2015年07月

2015年07月28日

青森県黒石市温湯温泉(1)〜大館市こけし工人今晃さんを訪ねて

7月の三連休を利用して、青森に秋田と東北を旅してきました。
上野駅から新幹線に揺られること3時間20分ほどで新青森駅に到着。
07_life01b
JR新青森駅の美しき外観。
朝晩は肌寒く、関東に比べたらまだまだ快適な気候です。
みちのくの風景、人々の方言など、人生初の津軽来訪に目や耳に入る現象全てが新鮮に感じました。
07_life01a
駅構内では津軽名物ミニねぷたのお出迎え。
ミニねぷたで騒いでますが、この後「ねぶたミュージアム」で圧巻の体験をすることに。
07_life01g
小雨がちらつく中、レンタカーを走らせること約1時間で黒石市に入りました。
青森県のほぼ中央に位置し、八甲田山麓に清らかな水源をいただく里山、黒石市。
黒石温泉郷は、温湯(ぬるゆ)、落合、板留、青荷、大川原と個性ある名湯が集合した温泉郷です。
山々に囲まれた土地は空気が澄んでいて深呼吸をするとほのかに草の香りがしました。
07_life01c
黒石市の観光名所「津軽こけし館」に到着。
外観は国指定重要文化財となっている江戸時代の商家と「こみせ」をイメージした建築です。
イベント初日のため県内外からの観光客で館内は賑わってました。
07_life01d
津軽こけし館の敷地内にある津軽伝承工芸館のレストランで昼食。
太平麺と甘辛いソースが特徴の黒石名物「つゆ焼きそば」を注文してみました。

二階こけし資料館では、盛秀太郎、佐藤伊太郎、斎藤幸兵衛など古津軽こけしを鑑賞。
07_life01c2
津軽地方のこけしは、昭和初頭にようやくその曙光を迎えた。温湯では盛秀太郎、大鰐では島津木工所に属する工人達が、グルーミーではあるが、反面極めてバイタリティーに富んだ人形たちを盛んに作った。当時の津軽地方は、極めて封建的、閉鎖的な気風の中に、奇妙な開放的な一面があって、これらのこけしは、そうした風土性を強く現していたと言えよう。(『木の花』10号 連載覚書 斎藤幸兵衛こけしより)
07_life01c3
グルーミーでいてバイタリティーに富み、閉鎖的いて奇妙に開放的、盛秀や幸兵衛の長おぼこも製作された当時は新型あるいは創作こけしだったため伝統論とは別の観点で考えれば、そのアンビバレンツな(相反する)性質の中に古津軽としての魅力が隠されているのかもしれません。

津軽こけし館の手前にある落合大橋にて、盛秀こけしのモチーフを発見。
07_life01h
橋下には南八甲田の櫛ヶ峰を源流とする浅瀬石川が流れます。
津軽木地業の二大源流、温湯温泉の木地師で津軽こけし先駆者の盛秀太郎氏が去った現在もそのこけしの意匠は観光地のあらゆる場所に残ってました。
07_life01j1
青森県内最大規模を誇る「虹の湖」に隣接する「虹の湖公園」。
こちらでも盛秀こけし型の特大すべり台を発見しました。
津軽の水瓶と呼ばれる浅瀬川ダムを望む神秘的な霧に包まれた景色は神々しくも絶景。
07_life01j2
土地の広さも相まって津軽では全てのスケールが大きく感じました。
そして、盛秀こけしの意匠といえばこんな処にも...
07_life01i1
盛秀三代目盛美津雄さんが手掛けた黒石市内にある食堂のメニュー看板は、
KOKESHIEN!の葛城さんから紹介いただきました。
07_life01i2
時代(物価)は変われど盛秀こけしの意匠は普遍です。
黒石温泉郷を一通り観光した後は、秋田県の大館市に向かいます。

前略Kさんこと、今晃さんの工房兼ご自宅を訪問しました。
07_life01k
【木地】 素材の選定法、刃物の選定・製作法、木地挽きの時間帯・場所
【描法】 筆の持ち位置、草書体の描法、顔描の描き順、本当に左手を使うのか?描彩の時間帯・場所
【道具】 筆の種類、染料・顔料の種類、入手方法、調整・使用方法など
【二人挽き轆轤】 自作ロクロの製作法、木地挽き方法、新技法のロクロ返しについて
【鳴子時代】 修行中のエピソードなど
【大湯時代】 奈良靖規、三人目の師大類連治について、治一型ラグビーこけしを作らない理由
【頒布歴】 おおき、つどい、木ぼこ、今晃ファン倶楽部など、過去〜現在の頒布について
・昭和53年頃より製作開始した本人型、ロウ掛けを止めた理由について
・昭和53年刊行『木の花』16号(戦後の佳作 北村勝史)で紹介された時の反応
・過去〜現在の自身の作風の変化について
・津軽系こけしについて(盛秀太郎、斎藤幸兵衛、佐藤伊太郎、戦後の津軽系こけし工人)
・今晃さんご自身の好きなこけし、戦前のこけし、現在のこけしについて思うこと
・雑誌など各種メディアや訪問者のブログなどで描かれる今晃像について
・好きな映画について(鳴子修行時代に観た黒澤明監督の映画など)
以上、今まで疑問に思っていたことを今さんご本人から直接お伺いすることができました。
夕食にお誘いしていただくも、こちらの宿の都合上、次回の来訪を約束して再び黒石まで戻りました。

一日目の旅の宿は、黒石温泉郷の温湯温泉にひっそりと佇む飯塚旅館です。
07_life01e
鄙びた趣の情緒あふれる外観は大正時代の建造物とのこと。
加温・加水を一切していない100%天然温泉は、鳴子や土湯とは違った独特な匂いがして、ぬるぬる感のある肌に優しいアルカリ性の泉質でした。
07_life01f1
幾度も補修が繰り返された古い時代の手摺を敢えて残した階上風景。
このフォルムからして大鰐の村井福太郎あたりの仕事かな、、
在りし日の古津軽に想いを巡らすうちに温湯温泉の夜は更けていきます...(続く)

青森県黒石市温湯温泉(2)〜こけし工人嶋津誠一さん工房「嶋津木工品製作所」を訪ねて

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!食&旅 | 玩具/kokeshi&toys

2015年07月17日

アレックス捕囚!?”ALEXANDER”シリーズ新作完成(前編)

1970年代に公開された近未来バイオレンス映画をモチーフにした ”ALEXANDER” シリーズに数年ぶりの新作 ”ALEXANDER” Stand T-Shirt Type2 が完成しました。代官山 蔦屋書店での先行販売に引き続き、本日より JETLINK Show Room 及びオンラインストアからもリリース開始です。
alex1a
前作の続編として新たに描き起したデザインがこちら。富豪で作家Mr.アレクサンダー氏の復讐により、窮地に陥った ”囚われのアレックス像” です。イラストレーションは、NHKアニメ 『シャキーン』、『かよえ!チュー学』(かよチュー)を手掛けたJUN OSON氏に続投&担当いただきました。
alex1b
白、赤、肌、青、茶、黒、合計6色にも及ぶ「総天然色(フルカラー)プリント」の素材には、人体や環境にも優しいこだわりの「水性顔料」を使用しました。1970〜80年代に生産されたスポーツウェアやTシャツに採用されたプリントを研究分析して、古き良き当時の本物により近い製法で仕上げることに成功しました。
alex1c
製造は「メイド・イン・ジャパン」の国内生産にこだわり、東京下町を始めとする国内の老舗工場で行われます。熟練したプロ職人がJETLINK特注の「特大シルクスクリーン製版」を使用して一枚一枚を丁寧に手仕事(手刷りプリント)で仕上げています。
alex1d
全てのプリント作業工程が手仕事で行われるため、それぞれが微妙に表情の違う一点物のTシャツとして仕上がります。長くご愛用いただいて洗濯を繰り返すほどに、ビンテージの古着Tシャツのような風合いをお楽しみいただけます。(※個体により、プリントのカスレやズレ等が生じる場合がありますが、それは手仕事による一点物の証です。手刷りプリントならではの風合いをお楽しみいただけましたら幸いです)
04_movie07b
Tシャツ左そで部分には、ワンポイントで ”ALEX” ワッペンが付きます。刺繍(ししゅう)の町こと群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して僅か25mmサイズの小さなワッペンを緻密に縫い上げた「メイド・イン・ジャパン」の純国産品です。小さいパーツながらもこだわりの逸品にご注目ください。

top_alex1
アレックス顔ワッペンの他にも、特異な”ALEXANDER”パターンの製作秘話、Mr.アレクサンダー氏&用心棒ジュリアンが描かれたバックプリントなど、今作では細かいディテールにこだわりましたので、次回の後編で紹介させていただきます。お楽しみにどうぞ。 http://www.jetl.com/roki15_alex1.html

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!物々/goods | 製作エピソード

2015年07月03日

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)

映画の日に、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を鑑賞。
06_movie07a
あの頃のままの世界観、終始一貫突き抜ける疾走感、生命賛歌の域にまで達したサバイブ感、
懐かしくも新しい快作(怪作)に80年代映画好きの心はすっかりと魅了され、
胸の奥底にずっと仕舞い込んでいた熱いドキドキが中学生ぶりに呼び覚まされる。
そんな心躍る高揚感に包まれながら、鑑賞後に残る心地良い余韻。何とも云えぬ満足感。
10年に一度の作品と評価しても差し支えない、これぞ映画の素晴らしい一本でした。
http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/

舞台はメキシコ。その首の懸賞金は100万ドル...
04_movie02g
映画ファンの間で”最後の西部劇監督”と呼ばれたサム・ペキンパー監督の映画『ガルシアの首』(1974)をモチーフにデザインした ”THE HEAD OF A.G.” Tシャツを再構築、今回は新たに [Re・Model] 版Tシャツとして完成しました。
top_ag1a
熟練イラストレーターIzumikawa MacFLY氏による繊細な手描き原画を忠実に再現したプリントには、通常は写真印刷に用いる「超高精密シルクスクリーン製版」を使用。一枚一枚を熟練職人の手刷りプリントによって丁寧に仕上げました。Tシャツの素材は長く着込むほどに染込プリントが生地に馴染み、古き良き時代のビンテージ古着Tシャツを再現した風合いをお楽しみいただけます。
http://www.jetl.com/roki15_ag.html

top_gift2b
映画好きなあの人への贈り物にぜひ!

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!映画/movie | 物々/goods

2015年07月01日

1985年の感動を再び〜チャンクの熱帯植物柄アロハシャツ

現在より、時を遡ること約一年前、
ドクの機関車アロハシャツと同時進行で製作を進めていた企画がもうひとつありました。
chunk1e
この奇妙な花柄のパターンを覚えていらっしゃいますか?
映画ファンの間では食虫植物に勘違いされることもありますが、実際は「コリウス」という東インド諸島などに分布するシソ科コリウス属の熱帯植物です。
chunk1f
こちらの熱帯植物柄ファブリックの印刷には、インクジェットなど現在主流の機械印刷は使用せずに、熟練の印刷職人が「手捺染め」という高度なプリント製法を用いて、「シルクスクリーン8版構成」の一色一色を手仕事によって丁寧に仕上げています。所々の印刷が絶妙にズレていたり、カスレていたりするのもシルクスクリーン印刷の醍醐味の一つです。
chunk1b
ドクの機関車アロハシャツと同じく以前のモデルをそのまま復刻しても全く問題ない完成度でしたが、今回はHEADGOONIE大八木氏の意向により、新たに熱帯植物の絵柄を描き起し、シルクスクリーンの版数を6版から8版に増やし、型紙も新規パターンを引き直して、完全新規の状態から新たに作り上げました。その結果、熱帯植物柄の「鮮明な発色度」と「奥行き感」を格段に向上させることに成功しました。

そして、時は更に遡り1985年。
僕たちが少年だったあの頃にドキワクしながら夢中になった冒険映画『グーニーズ』(The Goonies)。
chunk1h
その映画の中に登場した食いしん坊のチャンク少年が着ていた ”奇妙な植物柄のアロハシャツ” こと CHUNK ALOHA SHIRTS を現代技術の粋を結集して、ほぼ完全に近いかたちで再現しました。
chunk1g
あの頃に観た映画の感動、時代を超えて再び。
HEADGOONIE特製BOXに封入してお届けします。
1885年の西部時代に馬がデロリアンを牽引する意匠にもご注目ください。
CHUNK ALOHA SHIRTS−NEW!

jetlink_roki at 21:50|Permalinkclip!物々/goods | 製作エピソード