2009年06月

2009年06月30日

NIKEカスタムバッグ完成

NIEK IDのバッグカスタム画面1
NIEK IDのバッグカスタム画面2
前回掲載した NIKE ID でカスタムオーダーしたバッグが完成しました。
注文後、だいたい3週間前後で届きます。
NIEK IDのバッグ1
”THEYLIVE” (笑)
裏側は、シンプルなスウォッシュマークが入ります。
文字のフォントは、カスタム画像よりも太めで良いかんじです。
カスタム画像では白っぽかった紐が、ちょっとピンク過ぎでした。
NIEK IDのバッグ2
”ROCK” (笑)
NIEK IDのバッグ着用画像
とにかく作ることが楽しいですね。
今後、使うかどうかわかりませんけど。

jetlink_roki at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!物々/goods 

2009年06月25日

浅草

昨日は、カバン職人エグチさん一行、イラストレーター泉川マクフライ氏と
東浅草のブーツ工場を見学&仕事の打ち合わせ。
やっぱり下町の職人さんは、いろんな意味ですごい。 毎回とても参考になります。
*
せっかく浅草まで来たので一枚。
雷門と泉川マクフライ氏の貴重なショットです。
その後、BIGなエグチさんに美味しいお好み焼きをご馳走になりました。
*
そして本日、ちょっと二日酔い気味ですが、いつもの学食で一人ランチ。
日替わりマーボー丼400円。 サラダ100円。 今日のも美味い。
NIKEIDのバッグ
藤原ヒロシさんのブログ でも紹介されてた NIKEID のバッグ、
私も同じのオーダーしてました。 もうちょいで完成かな?
最近までヒッコリーを知らなかったW槻君、昨日話したバッグはコレですよ。
NIKEIDのバッグ
今までも何度かスニーカー作ってますが、出来上がってみると
思ってたのとちょっとイメージが違ってたり、そこも面白いところですけど。

jetlink_roki at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!食&旅 

2009年06月23日

ブリキ男の心の時計は、1:10

ひねもす、朝から晩までデザインの仕事で 『トランスフォーマー/リベンジ』 観れてないです。
今作でも、私の好きなジョリーパパこと、真夜中のカーボーイこと、ジョン・ヴォイトは
出てるのでしょうか? ...と、本編とあまり関係ないことが気になってたりします。
日本語の吹き替え版は、変形の時に 「トランスフォ〜ム!」 と言ってほしいですね。
映画『ディスタービア』のサラ・ローマー
ボクシングの内藤...じゃなくてシャイア・ラブーフといえば、 『裏窓』 ...じゃなくて、
『ディスタービア』 で共演してたサラ・ローマーという新人の女優さんが気になったので、
検索してみたところ、他の作品では、 『呪怨パンデミック』 で主演してるそうです。
映画は全く興味ないけどレンタルしてみようかな。
*
ブリキ男の心の時計は、1時10分。 (推定)
*
新作デザインのワンポイントに入れたいのですが、画面を分析するのにも限度があって、
5割方は想像の域だったりします。 チェーンの形は全く判らず。 とりあえず、Oz製。
実物持ってる人いましたら、貸してください。
*
梅雨時のカミナリコワイ!

2009年06月21日

オックス・ベーカーTシャツの秘密

...苦節3年 (も、かかってませんが) 、ついに完成しました!
映画ニューヨーク1997オックス・ベーカーTシャツ下書き
往年の名 (迷) レスラーこと、オックス・ベーカーのTシャツです。
...というのは冗談で、こちらは、イラストレーターさんに渡した下書きのデザインです。
映画ニューヨーク1997オックス・ベーカーTシャツ
その私が描いた優秀な下書きを元に、泉川マクフライ画伯が仕上げたデザインです。
こちらのTシャツ、S〜XLサイズまで、全て同一のシルクスクリーン版でプリントされてるんです。
もっと簡単に説明しますと、写真はSサイズで、サイズUPするごとに、
「手首〜手の平」 、「太もも〜ヒザ」 と、絵柄が延長して見えてくる仕掛けが施されてます。
これを実践するには、ただ大きいイラストを描けばよいだけではなくて、
全てのサイズでバランス良く配置するための緻密な計算が必要だったりします。
映画ニューヨーク1997オックス・ベーカーTシャツup1 映画ニューヨーク1997オックス・ベーカーTシャツup2
さすが泉川画伯です。 私の下書き通りに仕上げてくれました。
カーペンター映画の世界観をこれ以上に描ける人は他にいません。 と断言。
映画ニューヨーク1997オックス・ベーカーTシャツup3 映画ニューヨーク1997オックス・ベーカーTシャツup4
映画をパっと見ただけでは判らない細部もバッチリ、下書きどおりの仕上がりです。
染込みプリントも、まるでビンテージの古着Tシャツのように風合いが出てます。
映画ニューヨーク1997オックス・ベーカーTシャツup4
「THE FUTURE IS RIGHT NOW !」 現在が未来だ!
バックプリントは、私がデザインしました。 (簡単!)
映画ニューヨーク1997オックス・ベーカーTシャツ&スネーク・プリスキンTシャツ
さらに、もうひとつの仕掛としては、以前に製作したスネーク・プリスケンTシャツの
イラストと同寸大、 「対のデザイン」 になってるんです。
そして...過去に死闘を演じた両雄が、今ここに甦りました!

毎回のことですが、ROKIUNIFORMS (JETLINKのオリジナルブランド) は、
現時点で出来る限りのデザイン&技術を駆使して、皆さんをビックリさせ、
喜んでいただけるアイテム作り、それだけを常に心がけてます。
その最新アイテムとして、自信を持ってお届けさせていただくのが、
”NY1997” ox T-shirts となります。
至高のデザイン、他ではない技術の特大シルクスクリーンで、
プロの職人さんが手刷りした一点物のTシャツをお楽しみください。
http://www.jetl.com/roki_1997e.html

2009年06月19日

Tシャツ学校、再び

来る7月19日(日) に、中目黒の EVERY TOKYO でTシャツ学校やります。
HEADGOONIE SCHOOL T-SHIRTS
6月分の希望者が全員入れなかったということで、追加開催するそうです。
このカタチでの開催はラストってことで、次回は秋口になるそうです。
下北沢での第一回目に引き続き、私こと渡辺がトークゲストをさせていただきます。

HEADGOONIE SCHOOL T-SHIRTS WORK SHOP
 " Tシャツでメシを喰う方法、教えちゃいます"

 7月19日(日) 祝日の前日です
 17:00 OPEN / 18:00 START
 21:00 終演 / 23:00 CLOSE

 @EVERY TOKYO
 東京都目黒区目黒2-3-9-1F
 TEL/03-6412-8977

 5000円 (+ドリンク別500円)
 ※その日に自分で刷ったHEADGOONIE特製Tシャツ付き!
講師のオオヤギみきさん
講師: オオヤギみき (HEADGOONIE)
 1978年、千葉県銚子市生まれ。フリーペーパー『東京10:45』編集長、
 インディーズTシャツブランド 『HEADGOONIE(ヘッドグーニー)』 デザイナー、
 出版レーベル 『アドベンチャーブックス』 編集長として活動中。
 著書に 『東京退屈日記』 『東京10:45 complete book』
 『HEADGOONIE SCHOOL T-SHIRTS BOOK』 がある。
*
<第1部> 「シルクスクリーンを使ったオリジナルTシャツプリント講座』
 シルクスクリーン「2版」を使った「多色刷り」に挑戦します。
 手刷りならではの「柄合わせ」を体験していただきます。
 デザインは、毎回この日のために用意された新デザイン版を使用し、
 自分で刷ったTシャツは終演後、お持ち帰りいただけます。
*
<第2部> 「タグのつくり方、オリジナルTシャツブランドの立ち上げ方講座」
 SPECIAL TALK GUEST / 渡辺純 (JETLINK)
 今回は、ゲストにJETLINKのオーナー渡辺純さんをお迎えし、
 インディーズブランドの立ち上げ方、運営する上での注意点、
 などなど、オオヤギみき氏との対談形式でお話します。
*
<第3部> 「終わったらみんなで飲みましょう!」
 今回の会場は、HEADGOONIE、東京10:45の立ち上げメンバーでもある
 Y★Uさんが先月オープンしたCAFE&BARです。ビールやお料理を用意してますので、
 終演後、EVERY TOKYOでみんなで飲みましょう!

【ご予約先メールアドレス&電話番号】
 info@tokyo10-45.com
 GOON DUCK STUDIO / 03-3711-1102
 EVERY TOKYO / 03-6412-8977

 ※毎回のことですが、すぐにチケット売り切れちゃいますので、
 ご希望の方は、上記のアドレス or 電話番号からお申し込みください。
 会場のキャパに限界がありますので、後で 「友達だから入れて〜!」
 ...って頼まれても無理なんです。 すいません。

 http://d.hatena.ne.jp/mikiblog
 ※会場の場所など詳細は、オオヤギさんのブログからどうぞ。

普段、皆さんに実際にお会いすることも少ないですので、この機会にぜひ。
お酒でも飲みながら、いろいろとお話ししましょう。

2009年06月18日

入墨とオッパイ看板

90年代ギャングームービーをモチーフに、オリジナルアイテムを展開している
新ブランド 「VINCENTVEGA」 (ビンセントベガ) 。
最近では、映画 『パルプフィクション』 をテーマにした、本格的な革の財布を
製作したり、何かと目が離せないブランドです。
映画ケープ・フィアTシャツ映画フロム・ダスク・ティル・ドーンTシャツ
今回は、JETLINKだけの別注カラーで仕上げた、人気のTシャツ2型が再販になりました。
それぞれ、映画 『ケープ・フィア』 、 『フロム・ダスク・ティル・ドーン』 がモチーフとなってます。
渡辺一志監督の着用写真1 渡辺一志監督の着用写真2
”MAX〜” Tシャツの商品ページに、モデル写真を追加しました。
現在公開中の映画 『USB』 で、主演俳優として活躍中の渡辺一志さん着用です。

”MAX THE AVENGER” Tシャツ ver.JETLINK 詳細
”TITTY TWISTER” Tシャツ ver.JETLINK 詳細
現在、全サイズ揃ってます。 次回の入荷は未定ですので、お早めにどうぞ。


jetlink_roki at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!物々/goods 

2009年06月17日

ネコ好きの荒井さん

その手塚治虫氏と生前懇意にしていた、近所のおじさんこと荒井さんです。
JETLINKの前のマンションに住んでいて、たまたま知り合いました。
ニャンコ好きで、毎日のようにJETLINKに遊びに来ます。
自分が新潟に帰省してる間も、ネコの世話をして貰って、とても助かってます。
近所の荒井さん
若い時は、洋画のアテレコの仕事で、多岐に渡り活躍されてたそうです。
手塚氏と一緒に、ディズニー映画の 『バンビ』 などを何度も観に行っては、
カット割りの数を数えさせられたとか、貴重な体験の持ち主です。
映画レポマンTシャツ
長らく品切れ状態だった、”REPOSSESSION MAN” driving Tシャツが再入荷です。
当初の予想を上回る程の人気で、変な映画を好きな方多いんですね。
次は、主演のエミリオ・エステベスのTシャツあたりは、如何でしょうか?
映画レポマンTシャツup1 映画レポマンTシャツup2
鬼才アレックス・コックス監督も唸らせた、会心のデザインの一枚です。
次回の再入荷は未定ですので、お早めにどうぞ。
http://www.jetl.com/roki_repoman1.html

2009年06月16日

手塚治虫展

両国の 「江戸東京博物館」 から、コンニチハです。
両国の江戸東京博物館
家から近い場所ですが、今まで特別に用事も無かったので、今回が初の下車です。
さすがは両国ということで、普通に力士の方をチラホラ見かけました。
チョンマゲの人が、BOOK OFFで立ち読みしてたり、慣れないと異様な光景です。
手塚治虫展
目的は、そろそろ終わりそうな 「手塚治虫展」 です。
館内は、外国からの観光客で賑わってましたが、比較的空いていて観やすかったです。
うわさの 「手描き原稿の修正箇所」 をチェックしてみたり、
幻となった 『火の鳥』 の現代編 (大地編) の草稿を読んだり、

病床の朦朧とする意識の中、うわ言の様に言った、
「たのむから仕事をさせてくれ」 ...が最後の言葉だったとか。
手塚治虫の創作姿勢に尊敬の念と思いを馳せて、会場を後にしました。

期間は、21日(日) までですので、ぜひお出掛けください。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

2009年06月15日

BRITA

BRITAの浄水ポット
日常、甘いジュースとか、お茶も飲まない (夜寝れなくなるので) 自分にとって
BRITAの浄水ポットは、生活に欠かせないアイテムです。
自宅に一台、JETLINKショールームに一台、常に側らに置いてあります。
先日、何人かの知人に勧めたところ 「えー、今頃知ったの?」 ...と、
揃って時代遅れ扱いをされる始末。 そういう輩に限って水道水ガブ飲み派のくせに
と、勝手に決め付けつつ美味しい水を飲む毎日です。
オックス・ベーカーTシャツ製作中
現在、”NY1997”シリーズの新作レスラーTシャツのUP作業を進めてます。
こちらも、たまたま昨日書いたレスラー繋がりで複雑な心境だったりしますが、
スネーク・プリスキンと死闘を演じたオックス・ベーカーです。
Tシャツの上下をはみ出す超特大のプリントです。 もちろん手刷り印刷です。
こんなTシャツ誰が欲しいの?なんて聞かないでください。
今回も自分で欲しかったんです。
今日の夜にはUPされてると思いますので、よかったらチェックください。
http://www.jetl.com/


jetlink_roki at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!食&旅 

2009年06月14日

方舟の行方

新潟県の燕市というところに、うちの実家があります。
その隣町が、ジャイアント馬場さんの故郷の三条市です。
そんな事情もあり、現在ほど娯楽の少なかった学生の頃は、
近場で 「全日本プロレス」 の興行が頻繁に行われていましたので、
電柱に張られたポスターを見かけては、試合の観戦に出掛けたものでした。
その頃は、三沢、川田、小橋、田上選手が全盛期の時代で、選手と一緒に写真に写っては、
次の日クラスで自慢したり、馬場が本当にデカかった話で盛り上がったりして。

それから数年経った現在、たまにコンビニでプロレス雑誌を立ち読みする程度で、
試合の観戦にまではだんだんと行かなくなり、
さらに、K-1やプライドなど新たな格闘団体の登場によって、
より本格的な総合格闘技のほうに興味が向いたりして、
心が少しづつプロレスから離れていった矢先の出来事でした。

団体の社長とエース選手との兼業、プロレス人気の下落 (TV放映の終了) などの理由により
長年蓄積した心労や練習不足が重なった結果の出来事だったのでしょうか?
この悲しいNEWSを受けて、時にはトップクラスの選手ですら命を落とすこともある
危険な技を連日のようにこなしているレスラー及び、プロレスの本当の凄さを、
皮肉にも知らされる結果になりました。

三沢光晴亡き後のNOAHは、プロレス界の明日はどうなるのでしょうか?
本当に残念で無念ですが、心から冥福を祈ります。
ミッキー・ローク主演の映画『レスラー』
たまたま、近々鑑賞する予定だった映画が 『レスラー』 でした。
ミッキー・ローク扮する中年の悲哀漂うプロレスラーの人生の光と影を
見事に描いた人間ドラマという内容...これも何かの偶然でしょうか?
http://www.wrestler.jp/

2009年06月13日

『白い巨塔』

知人からDVDボックスを貸りて、観始めたTVドラマ 『白い巨塔』 (1978年版)
想像を遥かに上回る面白さで、ここ毎日の楽しみのひとつとなってます。
ストーリーも後半部分に入り、 『LOST』 以上に、話の続きが気になります。
*
日本の医学会の実態と、人間の生命の尊厳を、浪速大学に勤務する
財前五郎 と 里見脩二 という対照的な人物を通して描いた傑作小説のドラマ化です。
主演の田宮二郎氏の鬼気迫る演技や、チャーミングな笑顔を目の当たりにすると、
後の彼に実際に起こった悲しい事件をどうしても連想せずにはいられません。

そこで、田宮二郎氏の事件を調べている最中に見つけた本がこちら。
*
『日本怪死人列伝』 阿部譲二 著 産経新聞社 刊
田宮二郎氏を始めとして、朝日新聞阪神支局襲撃事件、新井将敬、
下山事件、豊田商事事件、尾崎豊、力道山、オウムの村井秀夫、帝銀事件、
果ては、日航ボーイング機墜落事件まで、謎が多く未解決のまま終わった事件を
筆者の豊富な経験と傍証の積み重ねで、真実を推論した内容になってます。

「経験と傍証」 とはいっても、人生40回以上の逮捕暦や、銃や麻薬に関する知識、
ジャングルでの命懸けの戦闘経験 (仲間2人は、現地のインディオに干し首にされる!)
...など、一般人では到底経験の出来ない渡世を送った著者が書いた本ですから、
こちらも非常に興味深い内容が盛り沢山で、一気に読み切ってしまいました。
力道山を刺した人物と昔からの盟友で、本人に当時の状況とか、関係者が亡くなった
現在になってやっと話せる事件の真相とか、普通に聞いちゃってますから(笑)
結局のところ一番悪くて恐いのは、実行犯ではなく、国家またはそのトップに
君臨する政治家という場所に行き着く訳ですけど。 おすすめの一冊です。

jetlink_roki at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!映画/movie 

2009年06月10日

午後のロードショー

本日、仕事に行く前に、何気なく12チャン (テレビ東京) を見ていたら、
大好きな映画 『BACK TO THE FUTURE PART3』 がやってました。
3日間連続で、BTTFの全3部作が放送され、本日がラストを飾るパート3。
バック・トゥ・ザ・フューチャー3の舞台
どのシリーズにも思い入れがあり、甲乙は付けがたいですが、強いて挙げるとすれば、
アメリカ西部開拓時代を舞台にした3作目が一番好きな作品だったりします。
当時の劇場で初めて観た時に、ラストで機関車型デロリアンの登場シーンに思わず
「ワォー!」 と、歓声を上げてしまった感動は、今でも忘れられません。
そのせいか、大人になった現在でも、ドキドキワクワクさせてくれるような
映画に自然と惹き付けられてしまいます。 最近では、 『スタートレック』 とか。

ジョン・カーペンター特集など、他の民放ではまずありえない企画を組んでくれたりする
大好きな番組 『午後のロードショー』 ですが、今回もやってくれましたね。
ついつい懐かしい映像に見とれて、仕事に遅れそうになってしまいました。
これから帰ってDVDで鑑賞します。今日は、日本語吹き替えの気分です。

今後のラインナップですが、
24日(水) は、イーサン・ホーク、ユマ・サーマン主演の 『ガタカ』 、
30日(火) は、サム・ペキンパー監督の映画 『ゲッタウェイ』 などなど。
お好みの映画があるかチェックしてみてください。
http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine

jetlink_roki at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!映画/movie 

2009年06月09日

映画『USB』プロモーション

昨日、こちらで映画 『USB』 の話題を書いていたところ、
タイムリーに、主演の渡辺監督からプロモーションの写真が送られてきました。
映画『USB』渡辺一志&奥秀太郎
(左) 主演の渡辺一志さん (右) 監督の奥秀太郎さん
今回は、監督ではなく役者の渡辺さん、 ”STANLEY” Tシャツを着てくれてます。
監督が監督のTシャツを、木乃伊盗りがミイラに...意味が違いますけど。
これを見て、キューブリックと気付いた人が何人いたか気になるところです。
HEADGOONIE Tシャツスクール第三回目
お知らせするのがすっかり遅れてしまいましたが、今週の日曜にまたやるそうです。
Tシャツを手刷り体験&オリジナルブランド作り方を学び、
自分で刷ったTシャツも貰える、お得なイベントです。
http://jetlink.livedoor.biz/archives/51890628.html
(↑HEADGOONIE Tシャツスクール 第一回目の様子は、こちらから)

もう締め切ってるかもしれませんが、詳細は オオヤギさんのブログ からどーぞ。
ぼくも当日行けたら行きますので、よろしくです。

jetlink_roki at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!映画/movie 

2009年06月08日

映画『USB』

2年ほど前の 映画 『キャプテントキオ』 とのコラボTシャツ がきっかけで、
普段から仲良くさせていただいている、映画監督 渡辺一志 さん。
映画『USB』主演の渡辺一志監督
いつもJETLINKショールームに遊びに来てくれては、映画の話で盛り上がります。
映画の役では強面なイメージですが、実際はとても優しく周りへの気配りも忘れない方です。
JETLINKのウェアも、様々な場所で頻繁に着用いただいてます。

その渡辺一志監督が、俳優として主演する映画 『USB』 (奥秀太郎監督) が、
先週から、新宿シネマライズで公開となりましたので、観に行かない訳にはいきません。

共演は、桃井かおり、峯田和伸 (銀杏BOYZ)、大森南朋、小野まりえ、
大杉漣、野田秀樹 (え?) ...という豪華な面々です。
http://www.usb-movie.com/

先日紹介した映画 『GOEMON』 も、仕事の都合でまだ行けてないので、
公開が終わる前にはどうにか...と、ちょっと焦り気味な毎日です。
イーストウッドの 『グラン・トリノ』 は、ギリギリ間に合いました。
巷での評判通り、今年一番と言っても良いくらいの素晴らしい作品でした。

jetlink_roki at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!映画/movie 

2009年06月07日

ムーミンのお店PEIKKO

オリナスの映画館が出来てからは、前よりは立ち寄るようになった錦糸町。
駅の北口から徒歩10分くらいのところに、
ムーミンのお店PEIKKO
ムーミングッズのお店があります。
品揃えは、おそらく日本一じゃないでしょうか?
ムーミンご先祖さまのソフビフィギュア
7月に、ご先祖さまのソフビが出るみたいです。
ムーミンの物語では、かなりビミョーな存在ですが、好きなキャラクターです。
http://item.rakuten.co.jp/robochris/708807/
錦糸町の甘味処
その隣にある甘味処。
小豆アイス最中
名物の 「小豆アイス最中」 を買ってみました。
こんな一口サイズで400円もするので、美味しくて当たり前ですよね。

jetlink_roki at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!食&旅 

2009年06月05日

キル・ビル

映画『デスレース2000年』
お昼にTVを観ていたら、デヴィッド・キャラダイン氏訃報のNEWSが。
最初に、「映画 『キル・ビル』 の主役が自殺?」 と報道されていたので、
まさか、ユマ・サーマン?と、ビックリしましたが、ビルの事だったんですね。
好きな俳優の一人でしたので本当に残念です。
デスレース2000年Tシャツ デスレース2000年Tシャツ
奇しくも、映画 『デスレース2000年』 をイメージした ”FRANKENSTEIN” Tシャツ第二弾、
デヴィッド・キャラダインの肖像画デザインを製作中の出来事でした。
これも何かのシンクロでしょうか?

jetlink_roki at 13:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!映画/movie 

2009年06月03日

GOEMON、月の繭

昨日は、俳優で活躍中の修司さんが、久々にショールームまで遊びに来てくれました。
映画 『スタートレック』 が、如何に今年一番といっても過言でないほどの素晴らしい作品であるか、
欧米映画における三位一体の法則、現在はハリウッド映画の変革または転換時期か?
などなど映画の話をしているうちに、あっという間に一日が終わってしまいました。
普段ここまで深く映画の話を出来る相手がお互い少ないですので、
久しぶりに再会すると、自ずと映画トークで盛り上がってしまうのです。
映画GOEMONポスター
その修司さんも出演している映画 『GOEMON』 のポスターをお土産に頂きました。
こちらの作品は、親しくしている方が脚本に関わっていたり、世間では何かと酷評
されている前作の 『CASSHERN』 も、けっこう好きな作品だったりしますので、
近いうちに観に行こうと思います。


その修司さんが好きな作曲家、管野よう子さんの話題が出ましたので、
管野さんの作品で僕の好きな曲 『月の繭』 です。

jetlink_roki at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!映画/movie 

2009年06月01日

cx1

本日は、映画の日。 いくら安くても 『ROOKIES』 とか観ませんけど、
今から 『スタートレック』 を観に行ってきます。
デジカメリコーcx1
次代デジカメですが、いろいろ迷った挙句これ買いました。
「床に置いた洋服をキレイに取れるのは、どの機種ですか?」
...なんて訊かれても、店員さんも困りますよね、きっと。
200ページもある分厚い説明書を読むのが面倒です。
それが理由で、携帯の機種変更も躊躇したりして。 皆さんちゃんと読んでます?
http://www.ricoh.co.jp/dc/cx/cx1/
*
*
*

jetlink_roki at 14:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!物々/goods