや、そっちの渡辺コウさんでもキンさんでもなくて、いつも兄妹で来てるあれですヨ〜(汗) 改めて今年もお世話になります。今旅でかれこれ四回目ですよー...いやいや、それを言うなら三度目ですって!長生きしてる割にはたまに変なコト言いますねぇ、アナタは(苦笑)
09_life09
...え?今回は何本買いましたかって?...うーん、何ていったらイイのか上手に説明できませんが、もはやあなた方を所有したいという気持ちよりも、今年も何事もなくこの場所に来れて皆さんにお会いできたことが何よりも嬉しいのですヨ。それから、鳴子ホテルのバイキングに温泉も(笑)それでは、もうちょっと街並みを観て周りますので、今晩のパレードも楽しみにしてますネ。深沢様にもヨロシクお伝えください...いえいえ!何をおっしゃるやら(苦笑)...ではでは〜」

今年9月に ”こけしの国” へ四度目の旅に出ました。
09_life02
「こけしの国へようこそ!」 (※合唱)
...こけしの妖精たちのささやきにじっと耳を傾けながら、鳴子の温泉街に一歩踏み入れば、ぷ〜んとする硫黄の香りで歓迎されます。
09_life03
こけし通りに並ぶ桜井明寛さんのお店。
店先に屹立する巨大なこけしは、大沼甚四郎の意匠をモチーフにしたもの。温泉街の至る場所で、こけしのモニュメントを目にすることができました。
09_life04
鳴子温泉名物の栗だんご。
つるんとしたお餅の中に栗が丸ごと1個入ってます。お祭の日でも、午後を過ぎると売り切れることがある人気のメニュー。故郷の新潟では、みたらしだんごは、醤油だんごと呼ばれます。
09_life08
鳴子郵便局と、高橋盛型こけしの郵便ポスト。
通常土日はお休みのところ、今回は臨時でOPENしてましたので、記念葉書に「こけしの風景印」を押してもらいました。
09_life10
鳴子駅前DX劇場の跡。
今年も取り壊されることなく残ってました。とあるこけし工人が学生時代に勇気を出して入店したところ、店内の巨大水槽に同級生で親友のお母さんが全裸で泳いでいたというトラウマ的な伝説があるとかないとか。
09_life14
こけし工人の大沼秀雄さん宅で、お昼をご馳走になりました。
ぴー爺さん(曽祖父の父をそう呼ぶそうです)大沼岩太郎氏のお話や、同級生で親友の高橋正吾さん、3つ年上だった桜井昭二さんと三人で大酒を飲まれたエピソードなど、在りし日の鳴子時代の貴重なお話を聞かせていただきました。
09_life07
老舗のこけし屋さん「高亀」にて。
谷内六郎氏が描彩したこけしと直筆の手紙。今回も新潟の父の友人で、高亀の親戚にあたる藤田さん夫妻と高橋正吾さんの御宅を訪ねました。2週間前に製作をお願いしていた「佐藤乗太郎型こけし」10本が既に完成してました。早い!
top_syogo1
早速ですが、「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」にて、今週末より頒布させていただきます。お見逃しの無いようにどうぞ。 高橋正吾作/佐藤乗太郎型こけし−NEW!2015年10月30日(金)20:00より頒布開始!

その一方、お祭りの会場では、
09_life05
今回も早坂利成さんが足踏みロクロでこけしの製作実演をされてました。
09_life06
...経て、完成品がこちら。
こちらも古鳴子こけし(高橋五郎氏所蔵品)の写しです。足踏みロクロ独特の遅い回転で磨かれたザラザラした木肌が美しいです。署名は、「足踏みロクロ 早坂利成 第61回全国こけし祭り」と入ります。
09_life13
旅の記念に、ここだけの一本を作っていただきました。
09_life01a
こけしの妖精あらわる!?
09_life01b 09_life01d
会場内にて、カゴに入ったかわいい子(略してカゴ娘。)を発見。
後で気付きましたが、えじこのコスプレですね。

そして、鳴子温泉の夜が更ける頃には...
09_life11
...ぞろぞろぞろ。
魑魅魍魎か、はたまた百鬼夜行か、ハリボテこけし軍団がお祭り広場に現れます。コケカキィキィ。
09_life12
パレードが始まるよ♪ 盛さん、もう少し横に動いてもらえますか?ゲストの久四郎さんはもうちょっと前に出てください。ちょっとちょっと!盛秀さんカメラに入ってませんよー...写真がぶれるくらいの激しい動きでハリボテこけしが街道を練り歩きます。こけしに興味の無い観光客からは、”奇祭”と呼ばれることもあるとか。
09_life15
夕食は、鳴子ホテル名物の豪華なバイキング。
09_life16
同じく、鳴子ホテル名物こけし柄の浴衣です。
現世が夢ならば、昼も夜もこけしの夢を...おやすみなさい。

jetlink_roki at 22:10|Permalinkclip!食&旅 | 玩具/kokeshi&toys

2015年10月27日

青森県黒石市温湯温泉(2)〜こけし工人嶋津誠一さん工房「嶋津木工品製作所」を訪ねて

(前回の続き)今年7月に三連休を利用して、青森県を旅してきました。
07_life04a
初めての土地に訪れた際は、まず近くのスーパーマーケットに立ち寄ってみます。時に変わったモノを発見したりしますので。地元の人からしたらフツーのパンなんでしょうけど。
07_life01k
大館のこけし工人今晃さんを訪ねた前回の記事と合わせてお楽しみください。
青森県黒石市温湯温泉(1)〜大館市こけし工人今晃さんを訪ねて
07_life04b
二日目に宿泊した宿は、アップルランド。
林檎農園で財を成した人物が建設したとか、まことしやかに噂される秘宝館的な情緒満載のホテル。リンゴを持った巨大な仏像とか、リンゴが大量に浮かんだ温泉などが名物。一日目の風情ある飯塚旅館とは打って変わり、ちょっと変な宿でしたが、ご飯もお風呂も良かったです。
07_life04c
田んぼアートで有名な田舎館村に到着。
12月公開の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』とタイアップした作品が公開されてました。お馴染みのC-3PO&R2-D2に加えて、新キャラクターBB-8の姿も。
07_life04d
七色七種の稲穂が風にそよぐ様はノスタルジックでいて儚くも美しく、写真ではその大きさや迫力を伝えることができないのが残念です。

中継地となる「津軽こけし館」からレンタカーを走らせること30分程...
07_life03b
今旅の目的地のひとつ、大鰐温泉の「嶋津木工品製作所」に到着しました。
嶋津家は藩政時代からの古い木地師の家柄で、大正〜昭和初期時代の嶋津彦作、嶋津彦三郎、現在の嶋津誠一さんと続く木工所です。在りし日の嶋津木工所では、長谷川辰雄、佐々木金次郎、山谷権三郎などの職人が日用雑貨や玩具を製作していました。
07_life03c
津軽地方独特の独楽(こま)「ずぐり」の製作風景です。
コマを回す縄も嶋津誠一さんご自身が縒って製作されています。
07_life03d
「温湯式」と呼ばれる胡坐をかいてロクロを回す津軽古式の製作法。
現在では、嶋津誠一さんと盛美津雄さんのお二人だけになりました。
07_life03e
こけしの絵付け風景。黄胴にピストルの撃たれ跡こと、一輪の花柄を入れていただきました。
07_life03a 07_life03f
嶋津さん訪問から数日後、嶋津木工所が火災で全焼されたとの知らせを受けました...8月4日に嶋津誠一さんの工房から出火、近隣10件が延焼、嶋津木工所や製麺所を含む4件が全焼、嶋津さん本人も右手に軽症のやけどを負って入院。その後、無事に退院されて命に別状はないとのこと。全国ニュースでも報道されたことから被害の甚大さが伺えます。
07_life03g
その報道から数日後、火災の前日にあたる8月3日の消印で嶋津誠一さんから小包が届きました。荷物の中身は、「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」の新作として頒布予定だった「嶋津彦三郎型こけしの試作品(※1)」を始めとするこけし達でした。嶋津さんにこけし製作をお願いした際に、「懐かしいなー、懐かしいなー」と嬉しそうにされていたお顔が、ほんの数日前のことでしたが懐かしく思い出されます。そこで、JETLINKとして考えたことは...
(※1) 『こけし辞典』共著者で『木の花』同人の箕輪新一氏、橋本正明氏が昭和40年代後半に復元させた大正期の嶋津彦三郎型こけしを約40年の歳月を経て再び製作いただいたものです。 大寸の頭部と胴体が継いであった不思議な木地形態まで当時と同じに復元いただきました。

07_life02a
津軽系こけし工人の阿保六知秀、正文さん親子の「阿保こけしや」です。
07_life02b
いつの間にか2児のパパになっていた阿保正文さんと。事前に用意させていただいた資料を前に、今旅の目的のひとつでもある秘密の作戦中...
07_life02c
在りし日の津軽木地師、盛秀太郎、佐藤伊太郎と並び、津軽系こけし開拓者の一人として数えられる、斎藤幸兵衛のこけしを現在に甦らせます。第一弾は既に完成しており、今回は第二弾となる幸兵衛型こけしの打ち合わせ風景です。

2015年の爽秋にお届けする「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」新作は、
09_masa2b
青森県の温湯(ぬるゆ)温泉地方で古くから伝統として受け継がれてきた津軽こけしを紹介します。 昭和7、8、9年にかけて僅か三年間だけ製作された斎藤幸兵衛のこけしを現役津軽こけし工人の阿保正文さんに製作いただきました。
top_masa1b
今回はJETLINK特注仕様として、胴模様のダルマ絵が横向きに描かれます。幻のこけしコレクションと呼ばれるこけし研究家で蒐集家の木村弦三氏旧蔵品の中に一本だけ現存する「ダルマ絵が横向きの幸兵衛こけし」を参考に、かつて「長おぼこ」と呼ばれた古津軽時代の温湯こけしに想いを馳せて一本一本を手仕事によって製作いただきました。懐かしさの中にも新しさを感じさせるジェットリンクの郷土玩具をお楽しみください。 阿保正文/斎藤幸兵衛こけし壱型ver.達磨横向き二本組−NEW!2015年10月30日(金)20:00より頒布!

【お知らせ】 先日火災に遭われた津軽系こけし工人嶋津誠一さんの一日も早い復帰をお祈り申し上げると同時に、ささやかですが今作の売り上げを嶋津さんのご支援として使わせていただきます。皆様からのご注文をお待ちしております。

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!食&旅 | 玩具/kokeshi&toys

2015年10月21日

拝啓、2015年!輝ける未来の世界へTO BE CONTENUED...

拝啓、2015年!
映画の世界で描かれた輝ける未来の日に、子供の頃に夢見た世界に、THE FUTUER IS COMING!私たちの現実世界が遂に到達しました。
10_goods01a
そして、本日2015年10月21日 「未来の日」 より、新作デニムジャケット&ダウンベストを順次発送を開始させていただきます。
(※第一次ご注文分のお客様には、10月中にお届けの予定です)
(※第二次ご注文分のお客様には、12月中にお届けの予定です)
年内には全てのお客様にお届けしますので、到着まで少々お待ちください。
10_goods01c
今回はJETLINKからのプレゼント特典として、「限定版ワッペン2種」を製作しました。”輝ける未来” をイメージして、未来製のサングラスが金色にギラギラと眩しく光ります。刺繍の町こと群馬県桐生市の老舗工場で製作された「メイド・イン・ジャパン」の逸品です。こちらの「限定ワッペン&ステッカー」をデニムとダウンの特典として同梱させていただきます。
08_movie01k
子供の頃に予想してた未来と違っているかもしれませんが、未来は白紙のままで良いのです。映画の中で”あの人”が言ってたように、いつの時代も未来とは自分で描くものだから...映画の中で描かれた素晴らしき2015年が皆様に到来しますように!FUTURE IS RIGHT NOW!輝ける未来の世界へ、TO BE CONTENUED...

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!映画/movie | 物々/goods