2013年10月

2013年10月31日

2013年10月 「東京こけし友の会」 例会

先週末は、巣鴨で開催された 「東京こけし友の会」 例会に参加してきました。最近は秋物ウェアの製作で仕事が立て込んでおり一ヶ月ぶりの外出となりましたが、一ヶ月前の外出も 「〜友の会」 の例会でした(笑)
10_life04
会場が一時的に ”とげぬき地蔵” こと巣鴨の 「高岩寺」 に移ってからはクジの引きが弱く、ここ数ヶ月は大抵 「お土産こけし」 を一本だけ持ち帰るという寂しい状況が続きました。信仰心の不足が原因かもしれません。
10_goods20
阿部常吉こけし8寸。
今回も例に漏れず通常頒布では後半に番号が呼ばれて、こちらを一本だけ購入しました。山形県・温海温泉(あつみ温泉)の人気こけし工人・阿部進矢さんの父である常吉さんのこけしです。胴底には、柴田氏(旧蔵)のラベルが貼ってありました。あつみこけしのルーツを遡れば土湯の阿部治助の叔父にあたる阿部常松が山形に渡って今日の進矢さんのカワイイこけしに至る訳ですが、ほぼ土湯こけしの原型を留めてません。価格が2,800円と通常頒布にしては高めでしたので後半まで残ってました。無駄に長い変な顔が魅力的で、保存状態も良いので掘り出し物だったと思ってます。
10_life03
会場では、中古こけしをオークション形式で競り落とす 「入札こけし」 と呼ばれる頒布方法があります。お目当ての中古こけしに一番高額で入札した方が購入できるシステムとなってます。今回は入札の参加者が比較的少なかった理由もあり、欲しかったこけしを二本GETSすることができました。
10_goods18a
斉藤弘道こけし8寸。昭和36年頃の作。(頭部にガラ入り)
落札価格を書いてよいのかビミョーなところですが4,400円で落札しました。弘道さんが斉藤太治郎型こけしの製作を始めたのが昭和33年頃ですので、初作から3年目くらいの時期の作品となります。頭部の可憐な表情に相反する胴体の力強く引かれた 「返しロクロの線」 が対照的であり調和の取れた一本です。前の所有者の方が大切に保存されていた様子で、まるで新しく作られたかのような保存状態です。帰宅後に気付きましたが、頭部にゴロンとした木の実(?)のガラが仕込まれてました。
10_goods18b
顔のUP。頭部と胴体は、南部系のキナキナ等に用いられるビヤベラ(アオハダ)材が使われてます。真っ白な木肌に細かい点状のツブツブが入っているのが特徴。この素材は経年変化に比較的強い様子で、年代が古くても白さを保っているものが多かったりします。昭和30年代に製作された土湯こけしの頭部に、こちらのビヤベラを使用しているものを多く見かけますが、こけしの白さを際立たせる目的か?または当時この材料が多く採れたためか?理由は不明です。
10_goods19a
佐藤正一こけし8寸。昭和43年作。
前述した弘道さんの師匠にあたる佐藤正一さんの斉藤太治郎型こけしです。胴体のエンタシスが美しい太子型です。こちらも同じ方が所有していたのか保存状態がとても良好です。6,600円で落札。入札二番手の方と200円違いの僅差でした。
10_goods19b
こけしブームの時代に所謂 ”タレ目” と評された表情ですが、時代が変われば評価も変わり、現代風で非常に可愛らしい表情です。弘道の表情と比較すると、こちらは上瞼が長く引かれてます。オリジンとなる太治郎こけしにもこの様な表情があったのか、または長い製作期間に於いて本人によるオリジナル化が進んだ結果なのでしょうか。師匠の路線を同様に継承して、天才と呼ばれた弘道のこけしも次第にタレ目になっていきます。素材には、前述した弘道こけしと同様に、白肌にツブツブが特徴のビヤベラ材が使用されてます。木という素材そのものが好きなため、こけし選びには素材の良さが占める割合が大きかったりします。
top_neko1
「ジェットリンクの民芸」 新作は、山形県米沢市に江戸時代から200年以上続く伝統の土人形 「相良人形」 です。 京都の伏見人形と仙台の堤人形の影響を受けながらも、独特の土人形を作り上げた相良人形は、東北の三大人形の一つに数えられています。
neko1d
今回は、200種類以上ある相良人形の中でも特に人気が高いモデルの 「招き猫」 をお届けします。 http://www.jetl.com/index3.html

jetlink_roki at 17:19|Permalinkclip!玩具/kokeshi&toys 

2013年10月27日

HEADGOONIE×JETLINK ”WATCH MOVIE” モッズコート完成!

【速報!】 年に一度のスペシャル仕様 HEADGOONIE×JETLINK ”WATCH MOVIE” モッズコートが完成しました。 明日、10月28日(月)19:00〜受注オーダー受付を開始させていただきます。商品のお届け時期は、12月下旬予定です。
mods_1a
表地には、軍物ならではの機能性と風合いを両立した 「縦ムラ糸サージストレッチアーミー素材」(顔料染め加工) 、内側には軽量&保温性に優れたハイテク生地 「シンサレート素材」 を採用、フード部分には 「リアル・コヨーテファー」 を装備、ZIPには真鍮製の 「WALDES Zipper別注品」 を使用...さらに、今回はあっと驚く隠しギミックを用意しました!? 現段階で出来る限りの素材と技術と盛り込んだ究極のモッズコートの誕生です。お買い逃しのないように、宜しくお願いいたします。 http://www.jetl.com/

jetlink_roki at 22:10|Permalinkclip!物々/goods 

2013年10月25日

印度映画 『マッキー』×JETLINK、現代に甦る 『蝿男の恐怖』!?

明日10月26日(土)からインド映画 『マッキー』 が公開されます。映画の公開記念として、マッキー×JETLINKによる ”MAKKHI” I Will Kill You Tシャツが完成しました。
makkhi
makkhi_1b
Tシャツいっぱいに入る特大プリントは、現在主流の機械印刷(インクジェット印刷)は使用せずに、繊細・緻密なフォトデザインの原画を最大限に表現可能な写真用の 「高精密シルクスクリーン」 を使用して、熟練した職人の手仕事によって一枚一枚を丁寧に仕上げました。絶妙なカラー配合率の濃度調整と極めて繊細な手法を用いた最新のプリント技術にご注目ください。
makkhi_1c
プリントの素材には、人体や環境にも優しいこだわりの 「水性の染込み顔料」 を使用しました。 こちらを熟練したプロ職人の手仕事によって、一枚一枚ていねいに手刷りでシルクスクリーン印刷されます。 これら全ての印刷作業がハンドメイドの工程で行われるため、それぞれが微妙に表情の違う一点物のTシャツとして仕上がります。
makkhi_1d
line_print
長く大切に着込んでいただいて、洗濯を繰り返すほどに 「染込プリント」 が生地繊維の内側に馴染み、まるでビンテージ古着Tシャツのような深い味わいと独自の風合いをお楽しみいただけます。
name_n1a
line_t4
Tシャツの素材には、1980年代に生産された ”ビンテージ NIKE Tシャツ” などニット系Tシャツの素材感をイメージした 「ブレンド混紡ニット素材」 (コットン・ポリエステル・レーヨン混紡素材) を使用しました。
name_n1b
3種の素材の絶妙な配合によって、コットン100%では再現できない風合いを出すことに成功しました。 通気性が良く、柔らかな肌触りと抜群の着心地が特長の高品質なTシャツをぜひお試しください。
top_makkhi
”MAKKHI” I Will Kill You T-shirt (http://www.jetl.com/roki13_makkhi.html

makkhi_top1
最後に。JETLINKが掲げる 「映画館には無い魅惑的なウェアを」 というコンセプトに基づいて、公式アイテムの製作に関してはデザインに規制が多いことを理由に基本はお断りさせていただいております。今回は映画配給会社さんにご配慮をいただき 「面白い作品であること」、「自由にデザインさせていただくこと」、という好条件のもとでデザインをさせていただきました。デザインに取り掛かる事前に映画 『マッキー』 を鑑賞させていただきましたが...インド映画侮れませんでした。ハリウッド映画を始めとして様々な作品に慣れ親しんだ映画マニアの固定概念や常識を覆し破壊する未知のパワーのようなものを感じました。今後公開されるであろう未来のインド映画にも期待してます。
makkhi_1f
Tシャツの話はさておいて、映画 『マッキー』 面白いです。皆さんも鑑賞の機会がありましたら、レンタルではなく、ぜひ劇場まで足を運んでスクリーンで未知のインド映画を体験してみてください。

makkhi_top2
「ハエに生まれ変わった男が、愛する彼女を守るため、自分を殺したマフィアに戦いを挑む!」 映画大国インド発のアクションコメディ映画 『マッキー』 (※マッキーはヒンドゥー語でハエの意味) が、いよいよ今週末10月26日(土)〜TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショーです。 http://masala-movie.com/makkhi/

jetlink_roki at 16:01|Permalinkclip!映画/movie | 物々/goods

2013年10月21日

映画『ムーンライズ・キングダム』、「いき」の構造

先日試写会に招待いただいた話題のホラー映画 『サプライズ』 がいよいよ11月14日(木)から公開。
10_movie05
デザイン専門学生によるTシャツデザインコンペは、本日22日(火)で締め切りです。学生さんたちの初々しいデザインを前にして、僕自身が学生だった頃の何とも懐かしい気持ちにさせてもらいました。いつの時代も初心は大事です。JETLINKでは、オリジナリティの観点から7番の作品を選びました。ぜひ皆さんもご投票ください。VOTE FOR PEDRO! http://surprise.asmik-ace.co.jp/cpT/
10_movie07
...そして、JETLINKからも新たなデザインを近日中に公開予定です。お楽しみに。

ウェス・アンダーソン監督の映画 『ムーンライズ・キングダム』 。劇場公開時期に観逃してしまい、好き過ぎる監督作品が故にレンタルする勇気もなかなか湧かずに、今更やっと鑑賞しました。

ウェス・アンダーソン監督が紡ぎ出す現代版 『小さな恋のメロディー』 は、12歳の男女の逃亡劇。監督一連の作品で表現される 「スローモーション描写」 と 「カメラ長回し撮影」 は今作でも健在。 「役者の独特なセリフの間」 と 「人物を正面に捉えたカット」 の多用は小津作品からの影響でしょうか。
10_movie04
どの場面を切り抜いても ”美しい” の一言に尽きます。映画で女の子が着ていた60年代風のワンピースに、ボーイスカウトの制服、一見どうでも良さそうな脇役の服やスーツケースなどの小物類までもが、映画の美しい風景の一部として綿密に計算されたうえで画面に配置されており、繰り返して観る度に新たな発見があることもこの作品の特徴の一つです。今作も万人受けする作りではありませんが、JETLINKでは本年度のベスト作品の一本でした。
10_movie06
この作品のナレーター役を務めたハイセンスな老人のファッションが強く印象に残りました。 (緑のニットキャップ、赤いダッフルコ−ト、白いスカーフ、7分丈ウールパンツ、防水ダックブーツ、ノルディック柄の手袋) この狂言回し役を務めたベテラン俳優のボブ・バラバン氏を検索したところ、アメリカンニューシネマの金字塔となった作品 『真夜中のカーボーイ』 の若者役がデビュー作で、TVシリーズ 『世にも不思議なアメージングストーリー』 の監督など多才な方でした。

10_goods14
赤色いダッフルコートといえば、土湯こけしのしましま群。 江戸の美意識を哲学的に考察した九鬼周造の著作 『「いき」の構造』 (昭和5年刊行) によると、縦縞のストライプは ”粋” で、横縞のボーダーは ”野暮” なのだそうです。
epuron_img4
粋。
11_life24
粋。
10_goods12
粋。
10_goods13
光臨。ちょっと前に購入したGFF METAL〜サイコガンダム、やっと箱を開けました。噂に違わぬ完成度に ”PSYCHO” ってネーミングもヒッチコック作品を連想させて好きな理由だったりします。
top_tote1
映画 『時計じかけのオレンジ』 に登場する主人公アレックスをモチーフにした ”ALEXANDER” スウェットトーバッグが、秋味バニラアイスクリーム色で今季も再販決定です。長く使い込む程に染込プリントが綿100%の良質な生地に馴染み、まるでビンテージ古着を思わせるような風合い感をお楽しみいただけます。 http://www.jetl.com/roki_alex4.html

jetlink_roki at 18:48|Permalinkclip!玩具/kokeshi&toys | 映画/movie

2013年10月18日

「もはや戦後ではない」高度経済成長期、昭和31年のこけしたち

わが国の経済白書に 「もはや戦後ではない」 という言葉が登場したのは昭和31年(1956年)とのこと。そんな高度経済成長の只中にあった時代に製作されたこけしを何本か紹介します。
10_goods05
「もう戦後でもない。ひょっとすると戦前になるかもしれない。こけし界も盛んになって、次第にあの昭和十五、六年のブーム時代をむかえるのかもしれない。さかんに、こけしは動いており、新しい人々が新しいこけしを求める。古いこけしは一頃のように出なくなってしまった。古い殻にとぢこもり、いたずらに回顧し、自慢するのは、アナクロニズム以外の何ものでもない。こけしを静かに眺めることは昔も今も変わりないはず。古い蒐集家が眺めることを止めている間に新しい蒐集家がどんどんふえて眺めている。こけし作りの方も戦後の一頃のように、ひどい胸のむかつくような甘っちょろいものは作らなくなった。この点は、今の蒐集家も安心し落ち着いて蒐めたらよいと思う」  『こけし手帖13号』 昭和32年2月号 鹿間時夫氏記事より
10_goods06
写真左は、岩本芳蔵こけし一尺。昭和32年作。福島県中ノ沢温泉の岩本芳蔵が、「東京こけし友の会」 小野洸氏の根強い説得によって ”たこ坊主” こと 「岩本善吉型こけし」 の製作を開始したのが昭和31年の話。その一年後、昭和32年に製作されたものがこのこけしです。現在も多く流通している昭和40年代の共通型に比べて、表情および胴模様が太筆で豪快奔放に描彩された佳品です。同時期に刊行された 『こけし手帖13号』 で鹿間時夫さんが当時のAクラスこけしとして推薦していた芳蔵こけしもこれと同年代のもの。(他に、新山久治、大野栄治、奥山喜代治、横山政五郎、鈴木幸之助) この意匠の生みの親で、中ノ沢温泉名物 ”逆さかっぽれ踊り” の名手であり、芳蔵の父でもあった岩本善吉は、たこ坊主の継承を誰にも許すことなく他界してしまったため、前述した小野洸さんの尽力なくしては、荒川洋一さんを始めとする芳蔵の弟子たちが現在も製作しているたこ坊主の存在は無かったのかもしれません。
写真右は、佐藤丑蔵こけし5寸。昭和31年作。肘折、及位(のぞき)、湯田、遠刈田など各地を転々と渡り歩いた名工、佐藤丑蔵69歳の作です。丑蔵は温泉地などに卸売りする一般販売用と、第二次こけしブーム只中だった当時の蒐集家用に、その器用な腕前を振るって自身のこけしを作り分けていたとのこと。昔の言い方で ”マニヤ用” に製作されたこけしは胴模様が一段階凝っていたり、胴裏にも追加でアヤメ模様などが描かれたりと手の込んだ作りとなってます。顔のパーツが中央に寄った表情が可愛らしい写真のこけしも後者のマニヤ用に属すのでしょうか。
10_goods07
写真左は、斎藤弘道こけし8寸。昭和30年後期頃の作。福島県土湯温泉で昭和33年頃から斎藤太治郎型こけしを継承製作されている三代目斉藤弘道さんは、今現在も現役でこけしを製作されてます。当時の太治郎こけしは、楷書体の筆でゆっくりと丁寧に描かれた所謂 ”上手物”(うわてもの) と呼ばれ、同時代に活躍した阿部治助のこけしとは対を為す存在でした。実生活では博学インテリでこけしの製作量は寡作だった太治郎に対して、家族に相次いで先立たれて自然災害にも見舞われ不幸続きだった治助は、人生の上でも太治郎とは対極の存在であったともいえるでしょう。このことは双方のこけしの表情にも克明に表れてます。その斉藤太治郎亡き後に、彗星のように表れた隔世遺伝の天才こと斉藤弘道氏の存在は当時のこけし界においてセンセーショナルな事件だったとのこと。そんな弘道氏の太治郎型こけしは33年〜34年作がピークとされ、時代の変遷と共にその表情も変わっていき、現在のこけしは当時の太治郎型とはほぼ別物の本人型となりました。当時人気を博した斉藤太治郎のこけしですら ”老婆の厚化粧” などと揶揄された時期もあり、長いスパンに同じものを一定の水準で作り続けることは難しいことで、良い塩梅に筆致が枯れた晩年の作も ”枯淡の味わい” として楽しみたいものです。
写真右は、阿部広史(阿部廣史)こけし8寸。昭和31年作。同じく福島県土湯温泉の木地師で、胴模様に描かれた大きなボタンの花が特徴のこけしを製作。可憐で可愛らしい表情と価格が比較的安かった理由で購入しました。この時代の土湯系こけしによく見られる特徴として、頭部の素材がビヤベラ(南部系に使用される別名アオハダ)で、胴体の素材がイタヤカエデと別素材の組み合わせで作られたもが多いです。材料不足が原因だったのでしょうか。
10_life01
...以上、仕事の合間に遥かなれども東北の郷愁を誘うコケスンボコ閑話でした。
10_goods11
所変わって、JETLINKの建物を裏手に回ると江戸川が一望できる河川敷です。こちらでは野生のニャンコと沢山遭遇できますので気分転換に訪れたりしてます。
ジェットリンクの民芸今月の新作は、相良人形の「招き猫」です。間に合えばもう一つ、鳴子温泉の佐藤賀広さん作「ニャイガーマスクこけし」も頒布予定です。お楽しみにどうぞ。 http://www.jetl.com/index3.html

jetlink_roki at 18:23|Permalinkclip!玩具/kokeshi&toys 

2013年10月13日

映画『死霊のはらわた』リメイク版、現代版『蝿男の恐怖』Tシャツ?

先日、2週に渡り放送された 『タモリ倶楽部』 の横須賀トンネル特集より。
10_movie03
約3年ぶりの出演となる水道橋博士さんがゲストに登場。「トンネル=冒険」 で博士さんには映画 『グーニーズ』 Tシャツこと、The”G”oonies T-shirt を着用いただきました。せっかくなら左端の江川達也先生から順番に、G、oo、n ...と、他のゲストの皆さん分も揃えたいところでした。
08_movie13
途中タモリさんと皆でガリガリ君を食べたりしながら、ほのぼのムードな車中の旅に和まされました。


フェデ・アルバレス監督による映画 『死霊のはらわた』 リメイク版(2013年)を鑑賞。ストーリーやキャラクター設定は旧作をベースにしながらも一新。この作品のウリである残酷描写に関しては、まるでアート作品の如く鮮烈な映像美で描かれており、旧作を髣髴させる突き抜けるようなスピード感や爽快感も健在。最新鋭の撮影技術を駆使した映像表現に加えて、単なるリメイク作品で終わらせない製作側の意気込みを感じさせられる作品でした。

...とはいえ、旧来のファンが求めるものは、安価な手持ちカメラで撮影したザラついた映像だったりするのですが。加えて本音をいえば、今回のリメイク版よりも、過去にサム・ライミ本人が監督を務めたホラー映画 『スペル』(2009年) のほうが 『Evil Dead』 オリジナル版を正統に継いだ作品に思えてなりません。(実際は違いますが)
10_goods01
コブラの宿敵クリスタルボーイがfigmaシリーズで発売とのこと。往年のタカラ 「変身サイボーグ」 と間違えそうな見た目ですが。子供の頃に熱中して読んだ少年ジャンプの漫画 『コブラ』 に登場した、コブラのサイコガンが効かなかった唯一の強敵にして最強のライバルです。最近のエピソードは読めてませんが、この二人は現在も戦ってるのでしょうか。コブラが最後に飛ばした義手も付いてきます。 http://amzn.to/16WtyFG

makkhi_top2
「ハエに生まれ変わった男が、愛する彼女を守るため、自分を殺したマフィアに戦いを挑む!」 映画大国インド発のアクションコメディ映画 『マッキー』 (※ヒンドゥー語で「ハエ」という意味)のTシャツをJETLINKが製作させていただきました。 http://masala-movie.com/makkhi/
10_movie01
映画本来のイメージを極力崩さないように配慮しつつ、蝿に成り果てた男の復讐劇(現代版、蝿男の恐怖)をテーマに掲げて、”JETLINK数字シリーズ” を髣髴させる怪奇テイストなデザインとして仕上がりました。10月26日(土)〜TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。 JETLINK ”MAKKHI” Tシャツも映画公開日に合わせてのリリースとなります。お楽しみにどうぞ。 JETLINK Online Store (http://www.jetl.com/

jetlink_roki at 17:19|Permalinkclip!映画/movie | 製作エピソード

2013年10月06日

映画『ホドロフスキーのDUNE』、『サプライズ』、『2001人の饗宴』

映画 『ホドロフスキーのDUNE』(原題:Jodorowsky's DUNE)が、日本でも公開決定とのこと。

以前から海外のトレーラーで気になってましたが、アレハンドロ・ホドロフスキー監督が 『砂の惑星』 降板の顛末を語る...だけで一本の映画を作ったらしいです。ピンク・フロイドが音楽を担当したとか、当時からいろいろな噂がありましたが、真相は如何に?映画 『ホドロフスキーのDUNE』 の話題が出たついでに、『エル・トポ』 、 『ホーリー・マウンテン』 の監督であるアレハンドロ・ホドロフスキー監督の日本語版公式サイトの存在は皆さんご存知でしたか? http://www.jodorowsky.be/

最近ホラー映画の話題が多い影響かわかりませんが、先日は、話題のシチュエーションスリラー映画 『サプライズ』 を試写会にて一足先に鑑賞させていただきました。内容が内容だけに伏せておきますが、題名どおりのサプライズな展開にドキワクさせられました。11月に公開予定ですのでチェックください。

ジョジョの荒木先生もお薦していたホラー映画の一本、イーライ・ロス製作の映画 『2001人の饗宴』(原題:2001MANIACS、2005年) をレンタル。先日のイベントでお会いした 『エルム街の悪夢』 フレディ役のロバート・イングランド氏が村長役で主演。南部の小さな村に辿り着いた若者達が村人に次々と虐殺されていくストーリー。内容は極めて残虐な映画ではありますが、古きよき南部の風景とカントリー音楽に和ませられました。余談ですが、近所のTSUTAYAにてオリジナル版であるハーシェル・ゴードン・ルイス監督の 『2000人の狂人』(1964年) も常備している品揃えに流石〜。と改めて感心させられました。
masashi1_6c
津軽の長谷川優志さん×「ジェットリンクの民芸」 りんごベレー帽こけし。完成までに数ヶ月を費やしましたが、販売開始から30分足らずで完売となりました。今回は先着の方数名に、”渡辺コレクションのこけし” を一本オマケさせていただきました。販売終了後に 「買えませんでしたが、どうにかなりませんか?」 という内容のお問い合わせを毎回何件かいただきますが、やっぱり早い人からの順番で頒布させていただくのが一番公平かな〜と思いますので、次回は (次もまた好評かどうはわかりませんが) 、お早めにチェックいただけると助かります。
ジェットリンクの民芸 (http://www.jetl.com/index3.html

top_kane1
【今年も再販決定!】 1941年に公開されたオーソン・ウェルズ監督による不朽の名作映画 『市民ケーン』 をテーマに、チャンピオン社のビンテージ古着などで採用される高品質なスウェット材 「リバースウィーブ生地」 をボディに使用。長く着込む程に古着のプリントのようなヒビ割れが生じる 「特殊ビンテージ加工プリント」 を採用したスペシャル版スウェットシャツが完成しました。 http://www.jetl.com/roki13_kane1.html
top_kane2
同じく 『市民ケーン』 のTシャツ版も少量ですが、この度再販となりました。合わせてチェックください。 http://www.jetl.com/roki_1984a.html

jetlink_roki at 17:59|Permalinkclip!映画/movie | 玩具/kokeshi&toys